キッズケータイを持っている友達とメールなどで連絡する手段

子供同士で連絡を取り合う方法。小学生も高学年になると子供同士で連絡を取り合うということがあるかと思います。しかしご家庭毎に教育方法が違うので様々な問題が発生したりもします。例えば「うちの子供はスマホ禁止」とか「キッズケータイだけどメールはさせない」とか「そもそも子供同士で連絡厳禁」とか。これが案外面倒だったりします。

今回は特に特別な設定が必要な“キッズケータイを持っている子とメールを使って連絡を取る際の設定方法”について説明していきたいと思います。

子供同士で連絡を取り合う方法

キッズケータイスマホPC
キッズケータイSMS○/電話○/メール○/SNS×SMS○/電話○/メール○/SNS×SMS×/電話×/メール○/SNS×
スマホSMS○/電話○/メール○/SNS×SMS○/電話○/メール○/SNS○SMS×/電話×/メール○/SNS○
PCSMS×/電話×/メール○/SNS×SMS×/電話×/メール○/SNS○SMS×/電話×/メール○/SNS○
PCのSNS利用については一部スマホ認証などの設定があるので利用できない場合もある

キッズケータイのメール送受信設定が少し特殊

大前提として以下のことを覚えて置いてください。

キッズケータイは、見知らぬ人と連絡が取れないようになっている

このため通常大人が考えるような“片一方のアドレスを教えればメールのやりとりができる!”というようなことにはなりません。キッズケータイの子供とメールをしたい場合、事前に相手のキッズケータイにこちらの情報を“連絡先として登録”してもらう必要があるということになります。

キッズケータイを持っていない(我が家がまさにそうですが)方が良く勘違いすることとして、キッズケータイを持った友達にメールアドレスを渡されたので送ってみたけど、相手から「全然届いていないよ」と言われたというような出来事が良く起こります。これは届いていないのではなくて正確に言うと“登録されていないから弾かれた”ということになるのです。メールアドレスを渡した側が子供ですから、事前に登録設定が必要だということに気がついていない為こうしたことが起きるのですね。

事前確認した方が良いこと

子供同士での連絡を好まない親御さんもそこそこいます。そういう教育方針なんだと思います。その場合、子供同士で勝手に連絡先交換など行なってしまうと後からクレームになったりする場合も。我が家ではクレームまでとは行かなかったのですが以前「子供同士ではやりとりさせないことにしてますので〜」と、やんわりと拒絶されたことがありました。ですので、ちょっと注意が必要かもしれません。

SNSを使ったいじめなどがあった時期ですので親が反応したのは良く理解できますし、それ自体は否定もしません。ですが事実だけを言うとメールと電話はSNSなどのグループツールとは全く違います。当人同士以外は入り込むことはできませんので、正直こういう便利な連絡手段までまとめて否定されるのに関してはちょっとやり過ぎなのかな?とも思います。例えば、学校行事などの集合時間の変更とか、待ち合わせ場所の変更といった急に連絡をしなければならなくなった時に連絡が取れないというのは子供にとっては非常に困ることですし、周囲のお友達にも迷惑がかかってしまうことにもなります。

簡潔に言ってしまうと「そういう時代なので、親も適応しましょう」という感じではないかと・・・

自宅だけでメール連絡をやりとりするなら

子供が自宅だけでメールのやりとりをするのであれば、使わなくなったスマホなどを子供に渡して使わせるという手段があります。これはSIMカードも回線契約も不要。家庭内に無線LAN環境さえあれば大丈夫です。メールサービスもGメールがあれば十分なので、子供専用のアカウントを発行してやるだけでOK。超カンタンにメールが使えるようになります。

欠点はひとつ。外出した時には使えないので外で連絡しようとした時に困ること。これを回避するにはフリーワイファイなどもありますが、セキュリティ上少し不安な面もありますからあまり使わせたくないのでそうなるとモバイルルーターを持たせてやるとか・・・?いや、だったら素直にスマホ契約しようよ!みたいな流れになってきます。

あくまでも自宅だけで連絡が済むならこの手段もアリということですね。

Pocket

keyboard_arrow_up