アマゾン

Fire TV等をHDMI切替器を使って端子が少ないテレビに繋ぐ方法。

最新のテレビはHDMI端子が4つとか当たり前になっています。しかし地デジ化がスタートした当初のテレビだと、2つ程度が標準だったと思います。今のようにゲーム機やFire TVやクロームキャスト、DTVといったストリーミングデバイス(動画配信機器とでも言いましょうか)、サラウンドバーなどなど・・・HDMIをここまで繋ぐとは想定していなかったのかどうなのか・・・とにかく端子が足りません!

かと言ってテレビを買い換えるなんて言う人は少ないと思いますので、そういった方々は恐らく面倒ですが使う度にテレビ裏に手を伸ばして指し直しとかして使っている人も多いんじゃないかと思っています。そこでです!

HDMI切替器をご存知ですか?

簡単に言うと、HDMIの端子をタコ足配線する機器です。HDMIセレクター、分配器なんていう呼び方もされていますが、一回一回抜き差しをしないでボタン一つで切り替えができる機器のこと。言葉だけだとわかりにくいと思ったので、少し絵を書いてみました。こんな感じになります。

HDMI-Switch

HDMI切替機のメリット

まずなんと言っても、抜き差し作業から解放されます。この切替器ですが、いろいろな切替方法がありますが、ボタン式、あとはリモコン式が多いはずです。私が持っているものは以下のものです。

iBUFFALO HDMI切替器 3台用 リモコン付  Nintendo Switch動作確認済 ブラック BSAK302
バッファロー
参考価格:¥ 5,778
OFF: 54%
¥ 2,662
サイバーステーション

リモコン式ですと座ったまま切替が可能というところが良いです。抜き差しが無くなっただけでも感謝しなければなりませんが、人は欲が出るもの。リモコン式を買っておいて本当によかったなと思っています。

現在、FireTVと子供が使うニンテンドースイッチの二つを挿していますが、もう一つ端子が余っているので、HDMI接続機器をもう1つ追加可能。何事も余裕は大事なので、可能であれば接続台数が多い機種を購入しておくと後々拡張するときに楽だと思います。

デメリットはありません!導入して良いことしかない。

HDMI端子は可能な限り空けておくと良い。

私の場合、切替器を1つしか持っていませんが、当然もう一つのHDMI1側にも切替器を入れることが可能なので、さらに増設は可能です。例えば、プレステやハンディカムなどの他の接続機器を大量に持っている方なんかはもしかしたら足りなくなることがあるのかもしれませんね。

その為という訳ではありませんが、HDMIじゃなくても繋げる機器がある場合、それを優先的に使うことでHDMIの空きを確保しておくことが可能です。例えば私の場合、サラウンドでYSPを入れていますが、光デジタルケーブルで繋げるため、そちらを使っていますし、D端子が使えるのであればそちらを使っています。

ネットで調べると、様々な変換アダプタが売られていますのでそういうものも駆使して使いやすい環境を作るのもオススメです。

ストリーミングデバイスは厳選した方が良いです。

私は以前、DTVも契約していましたので、最初はセットトップを購入しましたが、以前書いたようにプライムビデオに替えてからは、Fire TVのみで完結できるようになったので、DTVのターミナルが必要なくなりました。(Fire TVクロームキャストは、アプリの充実度が高いので大抵の動画配信サービスが揃っていますので、これ一台あれば、デバイスを何台も繋ぐ必要がなくなります)

Fire TV Stick
Amazon
Out of stock

ということで、動画配信をTVで観る場合に購入するデバイスは、対応アプリなどを調べてから購入した方が良いということになります。

「HDMI端子が壊れるんじゃないの?」というくらい、せっせと抜き差しをやっていたみなさん!切替器を買って解放されてはいかがでしょうか?オススメです。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén