台風19号で考え直したこと。水・風災などに役立つ防災グッズ

グレタさんの演説が未だに話題になっていたりしますが、温暖化が原因なのかそれとも地球の活動周期的に今がその時なのかは良くわかりませんが、日本も以前に比べると予測できない天気が多くなってきたのは体感しています。ゲリラ豪雨ってなんだよ?とか、こんな大きな台風あったかな?とか・・・。私の記憶が確かならば、子供の頃に竜巻なんて話聞いた記憶もなかったし、家が吹き飛んだなんてこともなかったような?

今回の台風19号でも、非常に多くの被害が出ました。我が家はほぼ被害なしでしたがテレビなどで見ているととんでもないことになっていたようです。私も経験ありなので良くわかっていますが、水害って想像以上に後始末が大変なので今回被災された方を見ているとフラッシュバックしてくるほどご苦労を共感できます。

災害の種類によって違う“防災グッズ”

東日本大震災の経験から、地震が起きた場合の防災用品は準備しておりました。経験に勝るものはないと言うように、実際に被災した時に「無くて困った」ものを集めれば良いだけなので、準備もしやすかったです。

ただ、今回のような台風、水害への備えとして考えると決して十分とは言えず、「こういう備えをすれば良かったかも」と反省するところが多かったのは確かです。ひとことで防災グッズと言っても、災害の種類が違えばグッズ自体の必要とされるものも違ってきます。今回の台風で考えさせられたのは、あらゆる場面を想定して準備しておくことかなと。

台風・水災・風災の時に準備したいもの

今回の台風。大型だったことと勢力が強かったことで早くから警戒情報が出されていました。準備よく一週間前あたりから備えをした人も居たようですし、そうでない方は前日とか・・・。「自分は大丈夫だろう」の考えはダメとわかっててもしてしまうもので、ついつい疎かになった人は多かったのではないかと。今回、私もそのひとりでした。

食料

防災グッズと言えばまず水と食料が思いつくはずです。今回象徴的だったのは、スーパーの棚から常温保存ができる食料品が消えていたこと。

  • カップ麺
  • パックご飯
  • 缶詰
  • パン類

上の4つは、自宅避難時の非常食として有効なので当然ですが売れたようです。だいたい一人当たり3日分を用意することが推奨されていますから、まとめ買いされたためにあっという間に在庫切れを起こしたようです。

これらの食料品は消費期限が長いです。短くて3ヶ月、長くて7ヶ月程度。缶詰については2年ほどだと思うので定期的に買い替えしながら普段からストックしておけば、在庫があるかどうかわからない時にわざわざスーパーに殺到することもなくなるわけです。ここ結構重要なのかもしれません。

避難所に行くレベルの被災時は逆に不要の備えとなるのですが、自宅避難で、かつ災害がある程度大規模の場合には一週間程度は食料調達が困難になります。自宅には炊き出しも食事配給もきませんから自前で調達しなければいけません。

最低限、米と飲料水さえあればなんとかなる

経験から言うと、東日本大震災時の場合、一週間程度は物流が不安定で食料調達が困難でした。カップ麺、パン類などはあっという間に無くなりまして、最終的に重宝したのは「お米」。カセットガスコンロ、水、鍋があればどうにか炊けますし、最近の太陽光オール電化のご家庭ならパワーコンディショナーから直に延長コードを挿して非常時電源が取れますので、曇り以上の日中ならば電気炊飯器で炊くことも可能。ということでその経験から我が家では白米だけは常備するようにしていました。最低限というならこれだけでも十分生きていけます。

今回の台風について言えば、前日から台風一過後2日程度が被災していない地域でも物流不安定で品薄だったようです。

ということで、感覚としていえば、家族全員の一週間分程度をストックしておけば、まず問題ないのではないかと思います。それでも食料が持たないような災害の場合、国自体が深刻な状態になっている場合でしょうからそこから先はまた別問題ということになります。

