「24 JAPAN」各シーズンのざっくりあらすじと感想

テレ朝系で2020/10/9から放送開始の24JAPAN。

本家米国版「24-Twenty four-」シーズン1が2001年放映ですからほぼ20年の時を経ての日本版制作となったようです。日本版シーズン1のストーリーは大統領“候補”の暗殺計画を阻止するというものになるようですからほぼ米国版のシーズン1に相当する内容になるのだと思います。

FOXとテレ朝が手を組んだということですから、シーズン1に止まらず・・・ということが十分考えられますよね。ファンにとっては勿論そういう期待が高いので是非ともシリーズ化して欲しいと思います。

ところで本作品は1時間を1話として計24話を放送していくパターンになるのですけど、日本版の第一話タイトルを見る限りそれは継承されるようです。ということは24話立てになるということですよね?大河とか朝ドラではこういう長丁場の作品もあると思いますが民放ドラマではこういう長編のものは初めてのような気がします。2クールってことになるのですよね?面白い試み。

24に倣ってリアルタイムで感想を書いていってみようと思っています。

シーズン1概要

おもなキャスト

唐沢さんがジャック・バウアーですね。役柄的に正義感があって頭脳明晰、冷製沈着な行動ができる人という感じだと思うのでハマっていると思います。唐沢さんは「杉原千畝」の時もそうだったけど、追い詰められた状況でも顔色ひとつ変えずに最後に正しい判断をするというような信念のある役がよく似合う人だと思っているので、どんな演技を観せていただけるのか。唐沢さんから「クソ〜」が聞けるのかな?とかそういう違いを探すような見方も楽しめるのかもなと思ったりします。(ちなみに「クソー」は小山さんのアレンジですけどね)

池内博之さんがCTU係長という役柄。ということはトニーですね。その恋人が栗山千明さんになるから・・・ということか。池内さん久々な感じでなんか新鮮ですね。目力がある人なのでこの役はぴったりかも。他にもでんでんさんとか筒井さん、木村多江さん、佐野史郎さんとか・・・これ深夜枠のドラマですよね?というくらい豪華な顔ぶれなんじゃないかと思います。なぜこのドラマがゴールデンじゃないんだろう?コケた時の保険でもかけてるのかな?「深夜のわりに視聴率は・・・」みたいな逃げが効くからなんだろうか。

スタート直後から評判がよろしくないようですが

放送終了直後にとあるニュースで見たドラマに対してのコメント。悪いものばかりだなぁ・・・今から観ようと思ってるんだけど。

まあいいか・・・最終的にこのドラマが面白いかどうかは観た人間の捉え方次第ですしね。それにしても酷評が多い気がする。

エピソード1(0:00〜1:00)

2020/10/9更新

約20年も経つと余程インパクトのあった出来事以外すべてを忘れてしまうのですね。本家のシーズン1をほぼ忘れてしまっています。なので純粋に新しいドラマとして楽しめる。結論からいうと個人的には大満足。普通に面白いドラマとして観続けたいと思う内容でした。言うほど酷いかなぁ?どのあたりがそういう評価になっているのかちょっとわからないですね。

このドラマは1時間が1話になっていますのでリアルタイムと言われるのはこれが理由。第一話は0:00スタートになっているのでそれを踏まえて観ているといろんな面白いことが見えてきます。例えば、夜中なのにこんなに頻繁に電話とかかけるのか?とか、深夜にパイを焼く家ってあるのかな?とか。そういうったツッコミどころを探すというのも24の醍醐味なんだと思います。

今回特に面白いシーンだったのが、片瀬那奈さん演じる飛行機搭乗中の乗客が、扉を爆破して緊急脱出するシーン。これが唐突すぎてインパクトが強すぎた。そのしばらく前に後15分で到着しますとCAさんが言ってからしばらく経っていたので、時間的にはもう着陸体制に入っているし高度もかなり落としていたところでの離脱。そして場所はもちろん海上だった。なのに片瀬さんが降り立ったのは埋立地風な場所。すごくないか?というか、あの高度で外に出たらパラシュート開く間も無く地面にズドン!だったんじゃないだろうか?なんていろんなこと考えてしまいました。

