えきねっとの事前受付を利用してみてわかったこと

【追記2019/04/01】 この記事はえきねっと からトクだ値を予約しようとして、事前受付を申し込んでから結局抽選に漏れてしまったことと、その後通常購入に至った経緯を書いています。簡潔にまとめ直しました。

私はJRをあまり利用しないもので、予約方法やしくみをあまり理解していません。ですが、旅行などでたまに使うので、えきねっと会員には登録しています。今回、訳あってはじめて事前受付を利用することになったので、実際に利用してみて思ったことを書いてみます。

えきねっとの事前受付とは?

予約については、以前記事を書いたことがありました。JRの場合、切符の予約は1ヶ月前から申し込みができます。事前受付はさらにその1週間前から受付が可能ということです。

なぜこのサービスを作ったかの真意はJRさんに聞くしかありませんが、えきねっとのサイト情報を見て自分なりに解釈してみると、

  • 繁忙期に予約が集中するので、サイトへのアクセスが出来ない方向けにアクセス分散を行なって予約を円滑なものにする試み。

ということを考えたサービスなのではないかと。客の為を思った親切なサービスとして行われているのではないか思われます。

事前受付を行なってから注意しておきたいこと。

事前受付=予約完了ではない。

まずはじめにお伝えしたいのが、事前受付=予約完了ではないということです。予約の予約をするような感じと覚えておくと良いかもしれません。事前受付は先着順ではなく、抽選になります。

抽選の結果はメールでお知らせされます。申し込みが多い場合は、そのお知らせが正午すぎになることもあるようです。満席の場合には座席の用意ができない場合がございます!と同じくサイトには赤字で目立つように記載されております。

事前受付を使っていて感じたこと。

私が事前受付を使っていて思った「紛らわしさ」をまとめてみました。

  • 事前受付をしても、必ず予約できるわけではないので、抽選に漏れた場合はどうすれば良いのか?
  • 事前受付に漏れた場合を想定して、予約開始日当日10:00〜(乗車日から1ヶ月前)、別口で予約を入れた方が良いのかどうか?
  • 事前受付と通常予約を併用するのが基本なのか?

というところです。恐らく!普段JRをあまり使わない私と同じレベルの方がこのサービスを使った場合、ほぼ同じような感覚を抱くと思います。

実際の結果、どうなったかを下記でまとめましたので、詳しくはそちらをご覧頂ければと思います。

事前受付の抽選結果出ました

【追記2018/11/29】
今回はとく10の事前予約でしたが、「満席でお席をご用意できませんでした」という結果だったようです。10:00ちょっと過ぎにメールが着ていましたので、メールが遅すぎると言ったようなことはありませんでした。結局、通常予約(普通の申し込み)の手続きをし直して、無事申し込みはできましたので、特に問題はありませんでした。ですが・・・

事前受付のメリットって何だろう?と・・・

予約当日に画面とにらめっこしなくても良いよ!ということでしょうか?

今回は、事前受付の抽選結果、落選だったメールが早めに届いたので、そのまま通常予約を行いました。

しかし、もし予約が殺到するような路線の場合は、メールを待っている時間にどんどん席が埋まってしまうなんてことがないのだろうか?と・・・。不安になりませんか?私はそう思ってしまいます。

乗車率の高い時期の場合、現実的にあり得そうだと思ってしまいます。実際、飛行機の場合はそうですし。

ということで、結論としては次回もし予約する場合は、予約開始日当日の10:00に画面に張り付いて予約した方が確実なのではないかと・・・。事前受付は使わないかな〜と思った瞬間でした。

ちなみに!恐らくとく10などの割引きっぷ以外での予約(つまり普通に買うことができる通常料金での予約)であれば、事前受付で予約ができたのでは無いかと思います。割引のように人気のあるものはどうしても集中してしまうので、仕方ないというところでしょうか。

それならばなおさら残念なのが、事前受付で割引きっぷを購入できなかったなら、自動で普通予約に回してもらって確保してくれるようなサービスがあれば、とても楽なのではないかと。

これだと、落選してから再度予約手続きをするという「二度手間」が省けると思うので・・・。

普段、遠出の旅行では飛行機しか使わないのですが、JRでの旅というのはまた違った楽しみもあるし、陸を行く気軽さもあるので、好んで使いたいと思う移動手段ではあります。

せめて・・・飛行機くらいのカンタンな予約システムにしてもらえれば、もっと使い勝手が良くなるのに〜!と思ってしまう出来事でした。

Pocket

keyboard_arrow_up