ANAマイレージはSKYコインに交換するとおトクなのかの比較

ここ数日、年末の旅行のための準備をしておりました関係で、マイルの話を立て続けに記録(別ウィンドウで開きます)していたのでした。今すぐ使うわけじゃないのですが、来年あたり使ってみようかなと考えていた訳ですが、いろいろ見ていると、SKYコインに交換という選択肢も見えてきました。こうなると、どちらがおトクなのかを調べてみないといけません。

マイルからSKYコインへ

注目したいのが、マイルからSKYコインに交換する場合、一定マイル数以上は等価ではなく割増でコインに交換できる点です。

私の場合、ANA Tokyu PointクラブQカード(いつも思うけどカード名が長すぎる)を使っていますから、一般カードに該当するのですが、その場合例えば現在約40,000マイル保有しているもの全て交換すると、交換倍率が1.5倍になる。ということで、60,000コインに交換できるということです、

1コイン=1円なので、60,000円分として通常のチケット予約に使えるという訳です。一点だけ気になる点として「一部、ANA SKY コインをご利用できない運賃・料金」があるという注意書き。これ、具体的にどこを指すのかまで書いていないように見えるけど、よく調べると書いてあります。

SKYコイン利用の対象外になるものは国内線の場合ですと次のものみたいです。

  • 特典航空券(マイルで交換した航空券のこと)
  • 団体運賃、ビジネスきっぷ、いっしょにマイル割
  • 特別旅客料金、ストレッチャー料金、重量超過手荷物料金、従価手荷物料金、ペット料金、快速宅空便のお支払い

ということのようです。つまり、①マイルとの重複はダメなこと②団体やビジネスなど個人利用と関係の無いものや、特殊な運賃のものなどが主な対象外になっているようです。

旅割などは対象外ではないので、使い勝手が悪い訳ではないようです。

マイルとSKYコインの比較

次にマイルとSKYコインを同じ条件で使ってみた場合の比較です。

東京⇆沖縄のハイシーズン往復(2区間)、1人分で見てみます。マイルの方は特典航空券でHシーズン、21,000マイルです。

一方、同じ条件で普通予約の場合、SKYコインでの購入として計算してみます。往復ともにスーパーバリューで予約すると、31,080円ですのでSKYコインにすると31,080コインです。

SKYコインから必要なマイル数を計算します。10,000マイル以下の交換率は悪くなるので、端数は出さない計算で一番よい交換率を使うとしますから、

30,000マイル×1.4(倍)=42,000コイン。

となります。10,920コインが残ってしまいますが、1年間の有効なので残しておくことに。

マイルの圧勝!

ですよね・・・。薄々感じていましたが、マイルのままの利用が圧倒的におトクでした。もちろんマイルを利用した特典航空券予約には以下のような条件があります。

  • ハイシーズンなど人気のある期間に特典航空券が取れれば

これをクリアしないといけません。ですが、国際線のハワイなどならともかく、国内線についてはそれほど問題ないのかな?なんて思っています。(実際どうだかわかりませんけど。)

2018/10/28から特別航空券の予約期間が拡大になった(国内線の場合)

今までの予約開始は搭乗日から2ヶ月前スタートでしたが、今回から、通常予約同様の夏・冬の運行ダイヤ期間と同じになりました。予約期間がだいぶ長くなったようです。

合わせて2つほど変更があります。

  1. 航空券の有効期間が90日から1年間に大幅拡大したようです。
  2. もう一つが、予約変更期限が搭乗日前日までになったこと。

我が家では、スケジュールを決め打ちしての旅行しか行いませんから、直前での変更などはまず行うことはないため、2つとも特に必要がないサービスかもしれませんが、出張などで回数を乗られる方にとっては嬉しいサービスなんでしょうね、きっと。

結論。可能な限りマイルで使う。どうしても残るならコインに交換がベストではないかと。

基本マイルのまま使うのが良いのは間違いないと思います。他、端数や有効期間などの都合で止むを得ない場合はSKYコイン化して使ってしまうというのが無駄がないのではないかと思います。いずれにしても、マイル有効期限直前になってバタバタしてはいけないということは確かだと思います・・・私も気をつけよぉ〜っと。

keyboard_arrow_up