「凶悪」等、2019年3月に動画配信で観た作品について

この3月にプライムビデオやネットフリックスで観た作品についてのまとめ。3月はほぼ「パニッシャー」だけを観たような感じになってしまいました。他に観た映画では、いろんな意味で話題の「凶悪」など少しだけです。振り返ってみます。

2019年3月に観た作品

パニッシャー

個人的には、楽しめた作品です。感想などについては、こちらの記事をご覧頂ければと思います。

凶悪

好んで観ようと思っていた訳では無いのですが、最近あまりにも話題になっていますし、プライムの「人気急上昇中」の作品に登場してくるので、ついつい手を出してしまいました。

正直なところを言うと、前評判などはネットでレビューが転がっていましたので、それを見た感じ作品自体は「だいたいどんなものか」ということを把握していました。と言う訳で先入観として「自分としてはあまり観たくない作品」と位置付けておりました。

この作品のレビューには暴力、残虐性、冷酷などの意見がバシバシと上がっていまして、要するに「そういう作品なんだな」と言うのが一目瞭然。

「悪魔をみた」的な内容なのかしら?と思ってしまうと、既に作品を観る前から観終えた後の鬱とした気分を想像できてしまったので・・・。

だけど、観終わった感想はその真逆でした。

確かに、残虐性のあるシーンもいくつか登場しますし、全体を通してどんよりとした作品に仕上げてあるので、最後に“正義が勝つ!”的な爽快感は全く期待できません。しかし、2時間を超える作品なんだけど、全く飽きることなく、3倍速を使うことなく、最後まで引き込まれたまま観終えてしまいました・・・

そして、どういう訳かこの手の作品にあり勝ちな「後味の悪さ」を感じることもなかった。

余談。作品と役者さんの私生活を結びつけなくても良い。

個人的な意見です。ワイドショーがこのピエール瀧さんの報道で賑わっている理由は良くわかるし、そういうことをしてしまったのだから自業自得なのだろうと思います。だけど、いち視聴者の私としては、ピエール瀧さんのプライベート部分については、それほど興味はありません。何をやっても良いのかと言われるとそうでもなくて、例えば、被害者がいるような、人間的に許されない行為をしたのであれば、役者としてというか人間的に評価できないということになるので、結果作品にも影響してくるのは当然かと思います。

ですが、今回のような行為について。私としては「愚かな行為」であるけれど、それが、ここまでの騒ぎになるほどのことなのか?と思わずにいられません。確かに法律には触れたのでしょうが、間違った言い方をすると「個人の嗜好」が違法だったということだと思います。己の責任だけの罪。他人に危害を加えていません。再チャレンジの機会はありなんじゃないかと思います。

ということで、今回のようなケースの場合、執拗に騒ぎ立てて断罪し、作品自体を抹殺するというところまで話が盛り上がっているのが、正直違和感しかありません。単純に「観る側の判断に委ねる」という選択肢ではダメなのでしょうか?

ピエール瀧さんの音楽活動については、全く興味が無いので割愛しますが、役者として見ると、気分を悪くさせる役をやらせたら上手い俳優さんだと思います。「アウトレイジ最終章」「日本で一番悪い奴ら」など、彼の出た作品を見れば存在感が良くわかると思います。

本当に残念でなりません。なぜドラッグ?人生を棒に振るリスクを犯す価値があるほど、ヤメられない快楽があるということなのか?

私はお酒と電子タバコで十分ですけどね・・・。

ビリオンズ、シーズン4

ネットフリックスで、配信開始されたようです。ビリオンズについての雑記はこちらに書いてます。

たぶん日本的な感覚の私が無知なのでしょうけど、このビリオンズの配信を観てて少し不思議に思ったことがあります。確か米国ではケーブルテレビの視聴者が多いはずで、ビリオンズの配給もShowtimeというケーブルテレビとなっています。公開開始が1週間前の3/17日で、翌週の3/24日に私がネットフリックスで観ることができているので、日本的に言えば「見逃し」作品のような配信スタイルですよね?

日本では、大抵の人気作品の場合「見逃し」の再放送は有料(追加料金あり)での配信になるはずなのですが、ネットフリックスでは会員であれば毎週観れる形になりそうです。

しかし、ネットフリックス。コンテンツの充実度とスピード感が素晴らしいと思います。加入してて良かったなと思いました。

脱線:SUITS

比較になってしまいますが、昨年、日本版でちょっとした話題になった弁護士事務所ドラマ「SUITS(スーツ)」の本家版シーズン7の配信がプライムビデオで始まっていますが、こちらは有料(レンタル作品)となっています。このことからも、ネットフリックスが視聴者に優しいサービスを行なっているということがわかります。

ところでスーツ!シーズン6を観てからしばらく経っていますので、本当は早く観たい気持ちはありますが・・・良い作品はいつ観ても面白いですから、気長に会員配信される日まで待つことにします。

この曲を早く聞きたい。

MR ROBOT(ミスター・ロボット)

最近観はじめました。2015年アメリカTVドラマ作品。天才エンジニアを描いた作品なんだろうと思います(まだ4話しか観ていないので、いまだに内容が掴めていません)

おそらくですが、「ボヘミアン・ラプソディ」でラミ・マレックを知った方は、この作品をチェックされているのかもしれませんので、プライムビデオでもそんなところを見越して人気作品としてプッシュしている様子が垣間見れます。

この人の出演作品で、面白かったのは「ザ・パシフィック」。太平洋戦争、沖縄上陸までを描いた戦争映画です。

アクの強い顔と、登場からしばらくの間、「意地の悪い奴」として活躍するので、なんなんだこの野郎!と思うのですが、ストーリーが進むにつれて変化する役を見事に演じています。良い奴だ・・・と。

もう一つ、「24(トゥウェンティフォー)」のシーズン8にも出てたようです。こちらは、観ていたのに全く気がつきませんでした。テロ実行犯役だったようです。記憶にないなぁ〜。

Mr Robotの話に戻しますが、ラミ・マレック演じるエリオットが、ハッカーに関わってあんなこと、こんなことをしていくというストーリーでしょうか?

すみません・・・4話観てるのですが、とにかく内容が掴みにくい作品!敵、味方が明確になっていないことに加えて、エリオットがドラッグ常習者の為、現実、仮想を行ったり来たりすること、そしてハッカー集団達の会話が終始断片的で意味不明なものばかりなので、ストーリーの骨になる部分がわかりにくく、何を計画しようとしているかすらイマイチ掴めない展開・・・

理解できない・・・。

もうちょっと様子見しながら観進めてみることにします。

4月に観てみたいもの

  • サバイバルファミリー(プライム)
  • トリプル・フロンティア(ネットフリックス)
  • メッセージ(ネットフリックス)

このあたりでしょうか。現在視聴中の「ミスター・ロボット」は、寝落ちを繰り返しているので、これからの展開がこのままカオス状態だと4月のメインは新たに発掘しないといけないかな〜なんて思っておりました。

keyboard_arrow_up