ポストペイ型電子マネーiDやQuickpayが一番使いやすいかな?と思ったこと。

このところ話題になることが多くなった電子マネー。スマホを使った支払いというものが、定着しつつあるようですね。ということで、私もその流れに乗って、電子マネーを活用しようと思いまして、iDやらEdy、QuickPayを導入して、どれが一番使いやすいかの検証をしていたのでした。

電子マネーの種類

大きく分けると、3つかな?と思っています。

  • クレジットカードに紐つけされた「ポストペイ式」
  • 使用する前に入金(チャージ)しておく「プリペイド式」
  • 預金口座から即時引き落としの「デビット式」

今回は、スマホ決済方式のサービスについては触れませんので、取り上げません。使ったことが無いのでイマイチわかりません。

テレビのニュースで見たところ、スマホ決済の方法は、利用前にクレジットカードの事前登録が必要という話ですから、恐らくポストペイ式に該当するサービスなんじゃないかと思います。

ちなみに!プリペイド式であっても、私が使っている楽天Edyのように、クレジット即時引き落とし方式というものもあるので、この場合は、ポストペイ式に限りなく近いものになると思います・・・ややこしいな。

各方式の特徴など

ポストペイ式

私がダントツで使いやすいなと思った方式で、今のところこれが一番効率が良いと思えるものです。ポストペイの「ポスト」ですが「後の・・・」などと言う意味。ですのでポストペイで「後払い」という感じです。

このタイプで使ったことがある(現在使っている)のが、iD(アイディ)とQuickPay(クイックペイ)。どちらもとても使いやすい。

特徴は以下のとおりです。

  • チャージ不要(紐つけされたクレジットカードからの引き落としとなるので、限度額は特にない※1
  • 上の理由から、「残高不足」でストレスを抱えることがない
  • クレジットカード連動なので、少額決済であっても、ポイントが貯まる。
  • 日常生活だけなら導入店舗が多いので、小銭を使わない生活になる
  • クレジットカード発行が条件となる。

※1:私が使った範囲での話です。高額すぎる買い物をこのポストペイ方式で支払ったことがありませんので、もしかして高額支払いの場合には、記名や暗証番号入力などを求められる可能性があるかも。

本当に、良いことばかりしか挙げませんでしたが、このポストペイ方式については、不便を感じることがほぼありません!・・・(最強伝説)。ただし、「クレジットカードを作りたく無い!」という方については、このサービスを使うことが出来ないので、あえて言うならそれがデメリットかもしれません。

プリペイド式

ポストペイと決定的に違うのは、クレジットカード紐つけ(連動)じゃなくても発行できるという点。それと、利用前に必ず「入金(チャージ)」が必要だという点の2つ。

代表的なサービスとしては、ナナコ、ワオン、おさいふポンタなどのコンビニ系のものから、楽天Edy、交通系Pasmo、Suicaなど。

特徴は以下のとおりです。

  • プリペイド(事前にチャージが必要)方式
  • 残高が無くなると、使えなくなる。
  • チャージ方法は、クレジットカードから自動引き落としが可能になっているものもある(オートチャージ)。

以上かなと。私は、ナナコ、ワオン、楽天Edy、Pasmoを使っています。入金されていれば特に不便さを感じません。

特に、楽天Edyについては、楽天カードと連動していまして、残高が〇〇円を切ったら、〇〇円を楽天カードからチャージすると設定しておけば、残高不足の時にもオートチャージを行なってくれるので、とても便利。現金など不要です。交通系カードも自動改札でオートチャージができるので、同様だと思います(私は使っていませんけど)

楽天Edyの弱点

お金持ちの方なら、1回のチャージで10万円とか、それこそ無制限にオートチャージ設定をするのかもしれませんが、私のような貧乏人はせいぜい5,000円程度の設定にしかできません(できませんと言うか、1度のチャージで万単位でオートチャージしても、それほど使うわけではないので設定していない)。ということで、たま〜にある、一度の買い物で2万円を越すような場面になると、オートチャージが追いつかなくて使用不可となります。

「こちら残高不足です〜」という感じになってしまうのでした。2度ほど経験があります。楽天カードの場合、クレカとEdyが一体になっているので、その時はクレジット払いに変更してしまえば済む話ですけど。

ちなみに!ポストペイ方式の場合、今までこの経験はないので、恐らく余程の高額決済でもない限り、レジで止められることは無いと思います。

デビット式

恐らく一番馴染みは薄い支払い方法かもしれません。銀行カードで支払う方法です。結構使える場所は多いのですが、なぜでしょう・・・使っている人が私の周りにはほぼ居ません。特徴は以下のとおり。

  • 銀行預金残高以内で支払いが可能
  • 公共料金系の支払い場面にも強い

こんな感じだったと思います。私が最後に使ったのが、10年以上も前なので、その後進化しているのだと思いますが、私の中では「???」な扱いです。特別悪いイメージなどはありませんが、強いて言えば「その他のサービスの魅力には勝てていない」というところでしょうか・・・

参考にもならない話ですが、少し前にニュースでみたことがある話で、アメリカの場合「デビッド式(デビッドカード)」での支払いが主流であるということ。国によって様々なんだなと思います。

ポストペイ式がしっくりくる。

前述してしまったので、既に結論出た感がありますが、個人的にはポストペイ式が一番使いやすいです。

スマホ決済なんてのも面白いとは思うものの(おさいふケータイを持っていれば、上に挙げたほとんどの支払いをスマホアプリで行えます)、私の場合で言えば、スマホは確かに持ち歩くけど、結局財布も持たないと落ち着かない。であれば・・・

「財布にカードが入っているので、わざわざスマホを開いて決済する必要もない」

という感覚になってしまうのでした。リーダーで「シャリーン!」が一番早いと思い込んでいますから・・・(事実そうだと思うけど)

加えてもう一点オススメの理由が、チャージを不要としない点。これが地味ですが意外と大きなメリット。チャージ不足の度に「〇〇チャージで!」なんて言うのも、頻繁になると煩わしく思えてきます。その点、ポストペイならチャージは一切不要(クレジット利用残高が膨らんで行くだけです)。便利そのもの。

まとめます。

iDとQuickPayについてですが、とにかく使えるお店が現在も増え続けています。コンビニなどはほぼ全てで使えますし、ガソリンスタンド、スーパー、ドラッグストアなど、普段の生活圏内ならほぼキャッシュレス化可能です。

ということで、現金払いに慣れてしまった私のようなオジさん(オバさん)世代は、最初こそハードルを感じるはずですが、慣れてしまえば手放せなくなるキャッシュレス決済。無難なところでポストペイ式の電子マネーからスタートしてみると良いと思います。強くオススメしておきます。

Pocket

keyboard_arrow_up