GooglePay。専用カードからモバイルタイプへの切り替えが厄介な話。

おサイフケータイなんて別に要らないし!と思っていたので、全く興味が無かったのですが、今回買ったスマホが実はおサイフケータイ対応だったことを知り、手のひらを返して「おサイフケータイ様様!」という態度をとるようになった流されやすい私です。おサイフケータイが使えるということは、Googlepayが使えるということだから、この際デビューしてみようかなと。

で!問題がひとつ。今まで電子マネーをほぼ専用カード(もしくはクレジットカード一体型)で所持していたので、それらをモバイル版に切り替えなければならないという作業が必要になりました。そんな話です。

グーグルペイとは?

使ってみるとわかりますが、感覚的にはおサイフケータイそのもの。

  • 対応するカードや電子マネーを事前登録して使えるようにしておく

後はお店でその登録した決済サービスを申告して払うだけ。「iDで!」とか「nanacoで!」とか。私が少し戸惑った部分は、グーグルペイのサイト上には「決済サービスです」と書いてあるけど、実際にお店で「グーグルペイで!」という機会は現時点でほぼないわけで、そうすると決済サービスというよりは決済サービス“おまとめ”サービス的な位置付けになるんじゃないかという点。

連携できるサービス

おサイフケータイとほぼ同じ。

  • Suica
  • iD
  • QuicPay
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • waon

これらを事前に登録しておけばすぐに使えます。特筆すべきところはそれぞれのアプリに依存せず、グーグルペイアプリのみで支払いとチャージ履歴、残高の確認ができるというところ。ホーム画面上に登録サービス一覧が表示され、そこからすぐにこれらを確認できるため一元管理するのにとても便利。でもこれはおサイフケータイにも同様の機能があるから、優劣はつけづらい。

専用カードからモバイル(携帯タイプ)への切り替えが面倒

これが想像以上に面倒でした。ちなみに私の場合以下の電子マネーを専用カードで所持しています。

  • iD(三井住友系)
  • QuicPay(TS3)
  • nanaco(セブンカード一体型)
  • waon(イオンカード一体型)
  • 楽天Edy(楽天カード一体型)

私が勘違いというか、当初想像していたのは「専用カードがあるのだから、それを引き継いでモバイル版に切り替えるだけだろう」ということ。しかし見事にそうじゃないことが判明。

各決済サービスによって違いはありますが、ほぼほぼ言えることは「専用カードからモバイルへの引継ぎという感覚は捨てるべき」ということ。ポストペイ(iDやクイックペイ)のようなものは、元々即時カード決済タイプなので、チャージに依存しないから問題ないとして、ほとほと困るのがnanacoやedyのようなチャージタイプの電子マネー。以下実際に行った作業です。

iDの専用カードからモバイル版への切り替え

Googlepay対応端末の場合には、iDに対応したクレジットカードを用意し、グーグルペイに登録するだけでOK。参考までにおサイフケータイのみに対応していてGooglepayが使えない場合にはVpassログインメニューから、以下の申請が必要になる。

  • 追加カードの作成→はじめての方→モバイル→GooglePay非対応の方

これで申請すると、アクセスコードというものが発行されます。これが無いとおサイフケータイには登録できません(これが面倒なはず)。

Quicpayの専用カードからモバイル版への切り替え

TS3のクイックペイ専用カードを持っていました。ということでカード登録してみたところ「お客様のカードは登録できません!」とのこと。従いましてTS3のログインメニューへ。

  • 機能サービス→Quicpayの申込
  • Quicpayモバイル
  • 申込

・・・めんどい!専用カードを発行した時と同じことやらされています。そして、届いたメールには「数日内にカードをお届けします・・・」とか書いてあります・・・マジか・・・モバイル版なのになぜカードを送る?・・・とかモヤモヤしながら現在待っているところです。

これもiD同様、専用カードとは全く別ものとしてモバイルが存在。専用カードからモバイルへは「引継ぎ」ということではなく「再発行」という形で対応するのだというのがわかりました。

nanacoの専用カードからモバイル版への切り替え

私の場合セブンカード一体型タイプを利用しているので、カード自体で紐ついております。ということでなんとなく想像はしていましたがそれが的中。

  • モバイルnanacoを新規で設定

以上です。後は通常どおりスマホを店舗端末にかざして「nanacoチャージお願いします!」というだけ。

今まで使っていたセブンカード一体型nanacoのゆくえ

こうなると当然宙ブラリンになるのが今まで使っていた一体型カード。チャージ残ってるから使い切らないといけません。最終的にnanaco+残現金という形で払い切るしかないけど、その場合にも微妙にポイント貯まってしまうのでエンドレスで細かく支払う他ないのかしら?なんて。

ヨーカドー系列なのに、レジでオートチャージされないという謎現象

誰かこれ導入するときに考えなかったのか?と、客目線で考えたときに思います。何のことかと言うと、セルフレジでオートチャージされないことです。他店舗ではなく系列店のレジで!だからオートチャージをさせたい場合には、わざわざ有人レジかセブンイレブンなどで使わないといけないということに。その都度クレジットチャージすれば良いだろということなのでしょうか・・・悪いけど面倒です。iDとかQuicPayはチャージ不要なので比べてしまうとね・・・差がありすぎる。

楽天Edyも同様

楽天エディのモバイル版切り替えも同様でした。楽天アカウントとの紐つけは簡単なので、モバイル版を新規登録するとアカウント連携してすぐにポイントも連動させてくれます。だけど前述の全サービスと同じく専用カードにチャージしていた分はモバイルに移行されるわけではないので、カード自体で使い切り、新しく登録したモバイル楽天edyにチャージしていくという使い方になります。

waonも同様だろうなと思う

ワオンも同じだろうなと思うのと、利用頻度が極端に低いので諦めて手続きしていません。

はじめてiDやQuicPayを使う人で、おサイフケータイ対応端末ならモバイル版がラク!

