旅先でスマホの音楽を車で聴く時に必携。FMトランスミッター

旅行先でレンタカーを借りた際、スマートフォンに入れたお気に入りの音楽を聴きながら走りたいなと思ったことは無いでしょうか。そんな時に良く起きるのが「接続できず・・・」ということ。

実はこれで悩まされることは結構多いです。私も2度失敗してからのち、旅行時レンタカーを借りる場合にはFMトランスミッターを必携するようになりました。

FMトランスミッターの使い方、オススメ機種、トラブルなど、実体験を元に簡単にまとめてみました。

FMトランスミッターとは

FMの空いている周波数を間借りして音楽を聴くための接続機器のことを言います。当然ではありますが、FMラジオが聞けない車では使うことができません。

使い方(有線接続)

有線方式の場合。こちらは、Bluetoothが使えない場合の接続方法になります。Bluetoothが使えないオーディオなどはこの接続になると思います。

  • FMトランスミッターを購入(有線)
  • イヤホンプラグをスマホのイヤホンジャックに挿入
  • 車載のオーディオ側のFM周波数とトランスミッター側の周波数を合わせる
  • スマホ側のプレーヤーで音楽を流す

以上です。有線式の場合、イヤホンジャックにプラグを差し込み、FMの周波数を合わせ、後はプレーヤーで音楽を流すだけです。FMの周波数ですが、トランスミッター側であらかじめ用意されている周波数帯を使うのが一番カンタンですが、どうしても音質が悪い場合(地域によって、ノイズが入ったりする)がありますので、その場合は手動で調整も可能です。基本的には、FMラジオが入らない周波数ならどの周波数でも使えます。お好みでノイズが少ないところを探すというのが一般的だと思います。

使い方(Bluetooth接続)

Bluetooth接続の機種です。有線接続との違いは、スマホ→Bluetooth(ワイヤレス)→FMトランスミッターという接続になるところです。

イヤホンプラグでトランスミッターとスマホを接続するところを、Bluetooth(ワイヤレス)でやってしまいましょう!という機器になると思ってください。後は有線接続と同じです。

  • FMトランスミッターを購入(Bluetooth対応)
  • BluetoothでスマホとFMトランスミッターを同期
  • 車載のオーディオ側のFM周波数とトランスミッター側の周波数を合わせる
  • スマホ側のプレーヤーで音楽を流す

となります。有線じゃない分、コードが乱雑になったりしませんのでスッキリしますし、車内の別の場所で充電しながらなんて言う使い方もラクになりますね。

最近は、Bluetooth(ワイヤレス)+AUX-IN(3.5mmプラグ有線接続)両用のトランスミッターがオススメだと思う。

私が購入した機種は既に古くて(と言っても2年前だけど)、現在はFMトランスミッターで探すとBluetoothモデルしか出てきません。有線3.5mmミニプラグ仕様は隅に追いやられた感がありますね。

Bluetoothのみの接続では心許ないな〜なんて方は、こういう有線・無線両用タイプを購入すると良いと思います。

このモデルのように、Bluetooth接続と、AUX接続のどちらも使えるものです。接続方法が選べるのはとても嬉しいですね。Bluetoothはたまに接続が不安定になったりするので、その場合バックアップしてくれるものがあると、安心感があるので。

3.5mmプラグ(イヤホンプラグ)とAUXって何が違うの?

私もわかりませんし、どこを調べてもほぼ載っていない情報です。ちょっと前まで、イヤホンプラグって良く言ってたと思うけど、それがAUX(エーユーエックス)って呼び方に変わったの?という感じですよね。ちょっとした謎です。

謎ではありますが、事実としてイヤホンジャックにAUX端子を挿せば普通に使えます。なので私は同じものとして使っています。

私が旅行先で体験した「音楽が聴けなかった」時の話

私が今まで体験した、音楽が聴けなかった時の話です。

  • AUX端子、Bluetoothなど、ナビに有線・無線で接続する機能が何も付いていなかった。
  • FMトランスミッターが付いていたけど、機械自体が壊れていたらしく、ノイズしか聴こえなくてダメだった。

レンタカー会社にもよりますが、格安で借りれる場合、ナビなど付属装備もそれなりに古かったりすることも多いです。Bluetooth対応などはもちろん、AUX端子が無いなど、外部オーディオ接続のことなど一切考えていない場合も普通にあったりします。

ということで、私はこれらの失敗を元に、旅先でレンタカーを借りる場合、必ず持っていくものに、FMトランスミッターを入れることにしたのでした。備えあれば憂い無し!という感じです。

やはりオススメはこの機種かな。

価格だけを見ると、1,000円台後半から4,000円程度の範囲で、数えきれないほどの商品があります。私だったら、この商品の「国内・・・」というアピールに猛烈に安心感を覚えるので、たぶんこれを買ってしまうだろうな!と。

しかし、たった数年でBluetooth接続モデルしか見当たらなくなってしまったところひとつとって見ても、デジタル化対応のスピードに乗り切れていない自分がいるんだなと・・・実感してしまいました。

keyboard_arrow_up