スマホの機種変更をして困らないためにやっておくこと

困らないためにと書きましたが、実はこれをご覧になっている方は大いに困っている方だったりして?

ということで前置きは超短めに困ることリストと実際困った際の対応策集です。ちなみに以下の内容は「電話番号が変わらない場合」のときの対応策になります。SMS認証などが主流の認証サービスになっている昨今、電話番号変更を伴った機種変更は大変注意が必要なので慎重に考える必要があると思います。

二段階認証( Google Authenticatorなど)の設定

二段階認証で確認する点です。

  1. QRコード発行時にバックアップした使い捨てコードを保管していないか?
  2. 別方法のログインが用意されていないか?
  3. 二段階認証解除ができないか?

ほぼこの3つのいずれかで対応できると思います。実はリスト1に書いたバックアップコードでのログインですが、実はこれあまり使わないかも。といいますのも最近の流れなのかわかりませんがリスト2のように別方法ログインとしてSMS認証とかPINコード認証とか別パターンでのログインを逃げ道として置いてあるサービスがほとんどです。なので二段階認証ができなくなってもそれほど困らなくなったという印象があります。ということで二段階認証の再設定については「面倒は増えるけどどうにかなるレベル」というところです。

電子マネーなど機種変更前手続き

いわゆる“データ引っ越し”というやつですね。これ意外とやってしまいがちです。それまであまり使っていなかったサービスの場合は特にそういう傾向なんだと思います。しかし。これも特に問題なしです。何か面倒な手続きがあるのか?と言われれば、ほぼ100%オンライン非対応なトラブルのためコールセンター直行になるという点です。

ちなみにQRコード決済アプリについては基本的にデータ引っ越し不要なようです。反対にIC決済(おさいふケータイで扱う電子決済)についてはほぼ100%引っ越し作業が必要になります。

  • 楽天Edy
  • iD(Google Pay経由での登録の場合引っ越し作業不要(というか元々できない)とありますが、一部カードによってはカード事業者側での設定エラーが出たりしますので要注意)
  • クイックペイ
  • nanaco
  • 交通系iCカード

引っ越し作業完了後に要注意

これらは要チェックです。基本的には切替前の機種アプリで引っ越し番号発行(もしくは引っ越し手続き)をしておけば問題ありません。もっとも機種の故障・紛失など場合これ自体ができないため、この場合はやはり問答無用でコールセンター直行です。

もう一点注意があります。これらのiC決済系電子マネーは原則機種が切り替わった時点(引っ越し番号を発行or機種変更手続きが完了した時点)で前の機種上ではそのサービスは使えなくなります。それを忘れて使ってしまうなんてことになると結構冷や汗が出てしまうので要注意。使えませんので・・・

幸い私は使っていませんが、交通系iCカードの場合はもしかしたら改札通れないなんてことにもなるのでは?と。ラッシュ時に大渋滞を巻き起こすパターンなのでは?と想像してしまいます。

LINEのトーク履歴のバックアップ

私が使っているSNSサービスで機種変更の引っ越し手続きが必要なのはLINEくらいかな?と思います。Facebookやっている人ならわかると思いますが、こちらは基本的に機種変更しようがとにかくコメント履歴が消えたり投稿が消えたりというのはありません。ですがLINEに関してはトーク履歴はバックアップしておかないと見事に消えます。なぜこういうことになるのかは不明ですが、わかっているのは「そういう仕様」だということ。であれば対策するしかない。

バックアップ方法

ホーム画面→画面右上歯車の[設定]→[トーク]→[トーク履歴をバックアップする]

です。バックアップにはGoogleアカウント(Googleドライブを使うので)が必須。後はお好みで設定しておけば大丈夫という感じです。

機種変更前に[アカウントの引き継ぎ]をする

LINEの場合は前の機種で[アカウントの引き継ぎ]が必要なようです。ここで引き継がれるものはアカウント周辺の情報。トーク引き継ぎは前述したとおり別作業なので要注意。

写真・ファイル・連絡先など個人情報全般

これについては現在スマホの設定上アカウントサービスを利用してクラウドを使ったバックアップシステムが充実しているので、写真やファイル、連絡先などの引っ越しで問題が起こることはないのではないかと。ざっくり言えばとりあえずGoogleアカウントを作って、Googleドライブ・フォトとGメール・連絡帳の同期をしておけば良し!ということで解決します。

おそらくほぼいらっしゃらないと思いますが、クラウドそのものに抵抗があり「アカウント同期=外部に情報が漏れそう」というような考えをお持ちの方なんかだと、もしかして同期OFFを選択されたりしているのかもしれません。その場合は全て自分で引っ越し作業が必要になるのだと思います。やったこともないし考えたこともないのでそれがどういう作業になるのかわかりません。考えただけでもゾッとします・・・そんなことやるくらいならスマホ要らない!というレベルの大惨事になるのでしょうね。

生体認証について

最近急速に普及しつつある生体認証。主流は指紋認証なのだと思います。これもそれほど面倒なことは必要ありません。基本的に新機種で生体認証登録をして再設定する。これが必要なだけです。そこに事前設定していた認証の解除を伴うかどうかは各サービスに依るので、サービスごとに確認が必要になると思います。

ちなみに!多くの場合二段階認証と同様、別方法でのログインが準備されています。例えば私が使っている住信SBI銀行では生体認証ができない場合は事前登録していたPINコード入力もしくはSMS認証もできるようになっていますので、特に問題なし。LINEペイも同様のようですのでおそらく他のサービスもこんな感じなんだろうなと思います。

一番困るのは新機種到着までのタイムラグ

機種変更、それも紛失か故障に伴う機種変更に限った話です。オンラインで機種購入した場合に到着までの待ち時間があります。機種変更で最も困るのがこのとき。なにが?新しい機種に切り替えるまでの間、スマホが不通になるから。

私が使っているIIJmioの場合、相当早い対応だと思いますがそれでも注文から3日はかかりました。その間電話不通・SMS不通・スマホを利用したネットは不通というように全てが停止します。困るよねぇ〜これ。

特に電話やSNSでヘビーにスマホを活用している方の場合、悶絶するような時間を送ることになるはず。

SIMフリーであれば大手家電量販店で購入できます。「オンライン購入からの到着なんて待っていられないぜ!」という方は即日買いに走るべきかと思います。

バックアップの精神が重要

機種変更で慌てないために必要なのはバックアップの精神です。

これをやっておけば有事の際にそれほど汗をかく必要はありません。普段から心がけておくのがベストということになります。

Pocket