プライムビデオとNetflixで興味が無い大人でも楽しめるアニメ。

最近、ドラマシリーズの視聴がひと段落しつつあり、観たい映画もそれほど無かったので、アニメ作品とか何があるのだろうか?と物色しておりました。大人が観ても面白いとなると、ストーリー性重視になると思いますが、私が観て特に面白いなと思ったものを少しご紹介させて頂きます。侮るなかれ、秀作が多いです。自分もそうでしたが、先入観ありきでアニメを敬遠していた方などにもオススメでは無いかと感じています。特に、ネットフリックスとprime videoでは、放映された全シリーズ(一部放映中のものは、新着更新される)が揃っている状態でスタートできますので、ボリューム的にも満足できるのではないかと。

楽しめた作品

  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ゴールデンカムイ
  • 黒子のバスケ
  • 弱虫ペダル

以上が、今まで観た中で楽しめた作品でした。だいたいメジャー作品ばかりですので、漫画では読んだことがあるとか、誰でも一度は耳にしたことがあるタイトルが並びます。ほとんどの作品に言えることですが、漫画とアニメはストーリー進行や構成が大きく違うものが多いです。アニメという性格上、凝縮しなければならないのでそういう作りになると思いますが、そこが面白いところで、原作漫画を読んだ後でも、まるで違う作品を観るように楽しめるところが、アニメの良さではないかと思います。

各アニメのオススメポイント

進撃の巨人(Netflix)

言うまでもなく、超メジャー作品。この作品は現在シーズン3がNHK総合で放送中ですが、過去タイトルのシーズン1,2はNetflixでも観ることができます。NHKで放送しているからか、前情報として聞いていた「グロさ」はほぼなく、ストーリーの良さが際立つ作品として、毎晩「もう1話だけ・・・」というように、やめられない、とまらない状態を引き起こす作品だと思います。

おふざけが入るような余地はなく、前編マッド感がある、しっとりとした作品なので大人ならば飲みながら観るなんて感じで、落ち着いて観ることが可能。お色気シーンは一切なしなので、家族が起きてきても動揺することもなし。

個人的に好きなキャラクターは、エルヴィン(だったのに・・・)。多くの仲間の死の上に求めてきたものは、幼い頃から追い求めてきた己の探究心だけだったと・・・そこだけ切り取ると、自己中心的極まりない最低人間のように見えますが、結果をみれば彼の存在なくして、壁の外には近くことすら出来なかったのではないか?だとしたら、求めてきたものは間違いでは無かったのだろうと(方法論的にはジコマン全開ですが)

リヴァイとケニーのラストのやりとりも、かっこよすぎる・・・。ドライ過ぎる関係の中に見える僅かばかりの愛情のような、死線の際で見せる人間ドラマが、なんとも心地よいです。

という訳で、毎週月曜配信のため、絶賛オススメの作品。

キングダム(Netflix&Prime video)

これも超メジャー作。そして劇場版公開もあったので、連動して人気作であろうと思います。始皇帝の誕生までの春秋戦国時代の一部を抜き取った作品です。これも面白すぎる・・・。そして、シーズン3を待っているのだけど、2014年のシーズン2放映終了をもってしばし休眠しているという現状です。ネットフリックスとプライムビデオではどちらもシーズン1,2がフルで視聴できます。

この作品は特に漫画とアニメの構成が大きく異なるものではないかと思われます。登場人物の描写、性描写と残虐シーンの全カットなど。NHKでの放映だったことで、かなりマイルドな表現に書き換えたのではないかと推測できます。アニメ版はそういうグロ+エロな表現は皆無なので、劇場版を観てファンになった方でも楽しく観ることが可能だと思います。ちなみに、漫画は冒頭からゴリゴリのエグさが出てきますし、特に桓騎将軍が出るあたりでピークを迎えますので、子供が「漫画もみたい!」なんてことになった場合は、見せない方が良いのかな〜なんて気もします。

