「24 JAPAN」各シーズンのざっくりあらすじと感想

テレ朝系で2020/10/9から放送開始の24JAPAN。

本家米国版「24-Twenty four-」シーズン1が2001年放映ですからほぼ20年の時を経ての日本版制作となったようです。日本版シーズン1のストーリーは大統領“候補”の暗殺計画を阻止するというものになるようですからほぼ米国版のシーズン1に相当する内容になるのだと思います。

FOXとテレ朝が手を組んだということですから、シーズン1に止まらず・・・ということが十分考えられますよね。ファンにとっては勿論そういう期待が高いので是非ともシリーズ化して欲しいと思います。

ところで本作品は1時間を1話として計24話を放送していくパターンになるのですけど、日本版の第一話タイトルを見る限りそれは継承されるようです。ということは24話立てになるということですよね?大河とか朝ドラではこういう長丁場の作品もあると思いますが民放ドラマではこういう長編のものは初めてのような気がします。2クールってことになるのですよね?面白い試み。

24に倣ってリアルタイムで感想を書いていってみようと思っています。

シーズン1

おもなキャスト

唐沢さんがジャック・バウアーですね。役柄的に正義感があって頭脳明晰、冷製沈着な行動ができる人という感じだと思うのでハマっていると思います。唐沢さんは「杉原千畝」の時もそうだったけど、追い詰められた状況でも顔色ひとつ変えずに最後に正しい判断をするというような信念のある役がよく似合う人だと思っているので、どんな演技を観せていただけるのか。唐沢さんから「クソ〜」が聞けるのかな?とかそういう違いを探すような見方も楽しめるのかもなと思ったりします。(ちなみに「クソー」は小山さんのアレンジですけどね)

池内博之さんがCTU係長という役柄。ということはトニーですね。その恋人が栗山千明さんになるから・・・ということか。池内さん久々な感じでなんか新鮮ですね。目力がある人なのでこの役はぴったりかも。他にもでんでんさんとか筒井さん、木村多江さん、佐野史郎さんとか・・・これ深夜枠のドラマですよね?というくらい豪華な顔ぶれなんじゃないかと思います。なぜこのドラマがゴールデンじゃないんだろう?コケた時の保険でもかけてるのかな?「深夜のわりに視聴率は・・・」みたいな逃げが効くからなんだろうか。

スタート直後から評判がよろしくないようですが

放送終了直後にとあるニュースで見たドラマに対してのコメント。悪いものばかりだなぁ・・・今から観ようと思ってるんだけど。

良いんですよねそれで。最終的にこのドラマが面白いかどうかは観た人間の捉え方次第ですので千種万様あたりまえ。

エピソード1(0:00〜1:00)

2020/10/9更新

約20年も経つと余程インパクトのあった出来事以外すべてを忘れてしまうのですね。本家のシーズン1をほぼ忘れてしまっています。なので純粋に新しいドラマとして楽しめる。結論からいうと個人的には大満足。普通に面白いドラマとして観続けたいと思う内容でした。言うほど酷いかなぁ?どのあたりがそういう評価になっているのかちょっとわからないですね。

このドラマは1時間が1話になっていますのでリアルタイムと言われるのはこれが理由。第一話は0:00スタートになっているのでそれを踏まえて観ているといろんな面白いことが見えてきます。例えば、夜中なのにこんなに頻繁に電話とかかけるのか?とか、深夜にパイを焼く家ってあるのかな?とか。そういうったツッコミどころを探すというのも24の醍醐味なんだと思います。

今回特に面白いシーンだったのが、片瀬那奈さん演じる飛行機搭乗中の乗客が、扉を爆破して緊急脱出するシーン。これが唐突すぎてインパクトが強すぎた。そのしばらく前に後15分で到着しますとCAさんが言ってからしばらく経っていたので、時間的にはもう着陸体制に入っているし高度もかなり落としていたところでの離脱。そして場所はもちろん海上だった。なのに片瀬さんが降り立ったのは埋立地風な場所。すごくないか?というか、あの高度で外に出たらパラシュート開く間も無く地面にズドン!だったんじゃないだろうか?なんていろんなこと考えてしまいました。

