どんどん増える体重。恒例ジョギングダイエットを決意

ダイエットをしよう!と決断したのが、いつだったかなと・・・前回書いた記事を見返さないとわからないほど、既に頑張ろうという意識はどこかに消えてしまっているのでした。

体重計には怖くて乗っていませんが、洋服を着た時のジャストフィット感を頼りに推定すれば、80kgを超えたな!と・・・。まあ、仕方ないよなと。

油断して過食

これ、私の場合ダイエットをしていると良く起きることです。元々食事をガッチリ制限して痩せるというのが嫌いなので、ダイエットを開始する時には、いつもほどほどに置き換えを行なった食事にするだけなのですが、今回のように筋トレなど、運動を取り入れていくと、気分だけが高揚して、過食をしてしまうことがあります。

つまり「私、今頑張ってるよね?→だからもう少し食べても良いよね?」という、最悪のデブループが始まります(実際にはそれほど頑張ってはなく、単純に今までが怠けていたから、それと比較すれば頑張っていると錯覚しているだけのこと)。

体は最低レベルの運動を開始しただけなのに、食事は頑張った感で麻痺しているので、制限するどころか、むしろさらに過食していることになっていきます。

これにハマると、なかなか落ちないんだよなぁ〜。

健康診断が来るので、それまでには何とか痩せねば

毎年の健康診断がそろそろやって参ります。私の場合は夏〜秋の間で行うのですが、今からだと約5~6ヶ月です。全然余裕・・・かな?

年齢を重ねて、本当に基礎代謝が落ちていることを、肌で感じます。男性では珍しいかもしれないけど、手足の冷え。血流が悪くなっている証拠ではないかと。

ちなみに、前回、ジョギングを取り入れたダイエットを行なった時は、運動開始から1週間あたりで、こういう症状は劇的に改善された記憶があります。

つまり、軽めでも運動を取り入れれば、代謝は確実に上がるのではないかと。

やっぱりジョギングダイエットかな。

昨年、せっかく食事量だけでコントロールすることができていたのに、一旦リバウンドして戻ってしまうと、体はもう食事だけで痩せようとはしなくなるのでしょうか?体って本当に謎です。

確か、昨年10月の体重が71kg台でしたが、直近で言うと今年の3月あたりに測った時が、78.9kgだったと思うので、6ヶ月でほぼほぼ8kgの増量中。キャンペーン期間のような感じです。71kgの時は、食べても全然太らなくて、「あれ、病気かな?」なんて思っていたこともありましたが、今考えると「・・・んなわきゃ〜ない!」と。要するに、その油断が、その後の爆食を招き、デブロードへ突入したということなんだろうなと。

ということで、筋トレも1週間坊主でしたし、食欲は無尽蔵なので食事制限だけでは結果が出るまで時間がかかる。となると・・・やはり最終手段のジョギングダイエット+食事コントロールですね。

ジョギングダイエットに抵抗がある方へ

友達(見た目、私より体脂肪がある友人)に聞かれたことがあるので、そう思う人がいるんだな!と気が付いたことがあります。それは

「街でジョギングとか、太っていると恥ずかしくない?」

ということをでした。そう思う人もいるんだと・・・。確かに、太っている人が走っていると、「絶対ダイエット目的だな?」と思ってしまう自分がいますから、逆に自分が走っている時には、間違いなくそう思われているはず。

まして、家を出てご近所を走るとなると、知人に見られることが高確率であります。会えば、「最近、走ってますよね〜(ウフフ的内心)」という感じ。「デブなんで・・・痩せようと」と、素直に言えれば良いのですが、話のネタにされるだけなので、それは避けたい人も。ということで、

運動ダイエットバレしない、オススメのジョギングダイエット方法。

  • ジョギングは、家から遠いところで行う(車で移動→河原や運動公園などでジョギング)
  • ジムなら、自宅周辺は避け、居住エリア外のジムに通う(シャワーかお風呂付きのジム)

というのが、オススメ。「なんか運動バレるの嫌だな」ということだけを気にして、運動を取り入れられなかった方は、この方法なら絶対続きます。

私は、バレるのが嫌ではありませんでしたが、河原にジョギングコースが整備されていたので、信号や車を気にせず音楽を聴きながら走るために通ったことがありました。その際には、見たところ、同じような目的の方が多くいらっしゃいました。男女問わず多かったなぁ〜という印象です。休日などには「記録会?」と勘違いしてしまうくらいの人になることもありました。

車でコースまで行って、そのまま帰る人の必需品。

これをやるのに躊躇する点が、以下のところだと思います。

  • 車で行った場合、鍵とか貴重品はどうするか
  • 汗をかいた体のまま、車に乗るのが抵抗あり

です。この2点は、アイテムで解決します。

スポーツウェストポーチですが、必ず防水のものを買うことが必須。ランニング中、一番の敵になるのが「汗」です。突然の雨など、梅雨時期以外ではそれほど無いです。この汗がやっかいで、ベルト側からポーチに浸透するので、表面だけの防水加工のものはあまり意味を持ちません。ということで、ポケット内部に撥水加工が無いものは、結構ビショっと濡れますので注意が必要になります。

防水シートカバー。これも欲しいものです。私は汗かきなので、背中までかなりの汗をかきます。タオルなどを背中に当てたくらいでは全然ダメです。なので、一時期ビニール袋を背中とシートの間に挟んでいたこともありました。その後シートカバーを買いました。

