プライムで「バチェラー・シーズン3」を観る。

プライム会員になっていると、この時期猛プッシュされるのがこのバチェラーです。指原さんの切れ味抜群のコメントを楽しみつつ、演者さんにムカつきながら観る作品なのではないかと感じています。では早速。

バチェラーシリーズとは

私はシーズン2の小柳津(おやいず)さん編からの視聴組です。なのでシーズン1は観ていません。男一人、女性多数の中から理想の女性を探していくというシンプルな番組です。最終的には結婚を前提に!とのスタンスのようですが歴代二組がいずれも成就せずのようです。

男性がひとりというところが面白い設定でして、毎回、いわゆる「非の打ち所がない」男性が登場。なのでひとりで十分というところなのでしょう。

男性目線で見れば、「ひとりお見合いパーティ」のような感じでしょうか。

1話から4話までのこと。

今回の男性も本当にパーフェクト。こんなにも頭がよくて爽やかでお金持ちでという人が世の中に居るということ自体凄いことですが、フランス語上手い。そして随所に出てくる関西弁がまたシャレオツです。友永さん完璧です。

今回の女性陣はシーズン2ほど強烈なインパクトを持った人が居ないかな?と思いますが、いずれもお美しい限り(例外はあるけど)

前回から観ているので今回わかってきたことがあります。これが演出なのか偶然なのかは不明ですが、お約束的なこととして。

  • 自信ありすぎなモデル系の女性が居る。
  • ビーチシーンではやたら過激なボディタッチがある。
  • 毎回「おばちゃんキャラ」の女性が必ず後半まで残る
  • 女性陣内でのディスりシーンが面白い。

良くはわかりませんが、出演時の肩書きにはタレントとはなっていませんが後々「世界ふしぎ発見」のミステリーハンターで登場した右手(うて)さんのように、ズブズブの素人さんばかりという訳ではなく、ある程度メディア関係のお仕事をされている方も多いような印象です。なので、撮られ慣れしているというか素人さんっぽくない方も多いのかな?と。

ところで、私がこの番組で楽しみにしていることは序盤で「誰が最後に残るか」を予想すること。

今のところ、濱崎さんかな〜(個人的な好みが多分に含まれています)。彼女からはダークサイドが見えて来ないので・・・。

5/6話

濱崎さんまさかの脱落・・・。

残存メンバーさん、順当に残ったような感じです(好みの問題なのであえて批判は避けておきますが、濱崎さんレベルで落ちたのにこの人は残るんだという疑問を感じる人も残った感じ)

この段階になるといよいよ後半戦の男女とも両親紹介シリーズへ入っていく訳です。前回も手厳しいご両親がいらっしゃいまして、その反応に左右されるバチェラーや女性陣という展開になりましたので今回も同じような展開なのかなと。

この番組が始まると毎週我が家では画面に向かって、ア〜でもないコーでもないという井戸端会議的な会話が飛び交うのですが、特に女性にとって人の恋愛ドラマというのは大好物のようで、かなり棘のある批判を聞くことになるのでした。女性の同性評価ってこんなにシビアなのね?というのが垣間見れます。

Pocket

keyboard_arrow_up