こういう不可能を可能にする展開、良いですね〜24っぽくて。

CTU本部の色味やセットの感じが良い

24のロゴ色がエメラルドグリーンに変わっていたのでなんでだろ?と思っていたけど、すぐに理解。CTU本部がこういう照明で統一されていたのですね。セットの話でいえば、話題が変わってしまいますが「SUITS」シーズン1の鈴木君が初めに住んでいたアパートの話。あれはどう考えても「SUITS」のイメージとはかけ離れていて仰け反ってしまった記憶がありました。木造アパート1Kみたいな・・・昭和の学生か!みたいな。なので日本版だから仕方ないとは言ってもやっぱりある程度ストーリーの骨格となる部分の空気感は崩さないようにしないとドラマ全体が崩壊してしまうだろうなという不安をあの場面をみて感じていましたが、今回の24JAPANを観て安心。CTU本部の薄暗い秘密基地感がしっかり踏襲されていた気がします。

沖縄の栗原類さんがどう絡むのか

忘れてしまいそうですが、冒頭の沖縄のシーン。恐らくCTU工作員(栗原類さんだと思う)が機密回線を使って情報を本部にあげていた。追われていたのでその後がどうなったのかわかりません。でもって今回の総理候補の暗殺計画が浮上。

ということは、情報源が沖縄の工作員なのではないだろうか?というのがなんとなくわかってきた。

ここまで観た感じで24本家のシーズン1とはいろいろな場面で設定の違いが加えられているし、日本の感覚に合わせた置き換えがしっかりされているようで違和感がそれほどありません。全然オモシロイんじゃないのぉ〜24JAPAN。

毎週の楽しみが増えました。

エピソード2(1:00~2:00)

2020/10/20更新

やっぱりアップルパイは食べるんだ・・・

「アップルパイ作ったんだ、食べてみて」

「わかった、後でね」

これ深夜1:30分頃の会話です。

いくら夜通し臨戦体制でも、アップルパイ食べるか?という疑問を感じつつこういうコダワリシーンが何故かニヤリとさせられてしまうのでした。もうちょっと深い時間にさらに追い討ちをかけて「もう一つ食べない?」「いや、流石にもう良いかな・・・」的な掛け合いを期待しています。

日本のドラマの銃撃シーンで思うこと

海外ドラマで、この手のアクション系が好きな人なら誰もが思うことのひとつに日本のドラマの銃撃戦シーンがとにかく安っぽく感じてしまうということが挙げられると思います。それはなぜかというと、いかにも“リアリティ”が無いから。例えば銃を構えるシーン。肘を90度に曲げて銃口を上に挙げた構えをすることが多いですが、海外の同じようなシーンでそういうことしているのはほぼ見たことがありません。これを頻繁に見かけたのは「あぶない刑事」のタカとユージくらいなものです。あれはあれでファンタジー刑事ドラマの名作だったので違う意味で面白かったのですけど、この「24」というドラマに限って言えばリアリティ・臨場感を売りにしたドラマなのでやっぱりある程度の現実味がないと気分も盛り下がってしまうのではないかと。

ということで、拳銃は両手持ち、銃口は下向きで!という本場感は是非とも活かして欲しいところだと思うのでした。

対照的なところで言えば、ドラマ「SP」なんかは本当にカッコよくてこれぞ近接格闘みたいなシーンを再現できていたので、日本でもこういうシーンでの現実感の追求ができないわけではないというのは証明されています。

ストーリーは勿論重要だけど、こういう細かなシーンへのコダワリというのもまた重要なんだなと考えさせられるのでした。

画面隠すの余裕で間に合っちゃってるのが惜しまれる

暗号化ファイルがCTUのどの端末で作られたものかを明智菫(役:朝倉あきさん)が解析するシーン。脱線しますが朝倉あきさんは超絶美しい。でその解析しているところに水石チーフ(役:栗山千明さん)が探りを入れにくるのですが、結構余裕で画面を隠してしまえる間ができてしまっていた・・・ここはギリギリセーフのタイミングじゃないとバレるかバレないかのスリリングな演出が台無しになってしまうところ。極端なこと言えば水石が後ろに回ったところで解析画面が最小化される!ぐらいのタイミングでOK。「あれ?なにしてたの?」的な。「あ、頼まれていたものがあったので・・・」的な無理筋のごまかしがあるくらいでちょうど良いところなんじゃないかなぁ・・・と思ったのでした。

エピソード3へつづく。

Pocket