「愛の不時着」のざっくりあらすじと感想

Netflixでず〜っと1位表示になってるじゃない?ということは「いっぺん観てみぃよ」ということじゃない?というわけで早速視聴開始。

少し前まで、韓国ドラマにハマって空港へ押しかけてる日本人のおばさんを写すニュースを遠い目で眺めていた私ですが、どうやら「梨泰院クラス」を観てしまったあたりからその価値観に変化が出てきたようで、すっかりハマってしまった感があります。確かに面白いよね!と。

ざっくりあらすじ

宣伝のショートカットムービーではひとりの女性が森の中を軍人に追われながら逃げているというものだったので、てっきりスパイをやっていた女性が軍に追われてなんらかの事情で拘れたけど、いつしか恋が芽生えた的なドラマなのかな?と勝手に想像していましたがそれは大大大ハズレ。

実際のストーリー展開は韓国から意図せず北朝鮮に渡ってしまった女性がなんとか韓国へ戻ろうとする中で、ひとりのイケメン北朝鮮軍人と出会いそして恋に落ちるという感じのドラマのようです。人生ドラマとか純愛ロマンスというカテゴリに入るドラマだと思います。

意表を突くコミカルな展開

こういう逃避行の物語にはシリアスな展開が標準装備というのが相場だと思いますが、いえいえこのドラマは確かにそういう真面目な面はあるもののどちらかと言えばコミカル色強し。ソン・イェジン演じる韓国大財閥令嬢のユン・セリがとにかくチャーミング。皮肉が効いたセリフといい気取らない顔芸、しぐさがとても好印象。なのでコメディ映画でも観ているのかな?と思うシーンが多々登場。

前半、北朝鮮軍に保護されたあたりに限ってはその軍人たちとの掛け合いも絶妙。

かといってふざけ過ぎることはありません。ヒョンビン演じるリ・ビョンヒョクの一切笑わない男が場をピリッと締めてくれます。このギャップがほど良いバランスになっているのだと思います。

実際の北朝鮮の村ってこんな感じ?

当然のことですけど、北朝鮮なんて行ったことありません。なのでこのドラマの情報を鵜呑みにしてこれが現実だとして話を進めてみます。これを見る限り時代が現代ではなくて終戦後の日本という感じじゃないかなと。私はその世代でもないので終戦直後すらわかりませんけど良く他の映画やドラマで見る戦後日本の姿がそこにあるような感じ。ガスがまだ通っていなかったり、洗濯機もなかったり、シャワーなんてないし、お風呂は沸かしたお湯を入れて使っていたり。電気が良く停電していたり。

これが現実だったらすごくないかい?

一方の平壌の描写を見れば全くそんなことはなくて、ごく普通の現代的暮らしをしています。このギャップが凄すぎる。同じ国内なのにこの差はなんなんだ?という感覚。

これを見てると生活面だけでみれば「日本に生まれたこと自体が幸せだった」と誰もが思うはずです。

セリフ中に入る謎の「痰が絡んだような言葉」

セリフ中に「・・・カ〜〜〜・・・」とか「・・・ガ〜〜〜・・・」とか、日本語で言うと「え〜〜〜〜ですから」とか「あ〜〜〜ですので」なんて感じの繋ぎの言葉が良く入ります。長音って言うのでしょうか?韓国語のこれがどうしてもタンが絡んでいるようにしか聞こえない。どうやら強調する時に使う言葉のようですね。

強調シーンの表現が上手

他の国のドラマでも恋愛ものはありますが、どうなんだろう最近の傾向として比較的ベタベタ、メロメロの恋愛ものって少なくなってきたような気がしませんか?ですがこの愛の不時着にはそれが沢山詰まっています。

  • リ中隊長の家にセリを匿うシーンでの扉ドン
  • 自転車二人乗りのシーン
  • 市場で迷ったセリをキャンドルをかざして探すリ中隊長
  • レストランで食事をするセリとリさん、そこに降る初雪

などなど、他にもまだまだありますがこれらのシーンのハイライト演出がとても上手。たぶん音楽も良いのかな。気分を上げてくれますね。日本でも有名な「僕はしにマシェン」なんかのシーンがあったようにスローモーションにしたりリフレインさせたりした強調シーンが昔は結構多かったので、効果的にムードを盛り上げていたと思いますが最近はこの手法を見かけることが少なくなりましたね。一見古臭い感じもしますが逆にあまり見かけなくなったこれらのシーンが新鮮に感じるのかもしれません。こういう点もこのドラマの人気に繋がっているのだろうなと思います。

チョ・チョルガンの顔がムカつき過ぎる

このキャラクターがいなければドラマの盛り上がりが半減しますね。とにかく普通にしている顔自体がムカつくので特別イヤラシイ顔をせずとも役が成立しちゃってる感があります。それがさらに陰湿な悪事を行っていくのですから、観ている側としては「コイツをなんとかしてくれリ中隊長!」という流れになってきます。自然と応援してしまうという展開になってくる。なので正義の味方リ・ビョンヒョクのカッコよさがさらに増していくという最高の流れになってくるのですね。光が強ければ影は濃いのですが、逆もまたしかりということですね。

全体的に非常にバランスが良い仕立て

このドラマの構成が本当によくできています。北朝鮮側でのリ中隊長家族の処遇がどうなったのかとか、ユン財閥の次男のその後とか、ソ・ダンとグ・スンジュンの関係とその後とか、北朝鮮の村のおばちゃんたちのその後なんてところまでとにかく登場してきた全員の顛末が細かく丁寧に描ききれています。こういう丁寧さって結構重要だと思っていて、観ている側としてはざっくりでも良いから最後にどうなったか?を知りたいものです。それがあってフィナーレがまとまると思いますので。なにかひとつでも「あれどうなったの?」というものが残っていると、なんとなく残念に思えてしまうのでした。その点このドラマは合格していたなという感じ。

結果としてハッピーエンドを穏やかな気持ちで祝福できるということになったと思います。

Netflixの1位表示に嘘はない作品だったのではないでしょうか?(結構当てにならない時も多いけど)

Pocket