スイッチのジョイコンが壊れた時の修理など対処法4つ。

子供が使っている任天堂スイッチのコントローラー。ジョイコンと呼ぶそうです。このジョイコンにはスティックと呼ばれるものがついていまして、ゲーム中のキャラクターを移動したりと大活躍するボタン(スティック)になっています。

約半年前あたりからこのスティックの調子が悪くなりました。症状はたったひとつ、スティックが効かなくなるというもの。つまりコントロールできなくなるという致命的なものです。ということで修理だろうな〜と思っていたのですが、実はこのコントローラーのメーカー修理がなかなかのお値段になります。

たった1年半程度で、我が家にあるコントローラー2台とも同じ症状になってしまいましたので、修理したとしてもまたすぐに壊れてしまうのだろうなと・・・なんとか良い代替案は無いものかと。というわけで今回は、もしスイッチのジョイコンが壊れてしまった場合に、どんな対処があるのだろうか?という話です。

ジョイコンのスティックが壊れてしまった時の対処法4つ

1:メーカー修理に出す

私もそうでしたが、真っ先に思い浮かぶのはこれなんじゃないかと思います。メーカー修理。任天堂では修理受付を行なっていますので、サービスセンターへ送ってあげると修理を行なってもらえます。

価格は症状によりバラツキがあるので、サービスセンターさん側で開いてみてから決定するといった形になるのですが、参考価格などを見る限り、だいたい2,000円程度の修理代になるような感じです。これ1機だけの価格ですので左右どちらとも修理するとなればこの倍ということになりますね。

ジョイコンの場合、ほとんどが左側スティックのみがこの症状になるので、実際には左のみを送る方が多いと思いますので、そうなると2,000円程度の修理代と考えて良いのではないかと思います。

メーカー保証内であれば無償修理になるのだと思いますが、だいたいこの症状がでるのがちょうど1年を過ぎたあたりからなので、保証期間が過ぎている場合がほとんどではないかと思います。有償修理になる方の方が圧倒的に多いような気がします。

2:自分で修理してみる

自分で修理を行うパターン。これもありなのかもしれません。用意するのは

  • Y字ドライバー(1.7~2.2mm程度。お好みで)
  • プラスドライバー(+0から+000程度。お好みで)
  • ピンセット(咥え部分が滑りにくいものが使いやすい)
  • マイナスドライバー(直接は使わないので、あればなんでも)
  • ジョイコンスティック 交換パーツ

これらがあれば、自分で修理することが可能だと思います。実際私も行なってみましたが、分解手順など動画でアップされている方が多いので、それを参考に行えば誰でもできるのではないかと思います。ちなみに、私が参考にさせて頂いたのがあすか修繕堂さんの動画です。親切でわかりやすいので、大変助かりました。

分解してみてわかったのですが、左ジョイコンについては構造はシンプルで開けてしまえば部品の交換は簡単かと思います。問題になるとすればネジ。超小型のネジなので、ネジ頭にドライバーがしっかりあっているかが肉眼でギリギリ見えるかどうかのレベル。この場合、ドライバーの差し込みが甘いままネジを回してしまい、ネジの頭を潰して(ナメて)しまう可能性は高いと思います。ネジを回す際には、必ず押し込んで回す!ということを忘れずに作業するとこの心配はなくなります。

ちなみに親切丁寧な分解動画がこちら。これを見てチャレンジされた方は多いのではないかと思います。

修理を行う上での注意点です。

Y字ドライバー

基本的にY字ネジが回るものであれば良いのですが、ドライバーの使い方が悪いとネジ頭を潰してしまうことも。ネジ頭に対してドライバーが大き過ぎor小さすぎる時などに良く起きます。ということで、心配な方はホームセンターなどにコントローラーを持っていって、店員さんに相談して買うというのが無難かもしれません。ネットで購入するなら、評判が良さそうなものを買うこと。

ジョイコンスティックの交換パーツ

これ、ほとんどが海外製のようでレビューを見ればすぐに察しがつくと思いますが、アタリハズレを覚悟しないと厳しそうな部品のようです。レビューが操作されている感がとても強いので、あてにならず。自分で買ってみて判断する他ないというのが実際のところではないかと。ちなみに、Amazon、楽天などどちらでも入手可能。それと先ほど分解の際参考にさせていただいた、あすか修繕堂さんでもパーツ販売をされているようなので、そこから買うのも良いのかもしれません。