こういう不可能を可能にする展開、良いですね〜24っぽくて。

CTU本部の色味やセットの感じが良い

24のロゴ色がエメラルドグリーンに変わっていたのでなんでだろ?と思っていたけど、すぐに理解。CTU本部がこういう照明で統一されていたのですね。セットの話でいえば、話題が変わってしまいますが「SUITS」シーズン1の鈴木君が初めに住んでいたアパートの話。あれはどう考えても「SUITS」のイメージとはかけ離れていて仰け反ってしまった記憶がありました。木造アパート1Kみたいな・・・昭和の学生か!みたいな。なので日本版だから仕方ないとは言ってもやっぱりある程度ストーリーの骨格となる部分の空気感は崩さないようにしないとドラマ全体が崩壊してしまうだろうなという不安をあの場面をみて感じていましたが、今回の24JAPANを観て安心。CTU本部の薄暗い秘密基地感がしっかり踏襲されていた気がします。

沖縄の栗原類さんがどう絡むのか

忘れてしまいそうですが、冒頭の沖縄のシーン。恐らくCTU工作員(栗原類さんだと思う)が機密回線を使って情報を本部にあげていた。追われていたのでその後がどうなったのかわかりません。でもって今回の総理候補の暗殺計画が浮上。

ということは、情報源が沖縄の工作員なのではないだろうか?というのがなんとなくわかってきた。

ここまで観た感じで24本家のシーズン1とはいろいろな場面で設定の違いが加えられているし、日本の感覚に合わせた置き換えがしっかりされているようで違和感がそれほどありません。全然オモシロイんじゃないのぉ〜24JAPAN。

毎週の楽しみが増えました。

エピソード2(1:00~2:00)

2020/10/20更新

やっぱりアップルパイは食べるんだ・・・

「アップルパイ作ったんだ、食べてみて」

「わかった、後でね」

これ深夜1:30分頃の会話です。

いくら夜通し臨戦体制でも、アップルパイ食べるか?という疑問を感じつつこういうコダワリシーンが何故かニヤリとさせられてしまうのでした。もうちょっと深い時間にさらに追い討ちをかけて「もう一つ食べない?」「いや、流石にもう良いかな・・・」的な掛け合いを期待しています。

日本のドラマの銃撃シーンで思うこと

海外ドラマで、この手のアクション系が好きな人なら誰もが思うことのひとつに日本のドラマの銃撃戦シーンがとにかく安っぽく感じてしまうということが挙げられると思います。それはなぜかというと、いかにも“リアリティ”が無いから。例えば銃を構えるシーン。肘を90度に曲げて銃口を上に挙げた構えをすることが多いですが、海外の同じようなシーンでそういうことしているのはほぼ見たことがありません。これを頻繁に見かけたのは「あぶない刑事」のタカとユージくらいなものです。あれはあれでファンタジー刑事ドラマの名作だったので違う意味で面白かったのですけど、この「24」というドラマに限って言えばリアリティ・臨場感を売りにしたドラマなのでやっぱりある程度の現実味がないと気分も盛り下がってしまうのではないかと。

ということで、拳銃は両手持ち、銃口は下向きで!という本場感は是非とも活かして欲しいところだと思うのでした。

対照的なところで言えば、ドラマ「SP」なんかは本当にカッコよくてこれぞ近接格闘みたいなシーンを再現できていたので、日本でもこういうシーンでの現実感の追求ができないわけではないというのは証明されています。

