マイナポータル。PC・スマホで利用するために覚えておくこと

先日マイナンバーカードを作ってみたことを書きました。作ったは良いけど一体何に使うんだ?という感覚でいたわけですが、偶然にも特別定額給付金がオンライン申請できるということになったようだったので、タイミング良く作っていたなと自分を褒めておりました。私自身はまだ申請を行っておりませんので、実際どんなものなのか?という部分についてはよくわかっておりません。ですが、いずれにしてもその前段階として「マイナポータル」への登録が必須になるようですので、その辺について仕組みというか利用するための流れをカンタンにまとめておきます。

マイナポータルとは

ポータル(入り口)の名のとおり、ここを経由して各種行政サービスを受けられる窓口になっているサイトです。現在は給付金のおかげで大注目を浴びていますが、他にも主に子育てに関連したサービスなどが確認できたり申請できたりするようです。ポータルの下層に「ぴったりサービス」というサブポータル的なサイトが用意されています。これとマイナポータルの立ち位置が被ってない?と感じてしまうのですけど、それはさておき今後これらのサイトからサービスを拡張させていくのだということが理解できます。

利用する前の事前準備

マイナポータルはスマホとPCそれぞれで利用できます。準備するものは

PCの場合

  • マイナポータルAP(スマホアプリ)
  • マイナンバーカード
  • マイナAP対応のスマホ(またはICカードリーダ・ライタ)
  • PC

スマホの場合

  • マイナポータルAP(スマホアプリ)
  • マイナンバーカード
  • マイナAP対応のスマホ

対応スマホとは?

マイナポータルAP対応スマホとなっていますが、これはNFC対応(ざっくり言うとおさいふケータイが使えるような)スマホということです。対応機種については公式サイトのよくある質問ページから辿って調べることが可能です。おサイフケータイ対応のスマホをお持ちであれば、実際にアプリを入れて確認してみるのが一番手っ取り早いと思います。インストール後に「この機種は非対応です・・・」云々の注意が出れば使えないので、諦めるということになります。

PCの場合、ICリーダ・ライタの替わりに対応スマホを使うことができますよ。

PC申請の場合には、ICリーダ・ライタが必要と勘違いされている方が一部いらっしゃると思いますが、そうではないです。

  • ICリーダ・ライタ、もしくは対応するスマホ

ということになります。

ログインについて

次のような流れでそれぞれログインして使うことになります。

スマホのログインについては特に難しいところはありません。これも詳しくは公式サイトに利用方法解説がなされています。直感的に触って理解できるレベルだと思います。

PCでのログインについてですが、こちらもほぼスマホと同じ。違いはQRコードを読みこむ部分をかませるところだけ。感覚的に言うと、LINEのPC版利用や、GoogleメッセージPC版の利用方法に似ている方法をとります。

パスワード忘れに注意

パスワードって?となった方は、カード発行時に渡されている自分で設定した暗証番号控えを確認してみてください。必ず渡されているはずです(これが無いと受け取りできませんので・・・)署名用6桁(英数字+数字)と、数字4桁の二種類を自ら設定しています(忘れてしまっているかもしれないけど)。恐らく、役所で用意された控えのプリントなどで渡されていると思いますので、どこかに保管されているはず。区役所へ行く前に重要書類を入れた保管ホルダーなどを調べてみると見つかるかもしれません。

ログイン周辺で注意すること

マイナンバーカードは読み込み終了の合図があるまで外してはいけない

ここ重要です。ログイン時にマイナンバーカードの読み込みが必須になるのですが、ここで読み込み中にカードを外してしまうと高確率で読み込みエラーを起こします。これ恐らく勘違いする要素があるので慣れないとやってしまうのだと思います。その要素とは

読み込みした時点で効果音が鳴る

この音で読み込み終わった!と勘違いしてしまうのですが、これがエラーの原因のようです。この時点ではまだ読み込み中で、しばらくして表示される「カードを外してください」的な画面が出てはじめて正常終了になります。私はバカなので5、6回同じエラーを繰り返してしまいました。

もうひとつ注意点があります。ICカードをかざしながら同時にパスワードを要求される申請サービスが存在します。この場合もICカードを外してしまうとエラーが発生します。ということでこのシステムの場合、音ではなく表示画面に従って対応しなければならないということが言えます。

おサイフケータイに慣れた人の場合「シャリーン」とかの音が慣ればすぐにスマホを読み取り機から外してしまうので、間違いやすい部分なのだろうな!と思いました。

マイナンバーカードさえあればオンライン申請ができる?

結論から言うとできません。

最近のニュースなどで、マイナンバーカードがあればオンライン申請ができると誤解してしまうような紹介をされている番組を良く見かけます。恐らく、窓口申請とオンラインの比較を主とした報道のため、ICカードの読み取りが必要などの詳細な部分は省略した伝え方なんだろうと思います。

オンライン申請をするにあたり、ICを読み込む機器が必須となります

特別定額給付金。オンラインが無理なら郵送申請で良いのでは?

私の住む街でもいよいよオンライン申請の受け付け開始になりました。実は先日、別件で区役所へ出向いたのですが、すさまじい混雑!その時は理由がわかりませんでしたが、最近ニュースを見てわかりました。暗証番号忘れとか、期限切れとか、そのためにわざわざ役所まで出向かなければならないそうですね。

恐らく、オンライン申請に殺到しているのは郵送申請よりも若干早く申請できるからだと思います。それ以外に理由が見当たらないので。暗証番号再設定とか、その程度のことでわざわざ数時間も役所で待つなんて私だったら無理。それならちょっと遅くなっても郵送申請を待つ方がマシ。もちろん一刻を争うほど切迫している方であれば待ってでもそうするのが良いのでしょうけど、そうではない場合は無難に郵送申請まで待つのがベターだと思います。

Pocket