楽天ペイを使ってみて感じたQR(スマホ)決済の使用感と感想。

先日ラクマで不用品を売却したので、ある程度の売り上げが発生しました。さて、その売り上げをどうしようかなといろいろ考えたのですが、折角だから楽天ペイアプリを使ってQR決済デビューをしてみようということになりました。使用感としては、ほぼ想定していたとおり。これで支払いが終わっているのかな?という不安は少しありましたが、お店を出られたということは大丈夫だったということなのでしょう。

楽天ペイの話

その前に、まず既存の主なQR決済サービス

  • ペイペイ(ヤフー系)
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • オリガミ
  • セブンペイ(ヨーカドー系)
  • メルペイ(メルカリ)
  • ラインペイ(LINE)
  • ゆうちょペイ

このくらいなのでしょうか?思いつくところを挙げてみました。一番よく目にするのは、ペイペイだと思います。このロゴは本当にいろいろな店先で見ます。次にくるのがラインか楽天といった感じなのかな?と感じています。

しかし・・・おじさんには着いてのが辛くなってくるほど、同様のサービスが乱立しているので現在食傷気味。本音を言うと「結局、iDとかクイックペイが一番楽なんじゃない?」というところです。しかし、今後の生活で必要になってくるかもしれないこういう新しいサービスは覚えておいて損は無いと思うので、無理して使ってみることにしたのでした。

支払いはカンタン

流れとしてはこうです。

  1. レジで商品を渡す
  2. 店頭にある楽天ペイのQRを読む
  3. 店員さんから言われた合計金額(もしくはレジに表示された金額)を、スマホに打ち込む
  4. 店員さんに金額画面を見せて承諾をもらう
  5. スマホの支払いを完了するをスライド

これで終わり。全4工程です。(ちなみに、カードリーダー式のiDやクイックペイの場合は、「iDで!」か「クイックペイで!」と宣言してリーダーにカードを接触させるだけで終了。どちらがカンタンかは言うまでもなし)

私の超低スペックのスマホでもさくさくと進めることができるので、実際レジではマゴつくことも無いはず。唯一オフィス街にあるコンビニで昼飯のレジ渋滞している時に使うのが少し気が引ける程度なのかな?と。

楽天ユーザーは使うメリット大

楽天のユーザーの場合、楽天ペイを使うメリットは非常に大きいです。一番の売りとしては

楽天ポイントと楽天キャッシュを優先して消化できること

ここにあると思います。少しわかりにくいので説明しますが、通常設定なしの場合、楽天ペイは登録されたクレジットカードからの引き落としを行います。これはどのQR決済サービスでも同様(一部違うものもあります)だと思います。

楽天の場合、自社発行の楽天ポイントと楽天キャッシュを優先充当させるという設定ができます。支払いの時に優先的にポイントとキャッシュを消化してくれるようになります。これが地味に嬉しい。楽天市場では買い物が無いけど、ポイントは消化したい!なんて場合にこのサービスは助かります。

カードリーダーを導入するまでもない小規模店舗さんなら、導入すべきサービスだと思う

正直なところ、カードリーダーがあるお店なら迷わずiDなどで決済します。これは今後もそうかな。なぜなら圧倒的にこちらの方がカンタンだから。本当に面倒が無い。一言「iDで!」で済むので。

このQR決済サービスを導入して一番メリットがあるのは、小規模事業者さんだと思います。ICカードリーダーが不要なので導入コストがない(低い?)ため、今まで現金払いのみにしてきた事業者さんにとっては、現金以外での支払いを希望する客の獲得に繋がるのだと思います。

恐らく事業者側から見れば、「QR決済なんて入れてもそれほどメリットは無いし、手数料分無駄」と思うだけかもしれませんが、それは大きな誤解です。客側はこういうサービスを使えるお店を積極的に探して行こうとしていますし、同等のサービスであれば、決済が現金以外のところに積極的に通います。なぜかと言えば、現金払いにはポイント還元やキャッシュバックなどがないけど、QR決済にはそれらがあるので。要するに「現金で払うよりはQR決済で払うのがおトク」だから。商品やサービスに絶対の自信があるようないわゆる“オンリーワン”なら話は別ですが、他でも扱えるような商品・サービスを売りにしているのであれば、こういう決済サービスを導入して顧客満足度を高めていかないと今後厳しくなっていくのだと思います。

余談:ラクマの売り上げを無駄なく使うには

最初に説明したとおり、今回ラクマの売り上げを無駄なく使いたいと思ってこの楽天ペイを使い始めたと申しました。ラクマの売り上げ金を使うためには2通りの方法があります。

  1. 登録銀行へ振込する
  2. 楽天キャッシュ化して使う

現在これだけです。どのフリマサービスも同様ですが、銀振にする場合は振込手数料が発生することが多いです。(楽天の場合は楽天銀行であれば手数料無料になりますが)その際、わざわざ楽天銀行を開設するのはちょっと?と思う方も少なくないのではないかと。となると、もっとも効率の良い使い道は楽天ペイアプリを導入して、街などでも使えるようにする方法になります。手数料は発生せず使えますので。

しばらく楽天ペイを使ってみようと思います。

話題性ももちろん使える店舗が多いので、ペイペイデビューをしたいのは山々ですが、現在既にスマホが楽天カードマン状態になっていまして、これ以上いろいろなアプリを追加して混乱したくないという思いです。カード、ペイ、市場、ラクマ、ポイントクラブ・・・楽天のアプリ、統一してなんとかしてくれ!と言いたくなるほど多すぎる状態。なので、ペイペイはそのうち使ってみようかな?というレベル。

もう一つ、ある程度QR決済サービスが淘汰されていくと思うので、見極めてからにしたいという気持ちもあります。

ということで、今回楽天キャッシュを消化しようと思って導入してみた楽天ペイ。しばらく使ってみたいと思っていました。

Pocket

keyboard_arrow_up