NP後払いがLINE pay(ラインペイ)で支払い可能になってラクになったこと。

私はもう「ペイ祭り」について行く体力が無くなってしまいました。雨後の筍というかサービスがあり過ぎてアプリを落とす気力も無くなってしまっています。〇〇%還元!なんて言われても、「へぇ〜」という感じでほぼ無反応になってしまいました(マイレージ貯めるカードを主力にしているので、分散させたくないという意識からです)。と言うわけでほぼ興味なしで過ごしておりますが、最近NPから払込伝票が届いた際に発見したのが、「LINE payで支払いができるようになりました」の文言。還元には興味がないけど、便利になることには興味あり!ということで早速使ってみることになったのでした。

LINEをやっている前提で話をスタート

ラインペイはSNSのLINE(ライン)をやっていないと使えません・・・というところから話をすると、LINEの使い方からスタートしなければならなくなるので、ここでは割愛。LINEについての基本的な使い方などは様々な場所で親切な情報が沢山出ていますのでそちらをご覧頂くと宜しいかと思います。

ということで一気にLINE Payの話へワープします。

NP後払いをLINE pay 「請求書払い」で支払う

基本的な利用登録はペイペイなどの他キャッシュレスサービスとほぼ同じ。銀行口座設定さえ終われば本当に簡単にチャージができ、利用開始ができます。

請求書払いの流れ

通販などを利用した後に送られてくるNP(ネットプロテクション)から届いた払込伝票を用意。

LINE Payの「請求書支払い」

LINE Payの請求書支払いをクリックすると、LINE Pay残高の画面が開き選択して進むと次の写真のようなバーコードリーダーが出てきます。ちなみに、残高が不足していると支払い不能なので、この段階で伝票に記載されている金額のチャージを行っておく必要があります。

これで払込伝票のバーコードをスキャン。金額、支払い先などが表示されるので間違えなければ(と言うか固有コードなので間違いはあり得ない)そのまま支払う。これで終了!カンタン!

本当に支払いされたのか?

支払い完了があまりにも呆気ないですし、メールなどが届くわけではないので少し心配になってしまいました。が!私が不慣れだっただけでちゃんと支払い履歴は記録されます。

LINE Payアプリ→「すばやくカンタンにお支払い」→「お支払い履歴」ここから確認することが可能です。

何が便利なの?と言われれば

何が便利なの?と思う方もいるかもしれません。このサービスの利点は次のようなところだと思います。

  • 銀行またはコンビニに行かなくても良くなった
  • 時間・曜日に関係なく思いついた時に支払える
  • 現金を持ち合わせてなくても支払える(銀行口座からのチャージであれば残高は必要だけど)
  • LINE Payポイントが溜まる

というところかな?と。今まで支払いのためだけに動いていた部分を全てカットできて、手元に伝票さえあればわずか数分で支払い完了できてしまうというのはかなり便利だと思います。混雑時に支払いをして、コンビニ店員さんの無言の「・・・今かよ」という嫌な顔を見なくて済むという精神衛生上のメリットもあります。

現在、NP後払いに対応しているQR決済はLINE Payのみのようですが、他のQR決済サービスもすぐに参加してくるような気がします。今現金払いのみで商売をされている方も、こういうサービスなら導入しやすいと思いますし是非導入してもらいたい。客側としてみれば同じ現金払いだけどポイントが着いたり使えたりするのは少し嬉しいので。

初めて使ってみましたが、非常に便利だなと思ったサービスでした。

Pay祭りの不安な行末

【2020/02/12追記】

昨年、ヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合のニュースが流れてからそろそろ半年を迎えようとしています。Payサービスをお使いの方はご存知でしょうけど、ヤフーは既にPayPayというサービスを保有しているので、LINEペイとカブるよね?という話になります。いずれは統合していく形になるのでしょうけど、NP後払いのような地味だけど気の利いたサービスは是非残してもらいたいなと思う今日この頃。

ところで、オリガミペイもメルカリに買収されたように今後も同様の淘汰がありそうですね。その度に振り回されるのは消費者ということで・・・。個人的な感想を言うと、PayPayの一強体制はなんとなく嫌だな!と。理由は・・・Yahooプレミアム会員に強制加入させられそうだから。

Pocket

keyboard_arrow_up