重い腰を上げねば。

健康診断までに、大改造をしなければなりません。医者から指導は受けたく無いし。であればやるのみ。目的があれば、必ず達成できるので本気でスタートします。

最近の体重

【追記:2019/06/05】

一旦癖がついた食欲というものは厄介です。すぐに「元に戻そう!」と思っても、満腹になった時の至福の時間を思い出してしまい、ついつい自制が効かなくなってしまいがちです。

というわけで、想像のとおり太り続けています。ダイエットしよう!と思ってはいたものの、いろいろな理由をつけて逃げ回っております。(これが体重をコントロールできない人が一番陥るダメな思考)。

恐ろしくて体重計に乗る勇気も失せてしまいましたが、恐らく82kg程度、体脂肪率15%超え(男性の場合この数字はやや過剰に入ります)程度に成長しているのではないでしょうか。このまま行くと、史上初の85kgへ突入してしまいそうなので、それだけは避けたいですから泣く泣く食事制限を行なっております。

食事制限と言っても・・・

  • 1回の食事で2主食たべを中止
  • 夕飯後に晩酌と称して、4回目の食事を中止
  • 子供と食べるお菓子をやめた

程度です。この程度とはいえ、今まで爆食していた自分にとっては、大変苦痛であり、お昼ご飯なんか特に物足りなくてしかたありません。そんな時に気を紛らわすのは、私の場合いつもこれです。

○味付き炭酸水 ○コーヒー ○トマト

私は喫煙者(電子タバコ)ですから、炭酸水とコーヒーについてはダイエットをしようがしまいが喫煙のお供にいつも常飲しております。この中で突然感があるのが、トマトです。トマトは口さみしくなった時のおやつとして食べています。夏は旬なので、価格も安いし、丸ごと1個食べるとそこそこ満足感があるので、最適。勿論、外出中には食べられないですけどね。

プロテインが流行っているとか?

ニュースで見て知ったのですが、今プロテインブームなんだそうです。「そうなんだぁ〜」という感じ。ちなみに、恐らくこのプロテインブームとダイエットとの関係性は薄いようで、食事の代わりとしてプロテインを摂取するというのが流行りのようです。ですので、プロテイン=ダイエット用という訳でもなさそう。ということはこのブームはファッション的な感じなのでしょうか?おじさんとしてはその部分に若干違和感があるけど(プロテインのどこにファッション性があるのか?という点)。個人の自由なので別に文句はありませんが。

ウイダーとか?パウダーをシェイカーで持っていって食べるとかなんじゃないかと思います。そういえば、かなり前に私もダイエット中にやったことがあって、職場に持っていったら、奇異なものを見る視線を感じまくったことがありました。ブームとなった今はそんな疎外感を感じることなく堂々と摂取することができるという感じなのでしょうか。

そうそう!プロテインで思い出しましたが、プロテインにもカロリーはあります。勘違いされる人もたまに居るのかもしれませんが、プロテイン摂取=勝手に痩せるという図式は存在せず、あくまでも運動や基礎代謝(日常生活)の上で、その効率アップを促す成分が含まれているというものです。なので・・・プロテインを爆飲みしたり、爆食したりしても効果はありません。

私が以前使っていたダイエットプロテイン

これを起床後に飲んで毎日トレーニングしてたなぁ〜なんて思い出してました。ドリンクは「バーム」。おやつは「バームゼリー」なんて感じで、とにかく頑張っていたなと。プロテインの効果だったかは定かではありませんが、ダイエットを本気でやりはじめると、食生活自体が激変するので、おかげで当時は激やせしました。3ヶ月で10kg程度落ちた記憶があります。今では恐ろしくてやる気もないですが、人の体って、変わるんだなと思った瞬間でした。

ところで、上のプロテイン、正味900gですので、買ったことがない人は「これ直ぐ無くなるんじゃない?」と思うかもしれませんが、全然そんなことはなく、死ぬほど長持ちします。分量どうりで60日分なのですが、運動しない日は使わない(私の場合)ので、だいたいこの一袋を飲み終える頃にはダイエットも終了している頃かな?なんて思います。実際私の場合はそうでした。

プロテインを使ったダイエットの時の食事スタイル

ウェイトダウンプロテインは、運動補助的に使うプロテインですので、3食このプロテインにするというような使い方ではありません。ということで、食事はしっかり摂らなければなりません。以下、プロテインを使ったダイエットを行なっていた時に摂っていた食事をご紹介してみます。

  • 鶏肉(ムネ肉・ササミ・ももを皮と脂肪はカットして)・赤身肉(ヒレなど)
  • 野菜(葉物中心)
  • 豆腐・納豆など
  • 春雨・こんにゃく
  • 玄米

意識的に低GIのものを食べていたと思います。上の食材を食べてみるとわかりますが、全体的に油っぽいものはほぼありません。ですので、こういう食材を使いはじめると、それほど無理なく痩せ始めると思います。

・・・ということになってくると、最終的にプロテインは必要ないのでは?という疑問が芽生えます。「食事で痩せてるだけじゃないのか?」と・・・。私もよくわかりませんが、あまり細かいことを気にするのも無駄なので、その時はこう考えていました。

気分をあげるための魔法の粉なんだ!と。

keyboard_arrow_up