mybluを使って禁煙チャレンジしてみようかなと。

また無駄なガジェットを買ってしまったか・・・と、ヤマト便で届いた瞬間に後悔の念がドドっと湧き出ました。しかし折角の機会だからこれを使ってなかなか止められないタバコを止められないものかと思い頑張ってみることにします。この記事はmybluを使った禁煙ブログです。

mybluとは?

英国発の商品のようです。ヴェポライザー?。電子タバコのようにニコチンやタールを含んでいないものの、吸って煙と香りがでるガジェットです。煙が出る禁煙パイポのようなものと想像するとわかりやすいと思います。この商品は禁煙グッズとして認められて良い商品なのではないか?と私的には思います。なぜならニコチン,タール0でタバコ感は全くないので依存しようがないから。ノンアルコール商品と同じ感じですね。

アイコスやグローなどのようにニコチンを含んでいないため、タバコというジャンルでは無い商品のはずですが一応未成年者には販売されていない商品のようです。インペリアル・タバコという会社が販売しています。やっぱり世界的に脱ニコチン・タールの流れは起こっているようで、なんでも海の向こうでは人気の商品なんだとか。日本ではアイコスの一人勝ちのような感じで、紙巻タバコを使っていた人が次に選ぶのはVAPE商品ではなくアイコスとかグローとか。現在私もアイコスを使っていますが、習慣さえなければ別に吸わなくても良いかな?というレベルにまでニコチン依存は低下しているので、このmybluで禁煙できれば良いな!なんて淡い幻想を持っています。

仕様

コンパクトです。画像に写っているもののみ。充電コードだけ付属されてきますので、これをmyblu本体のお尻部分に挿して充電するだけ。すでに充電はされている状態で梱包されてきますので、開封してリキッドを挿してあとは吸うだけ。吸うだけで自動で電源が入るため電源ボタンというものは存在しません。後々この部分がエラーを起こしそうだなという感じがしています。

味と煙

ニコチン0、タール0。成分としてはフレーバーとグリセリンのみと言う感じなので有毒感はほぼなし。グリセリンをそれほど吸入することもないので、吸い込んだ時に特有の匂いというか喉で咽せる感は少しだけあります。これが苦手な人はこの製品買わない方が良いかもしれません。この吸った感覚に一番近いものを電子タバコで例えるとプルーム・テックです。

吸い心地

巷では“キック感”という表現で言われているようです。紙巻で言うところの“重さ”という感じを表していると思うのですが、これもプルーム同様全くありません。煙の量にバラツキはありますが、全体的にかなり多いので吸った感は満足できるのですが重さについてはスッカスカなので、喉の刺激になれた愛煙家としてはこれが一番物足りないものになるのだと思います。でも慣れると良い感じに満足できるような予感はします。

禁煙についての知識

お恥ずかしい話ですが、いまだにタバコを止められていないのですが、禁煙にチャレンジした回数は数えきれないほど多い私です。現在アイコスユーザーでありますので紙巻はもう強すぎるし、具合が悪くなってしまうので吸えなくなってしまいましたが、それでもニコチンは体内に入れてないと落ち着かないのは事実かなと。「意思が弱いね〜」なんて、タバコを止めた方から言われたりするのですが、心の中では「いや、タバコを止めないという意思が強いんだよ」と反論している自分がいます。単なる屁理屈ですけど。

さて、禁煙についてです。みなさんがどこまで禁煙を考えているかはわかりませんが、いろいろな方法があります。今まで試して一番長続きしたのは禁煙外来に通った時。この時がかなり卒煙に近づきました。禁煙外来に行くと次のようなことをします。

  • 禁煙外来を行なっているクリニックなどに行く(完全予約制)
  • パッチか飲み薬を選択し、処方してもらいます(保険適用です)
  • 2〜3ヶ月に渡って行い、2度ほど通院します。(この際、呼気中のニコチン検査をします。高い精度の機械なので数日前に吸ったタバコなどでもニコチンが出るそうです。実際私は一度バレました)

こんなことを行います。ニコチンパッチというのは1日一枚肩付近に貼るパッチでして、市販のものでいうとニコチネルパッチと同じかなと。それの業務用みたいなものを処方されます。最初は大きなもの、2回目は小さなものを処方されて徐々にニコチン依存を薄めるという方法になります。

これが想像以上に効きます!

