mybluを使って禁煙チャレンジしてみようかなと。

また無駄なガジェットを買ってしまったか・・・と、ヤマト便で届いた瞬間に後悔の念がドドっと湧き出ました。しかし折角の機会だからこれを使ってなかなか止められないタバコを止められないものかと思い頑張ってみることにします。この記事はmybluを使った禁煙ブログです。

mybluとは?

英国発の商品のようです。ヴェポライザー?。電子タバコのようにニコチンやタールを含んでいないものの、吸って煙と香りがでる器具です。ニコチンなしの電子タバコ。ノンアルコールビールなどと同様の商品ですね。

アイコスやグローなどのようにニコチンを含んでいないため、タバコというジャンルでは無い商品のはずですが一応未成年者には販売されていない商品になっています。インペリアル・タバコという会社が販売しています。やっぱり世界的に脱ニコチン・タールの流れは起こっているようで、なんでも海の向こうでは人気の商品なんだとか。

仕様

コンパクトです。画像に写っているもののみ。充電コードだけ付属されてきますので、これをmyblu本体のお尻部分に挿して充電するだけ。すでに充電はされている状態で梱包されてきますので、開封してリキッドを挿してあとは吸うだけ。吸うだけで自動で電源が入るため電源ボタンというものは存在しません。エラーを起こした場合どうするんだろう?という疑問はある。

味と煙

ニコチン0、タール0。成分としてはフレーバーとPGやVGと言われる成分。匂いと味はフレーバーの香り以外はありません。煙もしっかり出ますが水蒸気といった感じですね。

吸い心地

巷では“キック感”という表現で言われているようです。ハッキリ言って「ガツン」というものは一切なしだと思った方が良いです。湯気を吸っているような感じ。煙の量はそこそこなので見た目は満足しますけど、タバコを吸う際に喉と気管に感じる“重さ”(これをキック感と言うのか?)は全くなし。

禁煙についての知識

お恥ずかしい話ですが、私はいまだにタバコを止められていません。現在アイコスユーザーでありますので紙巻はもう強すぎるし、具合が悪くなってしまうので吸えなくなってしまいましたが、それでもニコチンは体内に入れてないと落ち着かないのは事実かなと。「意思が弱いね〜」なんて、タバコを止めた方から言われたりするのですが、心の中では「いや、タバコを止めないという意思が強いんだよ」と反論している自分がいます。単なる屁理屈ですけど。

さて、禁煙についてです。みなさんがどこまで禁煙を考えているかはわかりませんが、いろいろな方法があります。その中で一番オススメできると思うのは禁煙外来。禁煙外来に行くと次のようなことをします。

  • 禁煙外来を行なっている専門のクリニックなどに行く(完全予約制。どこでもやっているわけではない)
  • パッチか飲み薬を選択し、処方してもらいます(保険適用です)
  • 2〜3ヶ月に渡って行い、2度ほど通院します。(この際、呼気中のニコチン検査をします。高い精度の機械なので数日前に吸ったタバコなどでもニコチンが出るそうです。実際私は一度バレました)

こんなことを行います。ニコチンパッチというのは1日一枚肩や腹などに貼るパッチでして、市販のものでいうとまんまニコチネルパッチ。それの業務用みたいなものを処方されます。最初は大きなもの、2回目は小さなものを処方されて徐々にニコチン依存を薄めるという方法になります。

これが想像以上に効きます!

半信半疑だったのですが、パッチをするとタバコを吸いたいと思わなくなってきます。不思議なほどに。逆に恐ろしさを感じたのですが、自分の体がいかにニコチン依存しているかが良くわかることになりました。これを貼っていた数ヶ月、タバコは吸いませんでした。ということで、禁煙外来は非常に有効な手段ですのでオススメしておきます。それこそ意思が強い方はきっと止められるのではないかと思います。

禁煙外来+mybluで禁煙スタートするのが良いのではないかと思う

禁煙外来は、何度も通えるものではありませんで、ひとり2回までだったかな?。ということで私はもう通えなくなっているので残念ながら受診できないのですが、そうでない方はこの組み合わせは最強なんじゃないかと思います。なぜなら・・・

  • パッチでニコチンを摂取しながらスタートできる
  • 煙を吸うという擬似体験はmybluでできる
  • これに慣れた時点でニコチンパッチは卒業
  • でもmybluを吸って落ち着くというイメージは仕上がっている。

ということで、ニコチン抜きには理想的な置き換え方で自然に脱ニコチン依存ができるんじゃないか?と考えたのでした。

禁煙外来に行ったことが無い人には是非試して頂きたいと思います。禁煙外来はマラソンチャレンジのようで、とても面白いですよ。禁煙手帳を渡されて自分の頑張った感を感じることができますし。

私の場合は徐々に置き換えで禁煙スタートします。

すでに2日前から禁煙はスタートしています。mybluに慣れるとこれだけで十分煙感は楽しめるし、何と言っても香りが良いので電子タバコにはない爽快感があります。これはこれで良いかも。しかしニコチン依存はあるので、どうしても吸いたくなれば、たまにアイコスを間に挟むことはあります。と言っても相当本数は減りました。出だしとしては良い感じかと思います。

禁煙スタートへの思い。

私の父もヘビースモーカーでかなり若い頃に亡くなりましたが、晩年ありとあらゆる病気を併発して亡くなりました。タバコとの直接的な因果関係はわかりませんし、食事の面でも塩分過剰な食生活だったと記憶していますのでそれらが重なってそうなったのだろうと。脳梗塞を起こした時に医者から「血管の状態が非常に悪いです」と告知されたのを今でも覚えています。小さな脳梗塞は何度も起こしていたと聞かされたので、少なからず喫煙が原因だったのは間違いないのかな?と。久々にタバコを吸った時に起きる立ちくらみのような感覚を思い出すと、血管をボロボロにしているんだなと理解できますよね。

私もそんな姿を見てきたのにいまだにタバコを止められないなんて、愚かだなと真面目に思います。

これまでタバコに数百万円も使ってきたので、そろそろ卒業するいい機会かもしれないなと本気で思っています。ここで卒煙宣言できるように頑張ってみたいと思います。

My blu復活!

しばらく中止というか、禁煙する気が失せていたので引き出しの中に放り込んでいたMy blu。今回、VELOという嗅ぎタバコを購入したことで、なんとなく「禁煙の良い機会かな?」と思って再び禁煙生活をスタート。まだ一週間しか経過していませんけど。

いつも失敗するので、今回もまた挫折は覚悟でのんびり挑もうかと考えておりますが、最近ちょっとした気持ちの変化がありました。

  • 喫煙者のコロナウイルス重症化率が高いというニュース
  • 志村けんさんのニュース
  • アイコスもタールを発生させているのではないかという記事
  • 改正健康増進法のスタート

情報がどこまで正確なのかは定かではありませんが、少なくとも喫煙=マイナスポイントであることに間違いはない。気負わずにまた禁煙チャレンジしてみることにしたのでした。

My Bluの使用中止。

現在久しぶりの禁煙中です。

いつまで続くか挑戦。ゆるゆる禁煙日記

というわけでMy  Bluを引っ張り出してきて使ってみたのですが正直あってもなくても良い感じ。なんだろう・・・煙が欲しい訳ではなくて、結局ニコチン依存なんですね。だから本当に欲しいのはニコチンだけを煙じゃない形で補給できる商品。

ということでそのままお蔵入りすることになりました。

Pocket