小4算数、小数点の問題を珍回答して親絶句。

今に始まったことではないので最近狼狽る(うろたえる)こともなくなってきましたが、流石に今回のこの問題を見た時は絶句。子供には「そういう考え方もあるのね・・・」と声かけをしましたが、内心「なぜそっちをカスタマイズするんだ」という感じに。

整数以外が見えない

話を聞いたところこういう感じだそうです。

  1. 16から6.5を引くって意味わかんない
  2. 16を1.6にして合わせてみた
  3. 1.6から6.5は引けないから、逆にしてみた

以上。これを聞いたときの私の心の声は(そう考える方がよっぽど難しいんじゃぁ〜)という感じ。

元々小数が苦手とは聞いていたのですが、ここまで厳しい状況だとは思っていませんでした。以前、教えたのは「1って、1.000000・・・なんだよ。小数点以下が無限にゼロだから省略しているだけだよ」ということ。この時はそれで納得していたようでしたが、やはりただ聞いただけで、自分のものにはなっていなかったようです。

小数点以下を“ミエル化”してあげる

整数と小数が混ざった計算なのだから、整数を小数にしてあげればよい。というと子供が???になるので・・・

「16の小数点以下の数は?1が1.00・・・なのだから、16も?」

「16.00・・・」

「ということは?」

という具合で、教えてみました。

整数と小数って同じもので、整数になっているのはただ小数点以下が無限にゼロだからというだけ。だからといって普段から2−1を2.0−1.0にするなんてことしませんから、やはりここは根気強く「単位が違う問題は、まず単位を揃えよう!」と教えるのが効率的なのかと。

LとdLやgとKgとかの時と同じ傾向

小2の学習だったと思いますが、こういう「単位を合わせた計算」ってあったな!と。そして我が子はこれが苦手だったなと。こういう単位を合わせる問題に苦労してきた子供を見て、相当苦手なんだろうなと感じています。表記が違っても同じものという感覚が掴めていないように思えます。かといってどう教えれば良いのかと言われても、そういうものだ!と言う他ないというか・・・なんなんだろう?時期がくればスパッと覚えるものなのだろうか?

単位を合わせるという訓練が必要かも

地道な訓練になると思うのですが、違う単位が混ざった問題はとにかく慣れるしかなくて、基本を暗記させてからはひたすら訓練する他ないのかな?と。

  • 1dL=100ml=0.1L
  • 1Kg=1,000g
  • 1時間=60分=3,600秒
  • 1ダース=12
  • 1m=100cm

などなど。どれも学校の授業で習うものですし、宿題などで問題を渡されるものなのである程度反復練習はしているはずなのに理解はできていない。なぜか?基本は暗記しておかなければいけないものなのに、それを覚えていないから。ということになるのではないかと。覚える気があればこんな暗記はカンタンなのですけどね。

ゲームのキャラクターを覚えるのと同じ

我が子はゲームや漫画が大好きで、キャラクターの名前、技の名前などは本当によく覚えています。なので暗記力に問題ありとは思っていません。その部分では安心しているというか・・・。要は

勉強もゲームや漫画と同じくらい興味を持つ時がくれば、覚えるのだろう!と。

以上です。

Pocket