「半沢直樹」シーズン2のざっくりあらすじと感想

最近地上波でドラマを観る機会が少なくなってきたような気がします。ですがそんな中でもこれだけは!と思っていつも楽しみにしているのが池井戸さん原作のドラマです。その中でも代表作がこの半沢直樹。とにかく面白すぎる作品。

ところでこの作品は海外に輸出されたりしているのでしょうか?残念ながらそれらしき海外版というものを観たことがないので恐らくされていないのかなと思います。海外のドラマで銀行を舞台にした作品は今まで観たことがありませんし、さらに内容もこんなに面白い作品なので是非作品自体の輸出をするとかプラットフォームでの販売なんかやったら良いのになと思ってしまいます。このくらいのクオリティを持った作品は海外ドラマを探してもそうそう見つからないほどの超優良作品だと思いますので、きっと人気が出るはずです。

大ヒット作品を国内版、海外版で2度楽しめるというのはファンにとっては嬉しい限りなことなので是々非々の希望。

ざっくりあらすじ

前シーズン同様、二部構成になっています。ちょうど折り返しの5話程度で次のテーマに切り替わるというのもテンポが良くて強く惹きつけられる要素になっていると思います。

シーズン2の前半は電脳集団というIT企業を取り上げています。企業買収に絡んで親会社の東京中央銀行が不正を行っている事実を突き止め、成敗していきます。

後半は現在放映中ですが、話はガラッと変わって前半の一件の評価を得て本社復帰を果たした半沢直樹が、企業再生に取り組む中で巨大な国家権力との戦いに挑むというような内容になっています。

ネットなどでも良く言われているようにこのドラマは「水戸黄門」や「遠山の金さん」のような勧善懲悪を感じることができる現代版時代劇といった感じのドラマです。観ていてスッキリ。気持ちいい・・・。月曜の憂鬱な出勤前夜に「さあ明日も頑張るぞ!」という気持ちで観る作品としてはこれほど良いものは他にないと思います。中年カテゴリーに属する私も当然この励まされている中のひとりでありまして、こういうビジネス系ドラマに魅了されているのでありました。最近の日曜劇場はこうしたおじさん連中にターゲットを絞った作品を連発していると思いますし、それが見事に成功しているのではないかと。半沢直樹はおじさんどころかおばさん連中やクソガキ連中までもをロックオンしているようなので、TBS的には嬉しい誤算というところなのではないかと。池井戸さんに頭が上がりませんね。

シーズン2

今回もキャストが濃すぎる

この作品のヒール役の働きはとても重要です。悪役がどれだけ光ったかによって面白さが変わってくると言っても過言ではない。彼らが輝かないことには半沢の正義が際立ちませんので。池井戸さんの作品がどうしてこうも面白いのかと言えばまさにこの部分のコントラストの付け方が絶妙だから。

今回のキャストも前回同様、いやそれに勝るのかもしれませんがとにかく豪華なヒール陣。既に前半で退いてしまいましたが、三笠副頭取役の古田新太さん、伊佐山部長役の猿之助さん、諸田役の池田成志さんなど。

前半で個人的にイチオシのヒールは池田さん。顔がムカつきすぎて本当にコイツを成敗してくれ!と終始イライラさせてくれました。前シーズンの江島副支店長役の宮川一郎太さんや小木曽支店長役の緋田康人さんと同じくらい見事にムカつかせて頂きました。こんなにイラッとさせる顔、どうやって作っているんだろう?とか本気で考えてしまいます。実際やれって言われてもそう簡単にできるものじゃないですよねこれ。

後半は既に話題の江口のりこさんや筒井道隆さん、そして柄本明さんあたりがイライラさせてくれるのでしょう!ところで柄本さんのほぼ白目メインのあの表情、かなり怖いです。

シーズン2は名言が多い

名言出ました、大和田取締役のおしまいデス。観ていた瞬間笑ってしまいましたけどやはり話題沸騰になりました。99.9%の佐田先生ならおしまいデスメタル!なんてことになったのですかね?是非そのあたりも99.9%シーズン3があったらコラボして欲しいところです。