当然と言えばそれまでですが、新規登録の方はとにかくモバイル版がサクサクと手続きできてラクです。注意点としては、

  • もし次にスマホを機種変更する場合、NFC非対応(おサイフケータイじゃない)ものにした場合には手続きが面倒になる

それくらいかなと。

LINE payをQuicPay経由でグーグルペイと連携できる!

なんか良くわからないし、設定していないのでイマイチ(イマニくらい)不確かではありますが、ざっと確認したところ次のようなことができるみたいです。

  1. LINE PayをGooglePayに連携できる
  2. その場合、JCBバーチャルカードを発行しなければならない
  3. QuicPayが使えるお店で支払い時「QuicPayで!」と言うらしい

・・・それ、QuicPayやないかい!と。このバーチャルカードはどうやらプリペイド式らしく結局チャージをしなければならないようです。なるほどね。本来QR決済のLINE  PayをFelica経由で支払うことで手間を省ける!ということをさせたかった訳かと理解。

ちなみに私は既に TS3カードからQuicPay発行してしまったのでこの設定はやっていません。

GooglePayの機能「パス」にはポイントカードが登録できる

実は主目的の電子マネー決済サービスよりも、このポイントカードおまとめの機能の方が魅力的なんじゃないか?と思えるほど、私は興味津々であります。主な登録できるポイントカードは

  • dポイント
  • ポンタ(利用済)
  • Tカード
  • 楽天ポイント
  • マツキヨ
  • イケア
  • セブンイレブン
  • スタバ
  • マック
  • JAL
  • ファミマ
  • ローソン(利用済)
  • カワチ(利用済)(使えるのですが、お店側では正式に受け付けていないということを言われることが多いはず)

などなど。その他多数。今のところ使ってみて不具合(というか使えません!と言われることもあると聞いた)は無いです。とにかく、このパス機能から手持ちのポイントカードのバーコード情報を読み取れば、ポイントカードがGooglePayに保存されるという単純な仕組みなので、ダメもとですが手持ちのカードを一通りスキャンして保存してみました。

後は店舗側で使えるor使えないというのを実地検証してみないとわかりませんが、現在のところ実際使ってみて大丈夫だったのが楽天とポンタカード。パス追加機能にロゴ表示されるお店については確実に使えるということなのかな?なんて思っていますが、仕組みから言えばただのバーコードをスマホにコピーしただけだから、お店側でスキャンさえできれば使えるということだと思っています。カードを読み取り機に通すようなところでは使えないのだろうなと思うけど。どうなんだろう?

ポイントカードはいつでもサッと出せるのが好ましい

用事が狙い撃ちのときには、予めポイントカードも準備しますよね。例えばゲオなどそうですがポンタカードがなければ会員証がないのと同じなのでレンタルすることもできないから。だけどそれ以外に外出中「ここ寄ってみようか!」というシーンは案外多いはず。というかそちらのパターンの方が多い。そんなときにそこそこ高額な買い物をしてポイントカード忘れた!なんてことが少し残念になる時もあります(お店によってはポイント後付けNGなところもあるので)

このGooglePayのパス機能はそういうところに手が届くサービスだと思います。ちなみに同様のサービスは既に存在して、スマサイやLINEカードなどもあります。そういうサービスは良く出来ているもののいつも思うのが「このカードも登録できれば良いのになぁ〜」ということ。それが容易にできない裏側にはいろいろなシガラミがあるのだろうな!とは思いつつ我慢して使ったりしますが、究極な便利さを求めるならば、ひとつのアプリでポイントカードを網羅できるようなものがあれば最高!ということは皆さんが感じていることなのかなと。

このパス機能、興味があるので登録してみたカードが使えるかどうか今後も試してみたいと思っています。

難点。ポイントカード登録はできるけど、ポイント数表示などはされないみたい

これを言うのは贅沢だと思いますが、それぞれの登録カードのポイント残などは表示されません。ここは各々の専用アプリには大きく劣る部分だと思います。従って現状はあくまでも「カードのバーコードを保存する機能」と言ったところ。このあたりは今後アップデートされていくのかな?と期待しています。(Googleはダメとなったら潔すぎるほどすぐにサービス停止するから逆の判断になるのが怖いけど)

結論。GooglePayは普通に使いやすい

良いサービスアプリだと思います。おサイフケータイとほぼ同じですし、お世辞にも日本人向けのきめ細やかな部分を感じることはないと思うのでそういう部分では好き嫌いが分かれるだろうと思いますが、モノとしては良い。

それと最後になって書くことではないかもしれませんが、GooglePayで登録した支払い方法はおサイフケータイにも自動的に反映されるようなので、結果どちらを選んでも良いと言えばそれまでかと・・・。

Pocket