5,000円の請求に対して手数料を差し引いて振込んで来た顧客について。

アクセルロッドの言葉を借りて言えば、「そんなクソみたいな仕事なんてやめちまえ!」という感じなのだと思います。愚痴を書くブログでは無いので、今まで一切書いてきていないし、今後も書くつもりはないのですが、いまだにこういう無礼なことを平気でやってのける企業というものが存在するのだという気持ちと、毒を吐きたいので書いてみますね。こんな気分の時は、こうです・・・

同じようなことをされた人への心のケアにもなればと思います。

思い出しただけでも、イライラします・・・セコ過ぎるし。

そもそも振込手数料はどちら負担なのか?

決まりはありません。請求書払いの場合、請求金額には振込手数料という内訳は存在しませんので、良識ある方の場合「振込手数料はのぞいて」請求金額分を支払うというのが、一般的だと思います。大手さんなどの場合、注意書きに振込手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。と但し書きされたものがきたりするのですが、商売をやっている上で、常連(得意先)への毎月の売掛は、積み重ねた信用の上に成り立ちますから、暗黙の了解でそういう但し書きはしないというのが、通常なのではないかと思います。(そういう文言を入れただけで、クレームが入る顧客も実際ありますからね「うちをそんな目で見てるのか?」なんて感じで。)

実際、私の顧客のほとんどは、良識ある方々なので今までこんな経験をせずに来れたのでした。

昔はよくあったこの振込手数料引きでの入金

昔の商習慣(100%悪習と言っておきますが)では、請求金額によっては、請求者側負担にしても良いよ!なんていう取り決めが「商習慣だ!」なんていうお客さんも良く居たなと思い出しました。だけど、時代は変わってもう令和ですからね。もう良い加減この請求者側に自分の振込手数料を負担させて入金するの、やめてもらえないかなと思ったりしてます。

これを言い出すと、「じゃあ、現金で集金に来てよ」なんていう、天邪鬼も出現したりします。(それほど暇じゃないしなぁ〜)

値上げを通知した途端の反応

実は、この顧客、長いこと取引のある常連だったのですが、少し前に定期的に頂いているお仕事に関して、材料費の高騰を理由として10%の値上げを行なったのでした。この値上げ直後に、部品代として請求していた全く関係のないこの5,000円の請求に対して、振込手数料300円を引いて振込みされたというのが、今回の経緯です。

しかも、なぜか今回に限って、60日払い・・・。月末請求で未入金だったので、先方経理へ連絡したところ、振込ますとの回答から、1ヶ月の放置でした。

もう、この時点で悪意しか感じませんよね。

私も、この程度で凹むほど若くないので、流しておりました。ところが・・・この後今度は定期案件の発注を別の会社へ回すとの通知が届きました。そういうことか!と。納得。よって、次回以降の取引は全てキャンセルになったのでした。

たった数百円が、ひとの気持ちを傷つける。

今まで、よく電話で呼び出されて「ここのシステム具合が悪い」なんてことを、サービス同然で行なってきました。それなりにお仕事も頂いてきたお客さんなので、持ちつ持たれつだと認識してきたのですが、どうやらそれはこちらの一方的な思い込みだったようです。信用とはこうも簡単に崩れるものなのか?と。値上げだって、材料費が上がってるのだから、仕方ないですしね。それを「下請け風情が生意気だ!」とでも、思われたのでしょうか?

正直、振込手数料の金額はどうでも良いのですが、対面では何も言わず、嫌がらせとして支払い遅延と手数料負担と、そして契約終了という、怒涛の報復のようなことを平気でやってくる客だったのが、ショックでした。今までの関係性はなんだったのか?と。子供地味た行為自体にもドン引きですし。

どっちが損したかと言うと。

もう修復不可能なレベルまで行ってしまったことと、長年の取引だったのですが、売り上げ自体で見れば追うほどの価値は無いと判断したので、仮に先方からコンタクトがあった場合は、丁重にお断りすることに決めています。

私の経験則ですが、一度ここまでの悪質な「いじめ」をする人は、次もやります。なので、取引してはいけないリストに入る客だと考えます。

ところで・・・こちらで保管している型と設計図は捨てます。設計と型は全てこちら負担で作っていますので、先方さんにはなんの権利もありません。契約書にしておいて良かったな〜〜〜と。設計と型だけでも、コピーして起こすにしてもそこそこの金額がかかりますから、それを考えると無駄としか思えないのですけどね。(しかも、複製難しい作りにしておいたし・・・)

300円を差し引いたのは良いけど、数十万円の設計、型代を払うというオチは、先方さんでは考えた上での結論だったのだろうかと・・・わかってやったとしたら、経営者として痛すぎます・・・めちゃ損しただけじゃないですか〜!と。

同じ経験をした方への助言

似たような経験をされたビジネスマンは多いと思います。こういうの、私らの後の世代には教えたく無い習慣ですので、自分がやる立場にならないようにしたいですね。

それと、こういうことを何の相談もなしにやってくる会社は、私の経験上、取引する価値はほぼないです。まともに対応するだけ時間の無駄。例外があるとすれば、このくらいの嫌がらせを我慢しても、利益が上であれば話は別。その場合はむしろ「嫌がらせ大歓迎!」って感じです。利益が上がるなら、死ねと言われる以外は何でもやる気なので・・・安い頭下げてお金もらえるなら万々歳ですから。

反対に、申し訳ないけど、本音を言ってショボショボの売り上げしか上がらない顧客からこんなにタチの悪い仕打ちをされた場合、躊躇なくバッサリ切るのが得策です。探せばこれに代わる顧客はありますから。だいいち、こんな低レベルな客のためにストレスを抱えること自体が一番の無駄なので。

発注側の方って、大きな勘違いをしている人をお見受けします。もちろん人として信用できる方の場合、多少利益は薄くても人間的な付き合いをすることも多いです。でもそうじゃない場合、下請けが頭下げているのは「利益」というバックがあるお客様に対してであるということを忘れないで頂きたいですね。わかりやすく言えば、

利益が見込めない+人として尊敬できない=無価値

という気持ちで業者は見ています。これが典型的にわかるのが“会社を辞めた後”ではないかと。会社が変わったら相手にされなくなったというのは、こういうところからきているのですね。

最後に。5,000円の振込手数料が300円ちょっとということは、わざわざ他行からの振込にして手数料MAXにしようとしたのかな?・・・だとしたら、ネチッこすぎて怖いです。

keyboard_arrow_up