あおり運転に遭遇しないために知っておくこと、ドラレコが必要という話。

あおり運転というニュース、最近よく耳にしますね。最近はドライブレコーダーが急速に普及しているようで、それで撮影された映像もテレビで見かけたりします。

我が家でもそろそろ導入か?なんて話にもなっています。巻き込まれるのはいつなのかわかりませんが、保険のようなもので「備えあれば憂いなし」ということなのかと、思い始めています。

煽られることが多い人、注意すればある程度減らせるかもしれませんよ。

誤解のないように先にお伝えしておきますが、煽り運転はあおる方が100%悪いのは間違いないです。事件にまで発展するようなものを見ていると、つくづく身勝手な輩がいるものだと、憤りを覚えるほどですから、当事者の方はどれだけ怖い思いをしたかはだいたい想像がつくところです。特に東名の事件などは殺人に近いほど悪質。あれで無罪主張などが支持されないことだけを望みます。

ところで、私は煽られるという経験がそれほどありません。

お恥ずかしい話、私もどちらかというと短気ではあるので、相手の車の運転にイライラすることはあります。私がもしそのイライラをコントロールできない人間であれば、これがあおり運転の原因になっているのだと思います。アンガーマネジメントがうまくできない人があおり運転を起こしやすいというのは良く言われている話ですから。

ということは!相手をイライラさせなければ、煽られにくい運転ができるということになりますよね。つまり、相手をイライラさせる運転がどんなものなのかを知っていれば、それをしないように注意することで、煽られることを予防できるのではないかと。ということで、私が相手の運転でイライラするポイントをご紹介してみます。

相手をイライラさせる運転を知っておく!

右車線を周りの流れを無視して走りつづける人

免許取得の際、交通法規を習うはずなのでみなさん一度は目にしているはずですが、片側二車線道路は基本的に追い越し車線とされています。高速道路などは特に暗黙のルールが存在していまして、追い越しが終わったら走行車線(左車線)へ戻るとか、後続車が自車よりも速い速度で近づいてきたら、走行車線へ移動して譲るとか、ご存じでしたか?

カンタンに言うと、右車線をマイペースで走り続ける人は、周囲をイライラさせるということ。制限速度以内だから譲る必要はない!なんていうように、意地をはる人もいるようですが、正論ではありますがハッキリ言って迷惑。急いでいる人には事情もあるのかもしれません。譲ってあげても良いのではないかと思います。逆に意地を張り続けて譲らないことに意味は無いので・・・

とにかく譲るという意識が薄い人

これも結構イライラさせる運転です。側道からの侵入、車線変更などことごとく車間を詰めて「絶対入れない!」みたいな人、みたことないですか?これ結構あおられる対象になりやすいです。人に譲らない=マナー悪いやつ=煽られて当然な奴。というようなレッテルを張られることが車社会ではよくある話です。譲り合いをして怒る人は誰もいません。なので、気持ちよく運転するためにも常に譲るという気持ちを持つと良いと思います。

周りを気にしない人

これもイラっとすることがあります。停車の度に化粧をしはじめる女性。スマホに夢中で信号を見ていない人。意味のないところで突然ブレーキを踏む人。停止位置よりもかなり前で停止、その後ちょっとづつ進むというような意味不明な運転をする人。道路をゴミ箱のように窓からポイ捨てする人。

これらは人をイライラさせる行為です。公道はみんなのものですから、社会性をもって行動するようにしてほしいです。

煽り運転に巻き込まれないようにするベストな方法。それは無視。

ドライブレコーダーを買うというのは、巻き込まれてしまった場合の最後の保険のようなものですが、そもそも煽り運転などに巻き込まれたい人は居ないと思います。どうすれば良いのか?カンタンです。無視すること。無視といっても、相手をヒートアップさせるような無視ではダメです。

  • 煽られたら、あおり返すなどして挑発に乗らない。
  • しつこいようなら、一旦側道に入るとか、道路脇の駐車スペースなどに避難して、距離を置く。

これが無視です。あきらかに相手が怒っているのがわかるのがあおり運転です。車幅いっぱいを使って、左右に車を振って威嚇してくるなんてレベルだと、相当怒っています。理由はわかりませんが、煽られた側が何らかの「気に障る運転」をした!、と煽った側が認識したということだけは確かなのです。それが言いがかりであっても、勘違いであっても、相手はとにかく怒っているのです。

そんな相手に、あおり返すとか、睨みあいとかやったところで、相手がクールダウンすると思いますか?相手は「コイツ許さね~」って燃えている人です。何をやっても無駄。ということは、逃げるが勝ちです。相手にしないで無視する。これが煽り運転の被害に合わないベストな方法です。

ドライブレコーダーの購入・取付などについてのオススメ。

万が一が無いとは言い切れません。そんな時のためにドライブレコーダーの導入は有効だと思います。証拠の記録というのは近年とくに重要視されています。自分に落ち度がないことの証明を記録しておくというのは大切だと思います。

ディーラー、カー用品量販店で購入する。

おそらくこれが一番良い方法だと思います。特にディーラーなどに頼めば、整備士がしっかり取り付けをしてくれますので、仕上がりも安心です。取付自体は誰でもできる程度のものですが、問題は配線の処理。不慣れなスタッフがやる場合、内装の外し方を間違って、壊してしまったなんてことも無い話ではないので、信頼できる工場で作業してもらうようにしましょう。