話は戻りますが、シーズン1,2を通して、キングダムらしさを存分楽しめると思います。王騎将軍、テン、信、楊端和などなど人気キャラ勢揃いです。函谷関の戦い前まで楽しめるので、ボリューム感も十分。個人的推しのヒョウコウ将軍は出番少なめですが、漫画同様、無骨な男たちの爽快な物語が展開されるので、目が離せません。これも深夜におかわり無制限コースの作品ではないかと思います。オススメ(大人には漫画もオススメ)。

ファルファルファル・・・フォル。

ゴールデンカムイ(プライムビデオ)

このアニメは、北海道旅行に行ってた時に、度々目にすることが多くて気になっていた作品。あっちではちょいちょいとコラボなどでこの作品を目にする機会が多いと思います(羨ましいなぁ)。本年始の函館でも、ラッピング広告で観た記憶があります。サッポロクラッシックのコラボキャンペーン、今年もやってくれないかなと思っています。ぜひ応募したい。

さて、ゴールデンカムイです。この作品も結構大人向けな感じ。前2作よりも、描写はグッとリアルな部分が多い。異質なのは、ゴールデンカムイだけは少し変態寄りのシーンが多いこと。観ればわかると思います。気色悪いほどではありませんけど。それを補うものとして、作画のクオリティは高いと思います。好みがあると思いますが、綺麗目な画が多いです。

舞台は、小樽、旭川、網走を中心に北海道になります。時代が日露戦争後ということで、近代史で習ったような内容に触れますし、アイヌの文化を丁寧に書いた作品で、要所で豆知識が入ったりするので、「へぇ〜」と唸ることも多い。網走監獄記念館や、道内の博物館、阿寒湖や登別のアイヌ資料館などで見学した時に見たような事柄を再確認させてもらえるので、北海道ファンの私としてはとてもフレンドリーに捉えることができる内容でした。

白石は実はいい奴なので、お気に入りのキャラクターです。現在シーズン2を視聴中です。

黒子のバスケ(Netflix&Prime video)

黒バス。青春バスケもの。毛色が一気に変わって、これは子供が楽しいもので大人も楽しめるものといった立ち位置の作品だと思います。バスケ経験者じゃなくても全然面白い。全編「ありえね〜〜」という連続なのですが、それが良い。「こんなこと出来たら気持ちいだろうなぁ〜」をいちいち実現してくれる奇跡のメンバー達が、大活躍してくれます。

作品として面白いのですが、大人としてはセリフでも楽しませてもらえるので、飽きることなく見続けることが可能。爽やかなアニメなのでオススメ。

弱虫ペダル(Netflix&Prime video)

これは好みで意見が割れる作品かもしれません。自転車に興味がない人だと、何の話かさっぱりわからないまま、ひたすら坂登ってる苦悶しているアニメとしか捉えられないかも。個人的にはこの作品好きです。

黒バス同様、ファンタジーな面が多いですが、それが面白い。キャラが濃い面々が多いところも興味が湧くところかもしれません。

個人的には巻島先輩が一番好きです。現実だったら即落車のダンシングが素敵すぎます・・・ぱいせん。

まとめ

他にも、宇宙兄弟とかハイキュー、いぬやしきとか、大人も(いぬやしきは「大人が」で正解かも)十分満足できる作品が多くあります。視聴が終了したり復活したりが度々あるので、その都度チェックしないといけません。マイリストに入れて置けば、視聴開始になった時にわかりやすいです。

大人になると、アニメ自体に興味が失せてしまう人も多いと思います。子供向けのものだと特に「内容についていけない」とか「ノリが理解できない」なんてこともあるかと。私もそうです。ですが、ダメもとで試してみると、意外とイケる作品が多いことがわかります。お試しして合わなければ視聴をしなければ良いだけで、それがストリーミングサービスのメリットでもあるので、どんどん試して発掘してみると良いと思います。

Pocket

keyboard_arrow_up