かんたんラクマパック(日本郵便)のゆうパケットサイズチェックは厳密。

たまたまラクマをする機会があって、速攻で買って頂いたので、発送作業をすることになりました。ラクマも現在匿名発送に対応しているので、それを利用して発送することに。しかし!サイズがオーバーしていると言う指摘を受けまして、止む無くゆうパケットを取りやめてゆうパックへ変更。無事に発送することが出来たのですが、発送費用をパケットとして想定していたので、エラく損した気分・・・自業自得なのですけどね。

ゆうパケットの厚さチェック

かんたんラクマパックで匿名配送する場合には、必ず日本郵便を使わなければなりません。(ヤマトさんは今のところNGです)。

それを踏まえて、日本郵便へと持ち込んだのでした。ちなみに、かんたんラクマパックのゆうパケット仕様は、一本化されていまして、

  • 厚さ=3cm
  • 長辺の長さ=34cm以内
  • 厚さ+長さ+短辺の合計=60cm以内

という制約があります。私はほぼ使わないのですが、調べてみたところ郵便局さんが自ら提供している「ゆうパケット」と比べると、とてつもない破格のサービス。同等サービスをラクマと郵便局さんで比べると、ラクマが150円ほど安い190円と言うことです。ありがたいサービスだと思います。加えて匿名配送(送り主+届け先双方の住所が秘匿になります)ですからね。こんな良いサービスは絶対使いたいところです。

で!事前にサイズを測って、悠々と郵便局へ行きました。

  • 郵便局の店頭に設置された「ゆうプリタッチ」というQR読み取り機にラクマ取引画面に表示されたQRコードをかざす
  • 伝票が自動で印字されてきます。
  • それと荷物を持って窓口へ行きます。

これで終了です。匿名配送なのですが、一応依頼主と発送先の双方、都道府県名のみが表示されますが、以降の情報は全て暗号化された伝票が発行されてきますので、匿名であることが確認できます。

シビア過ぎる厚さチェック!

初めて利用したので、相当同様したのですが、局員さんがおもむろに取り出した3cmの厚みでくり抜かれた木の板のようなものを、荷物を通してチェックします。

「あ〜ちょっと無理ですね〜」
「いや、なんとかならないですかね?」
「通らないのでね〜」

そして、別兵器の「ノギス」が登場(ノギスって・・・)。案の定通るはずもなく、あえなく撃沈。正直持って行くまで、これほど厚さチェックが厳しいとは思っていなかったので、激しく動揺してしまいました。しかし、送らない訳には行きませんから、ゆうパックに変更して再度伝票発行することに。

参考までにですが、ラクマパックは、一度伝票を発行してからでも、何らかの事情で送ることが出来なかった場合、送り方を変更することが可能です。今回私はそれを使いました。ゆうパックに変更という結果に。

ローソンからの発送の場合、返送されてくるようです。

ラクマパックはローソンから発送もできます。発送方法で「ローソン」を選択するだけで、あとはQRをロッピー(Loppi)を使って発券するだけのようです。しかし、発送管理画面には、こんな注意書きが赤字で書いてあります。

サイズオーバーの場合、商品が返送されます。

そりゃそうだよね。ローソンでこんなシビアな計測器を見たことないもの・・・。なので、郵便局に集荷された後に厳密な計測をされて、無理なものは返送されてくるという仕組みなのだと思います。

たった、数ミリオーバーでも無理ですよ

私の場合、自分で測った時はちょうど3cmだったのですが、そのちょうどがNGだったようです。紙で包装した時の紙の厚みでギリギリ引っかかったようですが、わずか数ミリでした。

局員さんにも、「たったこれだけで、何に影響するんですかぁ?許容にしてもらえないですかね?」と、粘ったのですが、「規則なんで・・・あはは」と軽く躱されてしまいました。仕方ないですよね、決まりなので。それはわかるんだけどさ・・・なんか腑に落ちない気持ちも残ってしまいました。

ゆうパケットの厚さチェックは厳しいので、余裕を持った寸法で持っていくべき。

良い勉強になったので、次回はこんなミスはしないと思います。恐らく、このチェックは郵便局ならではの厳密さと言うか、たぶんヤマトさんや佐川さんなら、ゴリゴリで融通効く部分なのかと思いますが、さすが旧親方日の丸の企業。いらんところでやたらシビアだなと。逆に言えば、そういう正確さがあるから信書扱いができるのでしょうけど(でも、配り切れなくて勝手に郵便物を廃棄してた配達員も居たよな?なんて嫌味を言っておきます)

ラクマでは特に、配送料金を先に予測して値決めしないといけませんから、こういう予測ミスは下手をすると、凡ミスどころでは済まなくなってきます。単純な話、今回1,000円程度の売買金額だったとしたら、手数料と配送料を差し引いて、わずか100円程度の利益ということになったはずです。郵便局へ出向いた手間賃にもなりませんよね。

というわけで、ゆうパケット(かんたんラクマパック)ご利用の際、厚さチェックには十分お気をつけください。

ゆうパケットの配達日数について

ゆうパケットは追跡サービスこそありますが、ポスト投函タイプの配達方法になります。なので、私が送ってみた限りでは通常、翌日到着エリアであっても翌日到着したものは一つもありませんでした。悔しいので午前中に出したものもありましたが、やはり中1日後の配達になっていたようです。

郵便局公式サイトを見る限り、夕方5時まで出せば指定エリアに翌日には届くという扱いになっているので、もしかしたらラクマのゆうパケット・ゆうパックは別物扱いになっているのだろうか?と思ってしまいました。特にゆうパケットは特別に安いですからね・・・多少の不便さは目を瞑るしかないのかも。

ラクマを利用していて納期でせっつかれることなどまずありませんから、心配する必要はないと思いますが、購入者さんに「翌日着きますよ〜」的なコメントをむやみに書いてしまうのは避けた方が良さそうです。

Pocket

keyboard_arrow_up