カレンダーアプリ「タイムツリー」の共有設定についてわかりやすく

カレンダーアプリ。使っていますか?今回はなかなか使い勝手の良いカレンダーアプリの「TimeTree(タイムツリー)」について書いてみます。

共有設定について

タイムツリーの共有設定については公式サイトの使い方ガイドにも紹介されていますので、詳しくはそちらもご覧になるとよろしいかと思います。

TimeTreeの共有設定についてですが、カレンダーの全体像は下図のようになっています。他のカレンダーアプリ同様メインカレンダーをベースにユーザーが作ったサブカレンダーをコントロールする形になっています。

例えば上図のように、家族には家族カレンダーと共有させ会社の同僚には仕事カレンダーと共有させるとします。この時すべてのカレンダーを見ることができる「すべてのカレンダー」に共有をさせてしまった場合、共有相手にもすべてのカレンダーを見る権限を与えてしまうことになるのでそれは非常にマズいことに。そのため共有できるカレンダーは「すべてのカレンダー」のひとつ下の階層のカレンダーまでということになっているのですね。

共有までの最短設定

  1. 共有したい人全員が予めアプリ「Time Tree」をインストールしてアカウント登録を完了させておく(メールアドレス必要)
  2. 共有親(上の図でいうと「じぶん」)が、すべてのカレンダー内→「カレンダーリスト」の中から共有をかけたいマイカレンダーを選択する(または新しく作成する)
  3. アプリ右上の人物シルエットをクリック→参加者→「ここをタップして招待しよう!」をクリック
  4. 招待状を送るSNSを選択→送信→招待したい人をチェック→転送
  5. 招待された人が送られてきたリンクアドレスをクリック→参加

これで共有完了となります。

共有を行う多くのアプリに共通して言えることですが、大きく2点ほどやらなければならない作業があります。それは

  1. 共有を行うアプリをインストールしておく
  2. アプリから共有設定を行う

というもの。不慣れな方の場合このインストールと共有の設定でAPPストアとアプリを行ったりきたりしなければならず、途中で迷子になることが多いです。「あれ?インストールしたけど次に何するんだったかな?」なんていうことがあります。その迷子を少しでもなくすため作業を分割させてスッキリしておくとわかりやすくなることがあります。ということで①アプリは予め入れておく②共有はその後で行うという分割作業の方法でご説明してみました。

誤爆に注意

このアプリに限ったことではありませんが、共有設定ができるサービスで注意したいのが「誤爆」。カレンダー共有はSNSほど繊細な内容をやりとりすることはほぼないと思うのでたとえ間違って違うカレンダーを共有したとしても「あ、間違えました」で済むかもしれません。だからと言ってあまり良いものでもありませんよね。

一番怖いのが、一旦共有が完了してしまうとそのカレンダーの過去履歴まで全て共有されてしまうことです。日記的にスケジュールをつけている人なんかは思わぬものを見られてしまったりするなんてこともあるのかも。

ということで、共有する前に必ず注意するべきことはカレンダー名を必ず確認してから共有すること、になります。

PC版TimeTreeのマイカレンダーはここにある

このアプリもPCとスマホ両対応可能になっています。詳細なスケジュールの入力なんかはスマホよりもPCが圧倒的に速かったりするので使うことが多いはず。そのためPC環境があるところではPCでTimeTreeを使うなんて場合も出てくるかもしれません。

そこでPC版のマイカレンダーを操作したい!ということになるのですけど、残念ながら現在のPC版のマイカレンダーの場所が少しわかりずらい。

ここから入るとマイカレンダーが出てきます。現在のPC版の表示はスマホのようにカレンダー名が明確に表示されているスペースがありませんので、見分けるとすれば色かカレンダーの内容で判断するかのどちらかになります。そのためPC版から共有をかけようとするとさらに混乱する可能性もある。初期設定では「すべてのカレンダー」が表示されるようになっているので「ん?どこから共有かけるんだい?」ということが起こりやすいと思います。

上の図のように、リストを広げてあげるとマイカレンダーが出てきますのでそれをチェックするだけ。それで共有させたいカレンダーを選ぶことが可能になります。

使いみち

イベントカレンダー的な使い方も可能

カレンダーアプリはGoogleカレンダーとかジョルテとか、他にも有名なものが沢山あります。恐らく最終的にどれを選ぶかは好みの問題になってくるはずです。私としてはいろいろ試してみて一番使い心地が良かったのがこれだったのでTimeTreeにしたというところです。

個人的に思うことですがこのアプリはなかなか優秀で、イベントカレンダーとして十分使える機能があるのではないかと思っています。

TimeTreeのカレンダーの予定にはオプションとして

  • 場所
  • URL
  • チェックリスト
  • メモ

などを追加する機能がついています。これで何ができるかというと、イベント登録が可能になるということです。例えばミーティングなんか。日時、場所、持ち物(メモ)・備考(メモ)。これで事足りるはずです。さらにカレンダー共有者のコメント機能がありますので問合せなどもここで可能。さらにチェックリストを使えば少人数レベルの出欠確認までできてしまうという優れものなんじゃないかと。

妻に聞いたところこういう会合なんかがあるとSNSのグループチャットで出欠確認なんかもやることがあるそうですね。それってなんかめんどくさそうぉ。「誰々さんは?」「参加しません!」「了解です!」みたいなやりとりを人数分こなすんですよね?・・・たいへんだわ。かといって、本格的なグループウェアなんか使うのも少しやり過ぎ感がありますしね。

TimeTreeを使えば視覚的にもわかりやすいのでSNSで何度もやりとりをするというような手間が省けちゃったりして。

そう考えると、たとえば町内会とかPTAとか塾とか同好会なんていうようにいろんな会に入っている人たちがこれを利用するとスケジュールやイベント管理がとてもラクになるんじゃないかなぁ〜なんて思います。実際そういう使い方をされている人って多いと思う。

さいごに

共有設定についてなるべくわかりやすく書いたつもりです。これが設定方法がイマイチわからなくて使うのを諦めていた方などのお役に立てれば幸いです。

Pocket