3:Pro コントローラーを買う

スイッチには、ジョイコン以外にプロコントローラーというものが用意されています。これを新規で購入するというパターンもありなのかなと思います。お値段もジョイコンとほぼ同じ。プロコン用スティックの部品を見る限り、ジョイコンのスティックよりは若干しっかりした造りの部品なので、故障も起こりにくいのかな?なんてイメージはあります。しかし結局は可変抵抗が付いたシートを使っているという構造は同じだと思うので、いずれは同じような故障は起きるのだろうなと。

4:Proコントローラー風なものを買う

私が最終的に選択したのがこの「プロコン風」コントローラーを購入するというもの。恐らく海外で製造されたものだと思います。一応の保証と日本語の説明書なども入っていますので、届いたらすぐに使えるというようなものでした。購入後から現在までしばらく子供が使っていたのですが、感想はというと。

  • ジョイコンより大きいので持ちやすい
  • スティックの動きが正確(当然です)
  • ジャイロの動きも自然
  • このコントローラー使いやすい

以上です。子供はスプラトゥーン2が好きでやっているようなので、ジャイロ機能を使ったゲームをやりますが、今のところ全く問題は無いとのこと。その他のゲームでもスティックの動きは正確で、ジョイコンとは比べ物にならないという話です。もちろん、ほぼ機能しないスティックのジョイコンと比べればそういう結論になるのが普通ですけどね。

海外製ということもあり、最悪ハズレ商品の可能性もあるかな?と覚悟していましたが、今のところは全く問題なし。ということで現時点では良いお買い物だったという評価となります。これ、3,500円程度で購入できるので、同じようなタイプのコントローラーをもう一つ購入しておいても良いかなと思います。お友達が来た時用によく使うので、その方が子供も喜ぶだろうなと思いますし。

すでにジョイコンで懲りているので、今の時点で任天堂スイッチのジョイコン、プロコンへの信頼はかなり揺らいでおります。たった1年も持たずスティックが壊れるというのは、他と比較しても耐久性に問題ありと言わざるを得ません。ちなみに、プレステのコントローラーにもスティックは付いておりますが、スティックを酷使する「グランツーリスモ」や「ウィニングイレブン」などのようなソフトを遊んでいたとしても、1,2年程度でこんな状況になったことは一度もありませんでした。構造が違うのかよくわかりませんが、そういう他社の既存コントローラーと比べて任天堂さんのコントローラーのスティックは程度が悪いような気がします。

そんな訳で、現時点で純正プロコンをありがたく購入させていただくというような気持ちにはなれないので、こんなんだったら安物でも買って消耗品扱いにしようという気持ちになったのでした。

SwitchプロコンBEBONCOOL【ZL ZR改良版】【NFC機能とジャイロセンサー搭載】

このコントローラー。接続時の注意点。

接続設定は同梱された説明書に記載されています。少しクセがあって、本体側で読み込みを行なった際、コントローラー側ではホームボタンとYを同時に押す!とだけ書いてあるのですが、そこからさらにLRを同時押ししないと接続しません。この部分の説明が抜けているので、しばらく悩むことになってしまいました。

まとめ

現在、プロコン風コントローラーをメインで使っているので、スティックがダメになったジョイコンが2セット余った状態になっています。これを再生するべく交換パーツなるものを購入して自分で修理をする予定でおりました。これで治らなければ修理に出すというのもありかなと。

ともかく、ジョイコンが壊れてしまった場合には、前述したように修理の他にいくつか選択肢があります。折角の機会ですからいろんなものを試してみるのも悪く無いと思います。

スティック部品を自分で交換して完璧に治りました。

【追記:2019/7/11】
今回使ったのはこの記事の「自分で修理する・・・」のところでご紹介している部品です。Amazonでも似たような部品はたくさん出回っているのですが、たまたま楽天キャッシュがゴッソリ余っていたので、消化しようと思い楽天で購入しました。1機分でたったの1,000円程度ですから、安いものです。下写真の左が純正、右が今回買ったもの。鉄カバーの爪が大きいあたりが違う程度で、ほぼ見分けはつかない感じ。

心配していた“買ったは良いけど、全く使い物にならない粗悪品じゃないか?”という不安は的中せず。結果的には全く問題なしで2個とも正常に動く良品でした。たとえ1,000円だとしても使い物にならない物を買うのはバカバカしいですからね。裏切られなくて良かったな!と。

動画じゃない限り正常に治った感はお伝えできませんが、本当に普通に動いています。今まで、上下左右、押した方向にそのまま張り付いてしまい、まともにコントロールもできないような悲惨な状態だったものが、ピタッと治りました。エクセレント!