ネット通販で購入したものを持ち込み取付してもらう

これは、工場により対応してくれるかダメかが分かれるところです。最近は取付のみでもOKが増えていると思います。その場合、工賃が割高だったりすることもあるので、事前に問い合わせを行ってからにしないといけません。通販で安く買ったのは良いけど、工賃が高くて総額として逆に高上りだったなんていうと、目も当てられません。

私が通っているディーラーは、頼めば取付を行ってくれます。自動車購入から車検・点検などすべてお願いしているので、持ち込みパーツの取付に対しても、そこそこ融通を効かせてもらっています。本来ですと、基本的には持ち込みパーツNGなことが多いはずです。保証・クレームなどの対応ができないからだと思います。ですが、それを承知の上で頼むのであれば、一度相談してみると良いと思います。

AMAZONでは、購入から取付工場までの手配を一気にサポートしてくれるサービスも行っている。

最近登場したサービスのようです。Amazonで購入したドラレコを最寄りの取付工場の手配まで行うことができるようになっているようです。オートバックス、グーピット、ロータスクラブなどがその工場になるようです。なお輸入車など一部対象外があるようですので、事前に確認が必要になると思います。今までは取付部分は自分で探さなきゃならなかったので、こういうサービスはとても役立ちますよね。

我が家でドラレコを入れるとなると、2台分です。5万くらいの出費になりそうだけど、保険と考えれば安い買い物かなと思います。

わが身を守る手段として、このくらいの金額は高くないと思います。ドラレコもいろいろな機能がついていまして、最近のものは前後の記録、駐車中の記録、常時録画、夜間の画質のクリアさなど、充実している機種がとても増えています。特に当て逃げなどへの対策として、駐車中の記録などはうれしいですので、機能をよく比較して買おうかなと考えております。

ドライブレコーダーを着けてみました。

【追記:2019/06/12】
今回、車検だったということもあり、加えて少し面倒な車に乗っているので、カー用品店では取り付けをお断りされてしまうため、ディーラーでの注文+取り付けを行なって頂きました。結論から言うと、作業の面倒さと取り付け時の機械と内装破損などの心配を考えずに済んだので、とにかく楽チンでした。言うことなしで文句なし。

とはいうものの、これから取り付けよう!と意気込んでらっしゃる方のための情報です。

ドラレコ購入前に注意しておくべきこと。

  • リアカメラが必要なのかどうか迷う。
  • 駐車時録画の場合、アクセサリー電源からの取り付けじゃないと動作しないのではないか
  • 画質は、それなりのものを買っても、まあまあなのでコダワリすぎるのも無駄。

まず、リアカメラが必要かどうかということ。主な利用シーンを考えると、後方からの追突の際の記録ということになるのだと思いますが、これ、前方カメラだけでも十分なのではないかと思います。というのも、後方からの追突の場合、過失割合は圧倒的に後方車が大きいため。強いて前方車の過失が高くなる場合として、急な割り込みを行なったとか、悪質な急ブレーキを行なったなどの場合が挙げられると思いますが、そのいずれも前方ドライブレコーダーの記録だけでも十分確認できるはずです。そのため、後方を監視する重要性が薄いと感じます。

後方からの「あおり運転」を意識してリアカメラを装着するという選択肢もあると思いますから、それが主目的ならば取り付けた方がベストなのではないかと感じます。

次に、駐車時の常時録画。最近、この機能が付いたものが多いですが、これを使う場合、エンジンを停止した時にも電源供給されている状態にしなければなりません。この場合、シガーソケットからだと無理なのだとか(私の着けたタイプはそういうものらしいです。内蔵バッテリータイプのものなどは大丈夫のはずです)。

せっかく安く買ったつもりが、配線が必要だったりということになると、お手上げ状態でカー用品店直行なんていう、少し恥ずかしいことにもなり兼ねませんので、購入前によく調べておくべきだなと思います。

最後に画質。私の装着したものは、CMOS200万画素らしいです。普通に綺麗に録画可能です。夜間も綺麗。私はこれが初ドラレコなので、「こんなもんだろう」としか感じておりませんが、例えば前走車のナンバーが読みとれるレベルとなると、5mくらいに接近しないと無理っぽいレベル。恐らくそのレベルで十分なのだと思います。購入時、その時の主流の画素数のものを買っておけば、大ハズレはしないのではないでしょうか。

ドラレコを買ってみてわかったこと。

常時録画というのは、動いている間ずっと録画されているということです。ですが、保存にも限りはありますよね。保存限界を決めるのは、microSDの容量のみです。現在、16GBタイプが主流だと思いますが、これを自前で32GBにしてあげたりすると、保存容量は2倍になるということですね(推奨されていないものもあるので、その場合は自己責任)。

使ってみて思うのは、16GBもあれば十分だということ。私の場合ドライブ映像を保存しておこうというつもりもないので、事故が起こった時に見れれば良いかなというレベル。そのため、保存容量は走った日だけで十分ということになります。

上書きされては困るという出来事があったならば、その瞬間を手動録画(ボタンを押した前後10秒間を記録するもの)にすることも可能です。そうすると別フォルダに保存されますので、上書き消去されることもありません。というわけで、個人的感想を言えば、8GB程度でも十分役目は果たすのではないだろうかと思います。

安心感大幅アップ

私は事故の際の記録として取り付けました。これ、安心感かなり上がります。過失割合がしっかり保存されるというのは、とても安心。ざっくり言うと「自分が間違った運転をしなければ、何に巻き込まれても怖いものは無い」ということ。今回、着けて大正解でした。

keyboard_arrow_up