ポンタポイントはローソンのお試し引換券で使うのがベスト

ポンタポイントの使い方についてです。私はポイントをローソンでのお試し引換券として使う場合が多いです。理由は単純明快です。たぶん一番お得だと思うから。これ以上の有効活用は私の中では今のところありません。

【2018/12/21追記】
記事内容を精査して更新しました。

引換券の使い方

次の2パターンでの使い方となります。

  • ローソンアプリでバーコード発行してレジで提示する
  • Loppiで発券して使う

ローソンアプリでの引換券の使い方

引換券の予約→使用→バーコード表示でカンタンに使える。

一番カンタンなのは、ローソンアプリだと思います。お試し引換券から自分が使いたい商品を選んで行き、「引換券を使う」→商品と一緒にバーコードをレジで提示して終了です。

アプリでは、「引換券の予約」というものが付いていて、24時間限定で引換券の予約が可能になっています。人気がある引換券については、早い段階で数量に達してしまい受付終了となるものが多いですので、欲しいものを予約できるので便利。

もし予約をして24時間以内に使わなかったものについては無効になり、後からポイント返還されますのでご安心を。店舗によってはお試し券にある商品を在庫していないこともありますから、その場合このような形で使えない場合も出てきます。

Loppiでの発券

ロッピーでの発券には、実物のポイントカードが必要になります。アプリ版デジタル会員証を利用している人にはこれが逆に不便ですので、わざわざ実物カードを持っていってLoppiを使うメリットは薄いです。ただ、Loppiでしか発券できない商品もありますので、その場合は仕方ないですがLoppiを利用します。※モバイルPontaは利用可能です。

Loppiの使用手順は、ローソンのサイトから「Loppiでお試し引換券の発券」に詳しく掲載されています。

お試し引換券は約半額で商品が手に入る計算に。

ほとんどの商品が半額程度で購入できます。(購入と言っても、実際にはポンタポイントで支払うのでお金としての支払いは0円ですけど)。

もし同じ商品を普通に購入してポイントを充当したとすると、満額分のポイントが要求されることを考えれば、お試し引換券が使える商品であれば、必ず使うべき!と言えるでしょう。

keyboard_arrow_up