ストーリーは勿論重要だけど、こういう細かなシーンへのコダワリというのもまた重要なんだなと考えさせられるのでした。

画面隠すの余裕で間に合っちゃってるのが惜しまれる

暗号化ファイルがCTUのどの端末で作られたものかを明智菫(役:朝倉あきさん)が解析するシーン。脱線しますが朝倉あきさんは超絶美しい。でその解析しているところに水石チーフ(役:栗山千明さん)が探りを入れにくるのですが、結構余裕で画面を隠してしまえる間ができてしまっていた・・・ここはギリギリセーフのタイミングじゃないとバレるかバレないかのスリリングな演出が台無しになってしまうところ。極端なこと言えば水石が後ろに回ったところで解析画面が最小化される!ぐらいのタイミングでOK。「あれ?なにしてたの?」的な。「あ、頼まれていたものがあったので・・・」的な無理筋のごまかしがあるくらいでちょうど良いところなんじゃないかなぁ・・・と思ったのでした。

エピソード3へつづく。

エピソード3(2:00〜3:00)

水石が内通者だと判明してしまったけど、決定的なアリバイとして獅堂現馬と一緒に居たことで一旦疑いは晴れる。だけどCTU内部では獅堂の不審な動きを怪しむ南条が意外な行動に出る。

美有ちゃん・・・わかるけどウルサイ。

目的もわからず拉致されて、車に乗せられて売り飛ばされそうになっていることで美有ちゃんパニック状態に。

「ギャー」「やめてぇ〜」「助けて〜」みたいな言葉の繰り返しを聞くことになります。

これが続くとなかなかシンドイですね。女性の絶叫シーンが苦手なのでもうお腹いっぱいです。

声を出せないようにしっかり口を覆えば良いのにそのあたりユルユルで逃げてください!状態なので案の定逃げられる。そしてわざわざ人の気配を感じない場所へとどんどん逃げていく女子たち。結局捕まってしまうのですが、友達の寿々ちゃんが車にはねられてしまう。ドーン!(このシーンはゴツい感じのスタントマンがはじき飛ばされる)

そしてまた美有ちゃん絶叫!・・・もういいわ。

獅堂と水石。終わったはずなのに未練を感じる

水石との関係は終わって今は南条とくっついているはずの水石。だけど獅堂はまだ未練があるのか内通者である証拠を掴んでいるにもかかわらずあと一歩水石を攻めきれない。そして端末へのアクセス日時がアリバイとなって水石の疑いは一旦晴れるのですが、そこから獅堂の様子が少し変なことになってしまいます。やたら気を使いすぎというか・・・。腫れ物に触るように水石を擁護してしまう。

「あたしを疑ったのね?」

「すまない・・・」

みたいな感じ。

いやいや全然すまなくないです!アクセスした端末が彼女のものなので疑われて当然だし、他端末から遠隔アクセスしたかもしれないじゃないですか。なので全然疑いは晴れてないです。獅堂だって本当はこの手の件が得意分野のはずなのに、まんまと騙されてしまいます。恋は盲目ということに持っていきたいシーンだけど、若干無理筋。

どうしても現場指導を考えてしまう。

どうでも良いけど、毎回獅堂現馬(しどうげんば)の名前を聞くと現場指導って言葉が頭に浮かびます。

だからなんだ?ということでもないけど。

氏と名がどちらかわかりにくい名前。もう少し覚えやすいものにした方が良かったような気もする。

エピソード4(3:00~4:00)

さすがにこの時間にパイは食べないらしいですね。食べてたら面白かったけど・・・。

美有ちゃんが拉致されてついに指示役に引き渡されてしまいます。一方のゲンバの方は内部告発でCTU本部からの監察が入ったためオフィスを抜け出し単独行動。CTU内のスパイや本部長殺害を指示した黒幕につながる重要な情報を抱えていると思われる容疑者を追いつめます。

朝倉次期総理。目が充血されているようで

朝倉総理候補(仲間由紀恵さん)。本エピソードでのシーンでやたらと白目が充血されているのを発見。お疲れなのせい?それともアレルギーなのか?俳優の方は撮影スタートしてしまうと滅多なことで穴を開けるわけにはいかないからこういうところ結構大変ですよね。