トイレ関連

我が家で結構ノーマークだったのがこれ。食料の心配よりもこちらが重要だったことに後から気がつきました。

というのも、これだけの大雨が長時間続いたことが今まで無かったので、トイレが長時間流せないのがこれほどキツイこととは想像できませんでした。もしこれがあと1日続いたら、トイレでは用足し出来ないなと覚悟したくらいです。事実、土曜日夕方から朝起きるまでトイレを一度も流さずに過ごしました。幸い「大」をすることなく過ごしたので不快感はそれほどありませんでしたが、水位が下がることのない便器で用足しするということに恐怖すら覚えました。

マンホールから水が溢れているのを見たら注意

他の地区のニュースでマンホールから水が噴水のように出ているものを見ました。元々雨水と下水は別の配管らしいのですが想定外の大雨になった場合、雨水が下水の流れを邪魔するそうでトイレからの水を流せなくなるようですね。感じ的にはバックウォーター現象に近いことが雨水と下水の間に起きているのではないかと。なので、トイレ側でいくら頑張っても流せる訳がないということになるのでしょう。流す度に便器内の水がどんどん増えていく状況になるのです。

マンホールから水が溢れているなんていうニュースをみたら、まず想定外の大雨ですので早めにトイレで用足しをすることを忘れないようにしたいです。そして、最悪の場合の備えとしてこんなものを買っておいた方がいいかな?なんて本気で考え始めました。

停電関連のグッズ

今回も、停電があった地域はかなりの数になったようです。とくに強風などの場合は停電が多くなるようです。我が家は大丈夫でした。今回は使わずに済みましたがこの備えは震災の時のものが活きました。ざっと以下のようなグッズがあります。

  • モバイルバッテリー
  • 乾電池式モバイルバッテリー
  • 手回し充電器
  • 乾電池
  • ラジオ
  • 懐中電灯・LEDランタン

震災時には活躍しましたが、最も使いやすかったのは乾電池。ラジオ用や懐中電灯・ランタンなどの電源として、またスマホの充電用として乾電池式モバイルバッテリーの電源にもなります。単三と単一を各20個ずつくらい準備すれば安心だと思います。

加えてあると安心なのが、手回し発電機。これが意外と重宝します。ライト付きのものが多いのでこれもありがたい。地味ですが活躍します。

モバイルバッテリーは勿論使えるのですが、災害時になるとPCやタブレットなどを使うといったことはまずありません。せいぜいスマホで情報収集する程度。モバイルバッテリーは充電が切れてしまえば充電用電源が必要になりますが、乾電池はその心配がないのでその点でも乾電池に軍配。

ということで、乾電池が優位ということになります。

大災害時はスマホではなくラジオです。

スマホでもラジオが聞けたりしますが、大震災レベルの時はラジオ専用機に限ります。まず電池のもちがスマホなどとは比べ物にならないくらい良いです。音についてもスマホよりははるかに聞き取りやすい。停電があった際には情報収集の手段としてラジオを一日中流しておくことになると思うので、ぜひ備えておくことをオススメ。

窓・家の外への備え

今回の台風で一番ビビったのが最大瞬間風速という言葉。今までそれほどの強風を経験して来なかった私には想像もつかず、外に置いてあるものがどれだけ飛ばされるのだろうか?と思いました。タイヤからバケツ、自転車など家に入れられるものは全て入れてしまいました。結果から見ればそれほどの突風や強風などを受けることは無かったのですが、今後の備えとしては「風」への注意も必要になってくるのだろうなと考えています。

窓への養生テープについて

俄かに話題になったものですが、これは窓の割れ防止ということではなくて、割れた時の飛散防止が目的のようです。雨戸があるご家庭は不要ですし、最近増えている強化ガラス(元々は防犯対策として導入している家も多いはず)のご家庭でも不要かと思います。カーテンを締めていれば飛散してもそれで防いでくれるので、個人的に言えば特に必要はないのかな?と思っています。それよりも考えたいのが、割れた後の話。