このシーズン2は前シーズンよりも名言部分が相当強化されているようで、伊佐山の「お前のまぁ〜けぇ〜!」や大和田の「死んでもやだね〜」、最近では半沢と大和田の「さあ、さあ、さあ・・・」の掛け合いなどとにかく毎エピソード何かがある。やり過ぎでアクが強すぎるけど、全然違和感がないというのが気持ちいいです。こういう過剰すぎる演出に今後も期待。

倍返しだ!をマネるのは結構大変。

私の上司がよく「倍返しだ!」のマネをしています。それを冷静に見ていて感じるのが単純に倍返しだと言っても全然似ていないのだなということ。堺さんの怒りを抑えた状態で溜めに溜めた倍返しの言い方は、どうやら上唇に力が入っているようで、歯茎にくっつくような感じのまま口角がかなり開いた状態になっているみたい。だから口びるが薄く見えるんですね。「べいげいしだ!」と発音しようとすると結構似ているような気がします。

それはともかく上司がこの倍返しフレーズを頻繁に使いたいらしく、酷い時には話の脈略に全く関係のないようなところでも頻繁にぶっこんでくるので正直困っています。そこで入れるの?みたいな感じ。

言った後で無反応というのも良い歳をした社会人としてマナー違反のような気がしますので仕方なく忖度笑いを返しているのですが、その行為がさらに助長しているようでして止める様子はありません。ちょっとでも似ていればこちらの気も紛れるのですけど。

「めんどうDEATH」で返してあげればわかってもらえるのかな?。放映はそろそろ終わりなのであと少しの辛抱。なのでここは耐えるしかないかも。

渡真利の活躍が光る

前シーズンで半沢の心強い味方だった渡真利と近藤。今回は近藤が抜けています。海外赴任のようですね。その代わりに渡真利が大活躍してくれているので、今作では存在感が特に大きくなっています。いつも熱々の半沢に対して超クールに側方支援をしてくれて、それがなにげに威力のあるものなので毎回「トマちゃんかっこいい〜」となってしまいます。

半沢はどちらかと言うと直球勝負の剛腕ストレートで相手をなぎ倒すタイプだと思いますが、渡真利は超変化球の技巧派タイプ。裏では清濁合わせ飲みつつ常に物事を優位に進めているような人なんじゃないかと思います。リアリストっぽいところがミッチーのイメージにも良くあっていて違和感がない。個人的には半沢よりもこういうタイプの人の方が好きかもしれません。

でもでも・・・そうは言っても渡真利も熱いところはあるよな。大事な局面では勝負に打って出るところが大好きなキャラクターです。

毎回だけど、中野渡頭取の立ち位置が謎

シーズン1終了時の半沢左遷という大どんでん返しで私の中での評価を一気に落としたのが中野渡頭取(役:北大路先生)。なに考えてるかわからんよな、このおっちゃん!という人です。だけどよくよく考えてみると半沢を銀行の抱える大きな問題に毎回意図的に巻き込んでいるようにも見えます。セントラル証券に出向を命じたのも実は今回の闇を解決させるべくの布石だったのでは?と思うところもあります。なのでそういう意味ではやはりこちら側の人間なのか・・・なぁ?それともただの日和見で、結果が良かった方に着いて世渡りしていこうという保身だけを考える人なのだろうか?

仮に前者だとすると頭取は半沢の性格を十分に理解していて、彼ならどう動くかを完全に把握しているということなのでしょう。刺客か!ならば社長直属の部署、あるいはポストに置けばよかろうとも思うのですがそうでもない・・・やっぱりわからん。

とにかく、頭取は出てきてもひと言ふた言「よしわかった!」「頼んだぞ半沢!」「くら寿司!」程度しか言わない人なので素性が掴めません(そこがまた良いんだけど)

白井議員秘書がキーマンかな?

原作を読んでいないので白井議員の秘書笠松(アンジャッシュ児島さん)のキャラクターがどういう役目をするのかわかっていません。なのであくまでも推測ですけど半沢の提出した経営再建案を肯定したり、債権者合同会議での顔つきだったりを見る限り恐らく彼が半沢側の味方になる可能性が高いのではないかと。

箕部幹事長の悪行を暴く突破口になりそうだなと読んでいます。

Pocket