とは思ったけど、もしかして深夜3:00の設定だから睡眠不足で目が充血という演出だったりして?とも考えた。

そんなわけないか。

CTU捜査官が犯人追跡中に警官に職質される珍事

24ではあり得ない邪魔が入ることがよくあります。

CTU捜査官は、警察からは独立した組織となっています。たしか本家の24では指揮系統が国防総省管轄だったんじゃなかったかな?というわけでFBI系統ではなくてCIAの別働隊で時には(というか大部分)大統領直轄として動くことが多い部署というのがCTUの立ち位置。なので本家ではたびたび

「だいとうりょ〜!」

「大統領につないでくれ!」

というように、いち現場の捜査官が上司を何重にも飛び越えて大統領とツーカーに話ができる立場にあるものとして描かれていました。

そんな特権階級のCTU捜査官。でもなぜか現場では頻繁に邪魔が入る。今回もそう。

銃を所持して逃走中の犯人を追跡中、発砲音に警戒中の警察と遭遇。

「止まれ!」

「CTU捜査官だ!犯人を追跡している」

「身分証は?」

「これだ」

ー確認中ー

「追跡中だから協力してくれ」

・・・犯人逃げてるっちゅうに。

ここでイライラしてしまう人は24を観続けることはできません。こういうあり得ない大失態もこのドラマの名場面。超優秀な捜査官なのに大事なところで不運が重なる男。それが獅堂現馬。このあたりは本家24の設定を踏襲していますね。

ダッシュボードに白ムートンって設定古すぎない?

CTUの操作車両や他登場する車はイマドキの車が多い中、美有誘拐犯の車はシェビーバン。しかもダッシュボードに白ムートン。私の記憶が確かならばこの流行りは遥か昔の20年以上前のもの。カッコいいかどうかは別として当時のちょっとヤンチャな人たちが好んでドレスアップに使っていたアイテムです。

内装にしても、ブラックライトがこれでもか!とあしらわれている。

・・・ふるくさっ!

誘拐犯のお二人はイマドキ超イケメンなんだけど、この車に乗った瞬間に超ダサ男に変身してしまう(犬飼貴丈さんの仮面ライダー出身にひっかけてるのか?)

素直にハイエースかキャラバンあたりで良かったのではないだろうか?車自体は超カッコいいのに・・・カスタムのセンスがどうなの?という残念な話。

エピソード5(4:00〜5:00)

寿々ちゃんが搬送されたけど美有ちゃんは未だ所在不明。一方の獅堂は捕まえた容疑者から美有の居場所についての重要な手がかりが得られるとの思いでコンタクトを図る。容疑者からは「俺を逃せば教えてやる」との取引を持ちかけられるも迷う獅堂。という感じでこのエピソードは美有ちゃんを探すことがメインに展開します。

やっぱりアップルパイのネタは重要

私もこだわりますが、このアップルパイの話が再び復活。朝倉議員が娘に「アップルパイ食べたわ、美味しかった」というシーン。

・・・いつのまに食べたんすか?

みたいな感じになってしまいました。ほっこりするシーンですね。

でも、朝倉議員は少し前に一度雲隠れしていて戻ってきたばかりですよね。その後娘のことと新聞記者に息子の件を嗅ぎ回られるなど落ち着く暇などどこにもなかったはず。しかしアップルパイだけはしっかり食べていた!みたいなことなのでしょう。それだけ娘のことを愛しているということなんだろなと思います。せっかく作ってくれたものですからね。食べてあげなければという感じですね。

現代風にアップデートされた連絡手段

24のシーズン1は約20年前の作品です。当時としては最先端のフィーチャーフォンが登場していたころで、ジャックもblackberry(だったと思う)を駆使してGPS情報を使った犯人追跡などを行っていたのでした。これ観てたころ「カッコいいなぁ」と毎回憧れていたのを思い出します。当時はもちろんスマホなんてありませんでしたから強烈なインパクトだったのを覚えています。

20年後の現在。24  JAPANの中ではスマートフォンに置き換わりました。今ではGPSで相手を追跡するなんてことが誰でも簡単にできるようになってしまったので、ジャックが良く言ってたセリフ「俺の電話に位置情報を送っておいてくれ」というセリフに相当するものは、獅堂さんの口からは聞くことができなくなったようです。