片側だけ治せば良いのかもしれません。

これは私だけの症状かわかりませんが、今回は左だけ修理したところ正常になりました。自分のジョイコンはどちらが動作不良かは、片方を抜いた状態で操作すればわかるので、分解する前に確認してから修理すると効率が良いのでしょうね。

もう一つ。分解方法はいろいろな方が動画化されているので、大変ありがたいのですが、稀に外さなくて良い部品をわざわざ外してしまっているものもお見受けします。慣れた方なら問題ないでしょうが、そうではないと力を入れすぎて壊したりといったことも十分考えられるくらい細かな作業になります。ですので分解は最小限に抑えた方法でやるように、慎重に行うべきかと思います。とは言ってもせいぜい5分程度もあれば終わるくらいカンタンな作業ですけど・・・。

とりあえず治したばかりなので、ここから子供に使ってもらい、その操作感や耐久度を見ていくことになります。交換した当初は良かったけど数ヶ月後に使えなくなっていたなんていうことなら、素直にメーカーに修理をお願いした方が安上がりですからね。

しばらく様子見して検証してみます。使用感はここに書いてみたいと思います。

既存のスティックを分解して治すという方法

【追記:2019/7/31】
今回購入したスティックのみの部品。これを購入せずにドリフトし始めた既存の部品を分解して治すという方法もあるようです。実際私も分解清掃を試みましたが、結果動くは動くけど再組み立て時にヘマをやらかしたのか、以前よりもさらに悪化するという状況になってしまいました。

プロならば普通にできるレベルの作業なのかもしれませんが、私のような日曜大工レベルでは到底無理。何よりも分解と再組み立てに神経と時間を費やしてしまい労力倒れだった感が拭えませんでした。スティックの交換部品が1個500円ということを考えれば、はじめから交換を前提にした作業にするべきなのだと理解しました。

ダッシュしない、走れないという症状を治す

【追記:2019/7/15】
この修理を行なった後に、子供からオーダーが入りました。「スプラトゥーンとかマインクラフトをやった時、前に走らないのを治して欲しい」というもの。なんでも、スティックの上方向に倒したものが、正しく認識されないようで、他の左右下は全て正常に動くという症状なのが判明。

確かこの部品購入したレビュアーさんが訴えていたものと同じだなと思い出しました。我が家で修理したものも同様の症状になってしまいましたので、一瞬“やはり部品自体が粗悪品だったかな?”と疑ってしまいました。とにかくダメもとでいろいろ試さなければならないので、まずは、スティックの補正をやってみようということに。

スティック補正手順

  1. Switchの設定画面[コントローラーとセンサー]
  2. スティックの補正
  3. 押し込む(片方づつしか補正できません)
  4. Xボタンで「補正する」を実行
  5. 手順どおりに進めて終了

我が家の場合はこれで見事に治りました。ということで、この部品の不具合ではなく調整不足ということが判明。

ちなみにこの部品、アマゾンや楽天でたくさん売られているのですが、たまに拝見するレビューで「走れません!」とか「動きがトロトロして使い物になりません」といったものをお見受けしました。まさに我が家の症状もこれだったので、もしかしてそういう場合は、スティック補正で改善することもあるのではないのかな?なんて思ってしまいました。

スプラやマインクラフトなど、3Dで奥に倒してダッシュさせたりするゲームでは、走れない!とかいうのは致命的なので、同様の症状でお困りの方は一度スティック補正をするべきだと思います。

joyconドリフト?

【追記:2019/7/26】

数日前にニュースでこの記事を拝見しました。海外の話ですがスティックを動かしていないのに、勝手に動いてしまう症状のことを「ジョイコンドリフト」と呼ぶらしく、それが訴訟まで発展しているということだそうです。もちろん海外での出来事のようなので日本ではどうなるのかが不明。

我が家のコントローラー2台で共に1年も経たないうちにこの症状が発生し、その後しばらく使い続けているとほぼコントロール不能になるまで悪化してしまったこと、またネットで同様の故障を訴えている人の多さを考えると、一部だけの問題ではなくコントローラーの構造そのものに問題があると考えるのが妥当なのではと考えてしまいます。

任天堂さんどうするんだろう?今後の対応に注目ですね。

Pocket

keyboard_arrow_up