窓が割れた場合、風と雨が直接吹き込んでくると思います。割れるくらいなので相当な勢いで。その場合、塞がなければならないのですが通常の家庭には塞ぐための材料は置いていないと思います。ポリカ板やボードなど普段から準備している家はありませんからね。

飛散防止フィルム

養生テープを「米の字」に貼るという方法が紹介されていました。確かにテープが着いた場所は食い止めてくれそうですけど隙間があるので限界があるはずです。

飛散防止フィルムの場合、隙間なくガラス全面に貼るので養生テープよりは安心感が上がると思います。家のガラス全部に施工するとなると相当の手間がかかりますので、その場合はリフォーム業者さんなどに依頼するのも方法だと思いますが、風の当たりやすい窓というのが各家庭ごとにわかるはずですので、そこに集中するだけなら自分でDIYすることも可能。

大きなフィルムのカンタンな貼り方

準備するものは次のとおり

  1. 飛散防止フィルム(糊付き)
  2. 中性洗剤(食器用など)
  3. 霧吹き
  4. ドライヤー
  5. スクレーパー(ゴムかプラ製)
  6. 雑巾

貼り方

  1. 貼る窓をよく拭いてゴミを取る
  2. 中性洗剤を霧吹きする
  3. 2を拭き取らずに、フィルムの上の角を剥離して、位置決めして貼る
  4. 剥離紙を少しずつ剥がしていき、窓全面に貼る
  5. 窓とフィルム間に空気泡が入っているので、スクレーパーで優しく押し出してあげる
  6. 最終位置決めができたら、ドライヤーで乾燥させる

以上です。2m程度のシールであればこの貼り方でひとり作業が可能です。この貼り方が一番楽な理由は、洗剤を吹きかけているのでシールが固定しないため貼り直しができるというところ。貼り終わった後に乾かしてあげれば糊がしっかり固着してくれますし、洗剤を吹いているおかげで空気が抜きやすいため仕上がりも大変綺麗です(個人差はあります)。

その他グッズ

その他のもので、今回我が家が準備したものです。

  • カセットガスコンロ
  • LEDランタン
  • ラジオ
  • チャッカマン
  • 現金
  • ウェットティッシュ
  • アウトドアクッカー一式

以上です。我が家の場合、避難所に行く可能性が極めて低い地域のため自宅避難を想定しての備えになっています。

見てわかる通り、避難所へ行かれる方の装備とはまるで違うものになっています。自宅避難の場合は必要とするものが違うので当然なのですが、家に居る前提であればこの程度で十分なはずです。

さいごに

防災関連の用品はとにかく沢山あります。個人的な感想として、たまに「これ、そんなに使うの?」というような過剰な準備などもあったりします。例えば震災直後に一時品薄になったエンジン式発電機。周囲に住宅がない場所などでは大変重宝しますが、住宅密集地の場合エンジン音がうるさくて近隣トラブルの元になることがあります。使いたいけど、使いにくいということになりがち。

それと、アウトドア浄水器。これもボトルで簡単に浄水できるので人気グッズだと思いますが、冷静に考えると川の水を浄水するなんてシーンを想像できません。それを使う時は、避難ではなくて遭難の時ですからね。震災以降避難所のレベルが飛躍的に向上しているようで、先日のニュースでは台風の2日後にすでに炊き出しが準備されていたり、ダンボールベットが準備されているなど以前とは比べ物にならないほど避難所レベルが上がってます。ので!仮に外に避難するからと言って、サバイバル生活になるような環境は今はどこにもないのでした。ということで万能ツールも要らなければ、笛なども必要ではないと思います(熊除けしないといけない地域は別ですが・・・)

もちろん、備えあれば憂いはありませんから個人の判断によっていろいろ揃えると良いと思いますが、やり過ぎる必要は決してないということだけは言っておきます。

前日になってバタバタと準備する!なんてパターンは非常に多いと思います。でも災害が起きる頻度は高くなっているのは事実なので、今後に向けてちょっとずつ準備をしていった方が良いなと考えさせられた今回の台風でした。

Pocket

keyboard_arrow_up