時代の流れって早いな・・・そう思うのでした。

留置場の警備が・・・

深夜だとしても、留置場の警備があまりにも杜撰すぎるだろと誰もが思ったことでしょう。獅堂の誘導もあってカードキーをパクった容疑者。あっさりと逃亡に成功。ていうかさ、その前のシーンで確か門番がいたよね?と考えてみたりして。

これ24時間ものなので尺が同じなんだから、表現をカットするということも不要なわけで。そうするとこういうスリリングな場面の描写をもう少し丁寧に描くなんてことは十分可能なんだと思います。逆にそうしない理由って何かあるのでしょうか?病院で獅堂の奥さんと寿々ちゃん父の若干長めの四方山話があれだけ時間を割けたのであればもう少しこちらのシーンにも回してもらった方がより緊迫感も増して良かったのではないかな?と思ったのでした。

残念ながら、ここまでのエピソードでひやひやするシーンをほぼ観ていないのですけど、そもそも24ってこんなフラットな作品じゃなかったよね?と思ったりして。なんとなくノッペリ〜とした展開になってしまっていることが残念な気がしています。

エピソード6(5:00〜6:00)

(2020/11/16更新)

寿々ちゃん病院で治療中。獅堂は別ルートの情報から娘の美有が狙われていることをつきとめ、美有の身辺に不安を感じる。急いで病院へと急行し寿々ちゃんの回復を待って事情聴取を試みるも、容態が安定せず時間だけが経過。そうしている間に獅堂のスマホに一本の非通知電話が。そこで自身もこの事件に巻き込まれていることを察知する。

寿々ちゃんお父さんが偽物だった

なんとなく寿々ちゃんパパの函崎(役:神尾祐さん)は影がありそうだなとは思っていましたが、ついに本性解禁となりましたね。本家版を忘れていたので「え?こんな展開あったかな?」なんて思いつつ、ちょっと新鮮な気分で楽しんでしまいました。余談ですが、神尾さんは佇まいがとても良い俳優さんだと思います。正直こういう悪役が似合うお顔立ちではないと思っていまして、どちらかといえば正義感のある役の方がハマりだと思います。が、今回はそんなところのギャップがありそうで次のエピソードで豹変しそうな函崎パパから目が離せません。

自分が立花さんの立場ならどうしようかな?

函崎パパの車に同乗している最中にかかってきた水石からの電話「班長に伝言をお願いします。身元紹介していた人物は、函崎・・・です。お伝えください!」と。

・・・それじゃあ隣で運転している人って?

この場面よくある展開なのですが、恐ろしいですよね。電話を盗み聞きされていないか?とか、動揺しているのがバレていないか?とか画面を観ているこちらが息を飲むシーンになることが多い。今回もまさにそう。立花(りっか)さんの怯え切った表情から伝わるものは多かった。

それで、私がこういうシーンでいつも考えるのが。「自分だったらこの場面でどう逃げる?」ということ。いつも変なことばかり妄想しています。

  • 電話が来た直後に「車を降りたい」なんて言ったらバレバレだよな?
  • 飛び降りるとか?
  • 受話音量を最小にして、110番通報したまま、車内で会話をすすめる。
  • 旦那にSNSをするとか言って、信頼できる人に「誘拐されている」とメッセージを残す
  • 函崎を始末する

以上ですかね。とにかく、間違いなく隣の運転者は函崎ではない。ということはヤバイ奴確定。ならば逃げるためには手段を選ばなくて良い。人の気配がある場所ならばハンドルを奪って大きな事故を起こさせるようなこともできそうです。とにかく一番避けたいのはこの正体不明の一味に身柄を拘束されること。恐らく立花さんはそうなってしまうだろうなと・・・不運すぎる。美有ちゃんも同じですが、獅堂の妻、娘というだけで人質になってしまった。逆を言えばこういう職業についた獅童が悪いということも言える。最悪の結末を迎えた場合、獅童本人はそういう自責の念を抱えるのだろうなと思います。

マイロ!

