浴室換気。MAX製「ドライファン」を修理してもらった後に感じたこと。

我が家では、浴室乾燥・24時間換気・暖房ができるMAX製の「ドライファン」が新築当時から入っています。10年ほど経過しているので、モーター音が非常に騒がしくなっておりました。たまたまMAXから点検の案内が届いておりましたので、当然点検をしていただくことになりました。

その後、感じたことを書いてみます。

ドライファンの音の原因。

まず、ドライファンについてです。我が家で使用しているのが、品名BS-141-H2というもので、1室換気商品です。既に生産終了品となっていたようです。

新築からちょうど10年ほど使い続けています。一度も修理、交換などはしていません。メンテナンスはフィルターの清掃などを年に1、2回行う程度。(本来はもっと頻繁に行うように推奨されています)

記憶しているところで、ここ1年ほど前から、お風呂に入る時にやたらと音がうるさいなと思っていたので、だいたい設置後8年程度からこういう音が鳴りはじめていたのだと思います。音の質としては、金属がかすかに擦れた音がず〜っと続く感じ。「くぅ〜〜〜〜〜〜〜」みたいな・・・(伝わってないと思うけど)

後から交換業者さんに聞いた話では、モーターの稼働音なのだそうです。素人考えだと、ファンが回る時の油切れが原因で起きる音なのかな?なんて思っていましたが、この製品は稼動部にベアリングがあるだけでグリスなどの油系のものは使っていないとのこと。なので、業者さんにも「油(グリス)は使う場所がないので、そういうメンテナンスはできないんです・・・」と。要はこういう症状が出たら交換という商品のようです。

交換の経緯

話は前後しますが、音が気になりはじめていたところに、MAXのカスタマーからはがきで点検のご案内が届いたので、もちろんお願いすることに。事前に気になる点などを伝えると、恐らく部品交換が必要になると思うとのことで、事前に修理金額の見積りを口頭で説明して頂きました。対応は非常にスムーズで良いものでした。

指定業者さんが訪問、交換

MAXさんの場合、指定業者さんが修理を行なってくれるようで、その業者さんが来てくれることになりました。

点検後、やはり交換が必要な症状とのことで、持ってきてもらっていた部品への交換を行いました。作業時間はだいたい1時間ちょっとというところ。綺麗に掃除までしていただいて、音も全く無くなりました。

感動!

作業+部品代+点検代でざっと3万円程度。これも妥当な価格かなと思いました。

業者さんが最後に教えてくれたことで、気が付いたこと。

丁寧な業者さんで、今後についてのアドバイスも頂きました。

  • 既に生産終了している製品なので、次回もし同じような不具合が出れば、その時の部品在庫状況次第で、修理ではなく製品の交換になる

ということでした。そりゃそうだよな!と。後10年で今度は交換かな。なんて思いながら、音が消えた喜びで、安心しておりました。

・・・ん?この製品生産終了してたんだ。ということは、次は新品に交換だから、どのくらいの費用がかかるのかな?と思いますよね。気の早い話ですが、そういうところを事前にチェックしておきたくなります。ということで、ネットでいろいろ調べてみることに。

私が調べたのが、「浴室乾燥 交換」というワードでしたが、地元で交換してくれる業者さんは結構あるようです。ヒットして信頼できそうだったのが、「交換できるくん」という会社さん。いや、会社ではなく品名なんだそうで、会社はサンリフレホールディングスという会社さんらしい。

ネットで商品から交換工賃までかなり細かく掲載されていましたし、詳細見積を行います!という信頼できそうな感じが。

いまさら思ったこと。

既に交換を行なってしまった後でしたが、以下のようなことを感じました。

  • 既に生産終了していたので、現行機種のBS-161Hに交換した方が良かったのではないか?(サイズ、仕様などがBS-141-H2とほぼ同じのようです)
  • メーカーが同じで、交換方式が同じ場合、作業工賃も抑えられたから、部品交換するくらいなら、新品交換しても良かったのではないか?

MAXさんや交換業者さんの対応に文句がある訳ではありません。とても良心的に対応して頂いたので、満足しています。

私が思ったのは、生産終了していることを教えてもらって、今後あり得ることを点検の前に説明してもらっていれば、こちら側の選択肢も増えたということ。前述した「交換できるくん」で交換するのがお得なのかどうかはわかりませんが、少なくとも、それがわかっていれば、事前に比較はできたということですからね。

同じ症状が気になっている方がいらっしゃれば、交換か修理かなど、じっくり検討してみてからでも遅くはないと思います。

Pocket

keyboard_arrow_up