半信半疑だったのですが、パッチをするとタバコを吸いたいと思わなくなってきます。不思議なほどに。逆に恐ろしさを感じたのですが、自分の体がいかにニコチン依存しているかが良くわかることになりました。これを貼っていた数ヶ月、タバコは吸いませんでした。ということで、禁煙外来は非常に有効な手段ですのでオススメしておきます。それこそ意思が強い方はきっと止められるのではないかと思います。

禁煙外来+mybluで禁煙スタートするのが良いのではないかと思う

禁煙外来は、何度も通えるものではありませんで、ひとり2回までだったかな?。ということで私はもう通えなくなっているので残念ながら受診できないのですが、そうでない方はこの組み合わせは最強なんじゃないかと思います。なぜなら・・・

  • パッチでニコチンを摂取しながらスタートできる
  • 煙を吸うという擬似体験はmybluでできる
  • これに慣れた時点でニコチンパッチは卒業
  • でもmybluを吸って落ち着くというイメージは仕上がっている。

ということで、ニコチン抜きには理想的な置き換え方で自然に脱ニコチン依存ができるんじゃないか?と考えたのでした。

禁煙外来に行ったことが無い人には是非試して頂きたいと思います。禁煙外来はマラソンチャレンジのようで、とても面白いですよ。禁煙手帳を渡されて自分の頑張った感を感じることができますし。

私の場合は徐々に置き換えで禁煙スタートします。

すでに2日前から禁煙はスタートしています。mybluに慣れるとこれだけで十分煙感は楽しめるし、何と言っても香りが良いので電子タバコにはない爽快感があります。これはこれで良いかも。しかしニコチン依存はあるので、どうしても吸いたくなれば、たまにアイコスを間に挟むことはあります。と言っても相当本数は減りました。出だしとしては良い感じかと思います。

とにかく紙巻タバコは良い加減止めた方が良いと思います。

私の知り合いにも頑なに紙巻タバコに拘る方がいらっしゃいます。元紙巻ヘビースモーカーの私なのでその気持ちはわからない訳でもないです。しかし、紙巻タバコをやめると体はこう変わります(ヘビースモーカーだった人限定)。

  1. 1週間もしないうちに謎の咳、タンが消える
  2. 頭痛・肩こりがなくなる
  3. 肺が重いなぁ〜と感じることがなくなる
  4. 衣服からタバコ臭が消える
  5. タバコが吸えない時でも「吸いたい」という強烈な欲求はなくなる

電子タバコに切り替えただけでもこのくらい違いが出てきます。これを見ただけでも、健康被害は計り知れないですよね・・・。絶対に血液系や循環器系の病気になりそうな気配がありありと見えます。

電子タバコまで辿りつけば、あとは卒煙も十分視野に入ってくるので、余計なお世話は承知ですがもう紙巻タバコはそろそろ卒業した方が良い時代なのかと思います。(吸わなくなって感じますが、紙巻吸っている人って近寄っただけで激クサなんですね・・・自分がそうだったと思うとなんかショック)

禁煙スタートへの思い。

私の父もヘビースモーカーでかなり若い頃に亡くなりましたが、晩年ありとあらゆる病気を併発して亡くなりました。タバコとの直接的な因果関係はわかりませんし、食事の面でも塩分過剰な食生活だったと記憶していますのでそれらが重なってそうなったのだろうと。脳梗塞を起こした時に医者から「血管の状態が非常に悪いです」と告知されたのを今でも覚えています。小さな脳梗塞は何度も起こしていたと聞かされたので、少なからず喫煙が原因だったのは間違いないのかな?と。久々にタバコを吸った時に起きる立ちくらみのような感覚を思い出すと、血管をボロボロにしているんだなと理解できますよね。

私もそんな姿を見てきたのにいまだにタバコを止められないなんて、愚かだなと真面目に思います。

これまでタバコに数百万円も使ってきたので、そろそろ卒業するいい機会かもしれないなと本気で思っています。ここで卒煙宣言できるように頑張ってみたいと思います。

Pocket

keyboard_arrow_up