水石が「それじゃ、これはマイロにやらせて!」このシーンで「・・・今なんと言った?」と思った方は多かったはず。

24本家シーズン1にも同名同役で登場したマイロが、24JAPANにも登場。え?エリック・バルフォーが登場するのか?と期待した人も居たかも。

散々期待値が上昇したところで登場したのは、和製マイロだった(役:時任勇気さん)時任?・・・そうだったのか。知らなかった。面影はそれほどだけど、言われてみれば似てなくもないかも。

登場のしかたが相当軽い感じだったので、チャラついているのかと思いきや、すみれに対して技術面のアドバイスをさらっとしてしまうところを見るとスキルは本家と同様に高いものを持っている役であることがわかりました。

にしても・・・なぜマイロだけマイロ?

このパターンで行くのなら、獅堂現馬じゃなくて、詩役房亜なんて感じのゴリゴリの当て字キャラクター名でも良かったんじゃない?みたいな気もします。

エピソード7(6:00〜7:00)

立花さんが拉致されてしまう。一方獅童はテロ一味から脅迫され為す術なし。水石をCTUから連れ出しなんとか逆襲の機会を探る。そんななかCTU内部の内通者が判明・・・なのだが。

水石撃たれる。

テロ一味から強要され水石を撃ち殺すよう命令された獅童。実行します。ズドン!

この至近距離からの銃撃では間違いなく死んだだろうなと思うのだけど、もっと気になったのが撃たれたあとに落ちた崖の高さ。銃撃の傷よりも転落の衝撃の方が致命傷なのではないだろうかと誰もが心配したはず。水石大丈夫か?そして恐らく大丈夫だろうなという安心感も。こんなところでメインキャストが死ぬ訳ないので・・・

内通者判明

すみれ・・・お前だったか。

でも仕方ない面もありますね。事情がありますから。

朝倉あきさんのお顔立ちが美し過ぎるので彼女がスパイだなんてどうもピンとこない感はあります。24アメリカ版では失礼ながら「あ〜スパイやってそうだな」というお顔のキャストだったから違和感なかったけど。

エピソード8(7:00〜8:00)

朝食会を開くことになった朝倉次期総理。そこに現れたのが偽カメラマンと獅童。CTUではすみれの尋問が行われるが答えを渋るすみれ。朝食会場では獅童がギリギリのところで機転をきかせて暗殺を阻止するのだが・・・

朝食会の会場、安っぽいなぁ

見た瞬間、うわぁ・・・って感じの安っぽさ。設定として環境系の施設でやるためこうなったという背景はわかるとして。それにしてもチープ極まりない。次期総理の登壇場所の後ろの飾りもお粗末すぎて逆に飾らない方が良いのでは?と思ってしまうほどの貧弱さ。

素直にホテルの会場で良かったんじゃないだろうか?と思ってしまうシーンだった。

水石と南条の頭の良さが気持ちいい

ここにきて南条(役:池内博之さん)の価値が急上昇。24本家版ではこの役はトニー・アルメイダとして人気があるキャラクターです。ほぼ全シーズンに出演することになるので、24JAPANも続編があるのであればそうなることになるでしょう。池内さん個人的に大好きな俳優さんなんでその点でも嬉しいですね。彼の目力はいつも圧が半端ないですね。顔立ちとしては本来悪役が似合う人なのでしょうけど、かといってガッツリの悪という感じでもないので少しミステリアスな存在感がある俳優さんですよね。

それで本題。

通常、ドラマによくありがちなパターンとして悪役たちの仕組んだ罠にズブズブでハマってしまうドジな人たちが多く、そうなると「おいおい、ここは機転効かせるところだろ!」ともどかしく思う場面が多くなってしまいます。しかし24は違う。水石と南条は異変を察知して見事に内通者を暴き出しました。こういうちょっとした爽快シーンが散りばめられるのがこのドラマの良い点。24話もあるので最後の最後ですべて解決という作りでは視聴者が飽きる。なので小出しでネタバラシを入れてくるドラマになっています。

Pocket