おトクでしかない!私が動画配信サービスをプライムビデオに絞った訳。

動画配信サービス。簡単に言うとレンタルDVD屋さんに行って借りていたものを、ネット配信で借りれるよ!みたいなサービスのことです。仮に行く手間もないし、画面を立ち上げれば観たいものを選んで見れる。そんなサービスのこと。私は以前DTVとAmazon prime videoの両方を契約していましたが、結局最後に残したのがアマゾンプライムビデオのみとなりました。選んだ理由は何だったのか?そこですよね。

主な動画配信サービス

プライムビデオ以外にも同様のサービスはいろいろ(たくさん)あります。

サービス名タイトル数月額料金対応(見れる)機器
DTV(ディーティービー)12万作品540円PC/スマホ/タブレット/TV
Amazon prime video400円PC/スマホ/タブレット/TV
Hulu(フールー)50,000作品933円PC/スマホ/タブレット/TV
Netflix(ネットフリックス)800円PC/スマホ/タブレット/TV

今思い出したけど、配信サービスがたくさんありすぎて、探すのが面倒だからとりあえずAmazonにしてみたというのが、加入のきっかけでした。

タイトル数などのバラツキはありますが、どのサービスも500円〜1,000円の値幅内で月額サービスとなっております。それほど違いはありません。

加入する上で一番重要になってくるのが、「自分が観たい作品があるか」だと思います。正直なところ、継続して使っているとどうしても飽きがきますし、新規で追加されてくる作品が、あまり興味の無いものばかり!というパターンも出てきます。そんなことを考えているとますます悩むだけで先に進みませんので、加入する時点で「一番観たい作品が揃っているところ」を選ぶのがベストだと思います。

DTVとAmazonプライムを実際に使ってみた比較

実際に使ってみての比較をご紹介してみます。はじめにお伝えしておくことは、どちらも使いやすさ良し、作品数とクオリティも良かったので、優劣を付けるのは難しいということ。DTVならDTVで良かったのですが、Amazonプライムを止めるとビデオ以外のプライム会員特典が使えなくなるから。それだけでした。

具体的にDTVとAmazon プライムについての比較ポイントを挙げてみます。

  • タイトルがほぼ同時期に、ほぼ同じものがアップされることが多かった。
  • DTVは日本映画、ドラマに強い傾向があった。
  • プライムビデオはUSドラマに強い傾向がある。
  • プライムオリジナルにそこそこ面白い作品が多い(バチェラーとか海外ドラマとか)
  • ドコモ加入者だと、 Dポイントが貯まっていると思うので、それで作品購入とかできるため、ドコモ加入者ではない私としては羨ましかった。

以上です。あえて差をつければこのような感じという程度で、それほどの差は感じませんでした。DTVはVシネ系のタイトルを揃えることが多く、「日本統一」や「制覇」「極道の紋章」など、 Amazonではレンタル以外で扱わないような作品を揃えていたことがある。

逆にプライムビデオは、オリジナル人気番組の「バチェラー」などがあり、「孤独のグルメ」なんかも見放題だったりしました。

全体的に見れば、どちらも甲乙つけがたしと言ったところです。

DVDレンタルショップでの新作扱いが、見放題になる訳ではない。

このあたりを少し誤解されて加入される方も多いと思います。たまに、加入者を増やす目玉として新作が見放題に並ぶことがありますが、これは通常滅多にありません。毎週1回程度の作品追加がありますが、DTVもプライムビデオも、一気に本数が増える訳ではありませんし、増えたとしても準新作か、準新作落ち程度の作品が多い。それと、大ヒット作については、新作落ちした後も見放題に並ぶ確率は低いと思っていて間違いありません。その為、配信サービスに加入しているにも関わらず、観たいものが追加されない時にはレンタルショップへ足を運ぶことも多いです。

動画配信があれば、レンタルDVDショップは不要ということには当分ならなそうな感じです。

ついでに言うと、動画配信サービスでお金を払えばレンタルも可能なのですが、レンタル料金が100円〜500円程度です。 ゲオなどの格安レンタルショップの価格に慣れた方には、ドえらく割高に感じてしまうタイトルもあったりします。なんせ旧作でも199円とかしてしまうタイトルもありますから。そのあたりの価格設定が改善されると、さらに良いサービスになると思います。

プライムビデオをTVで観るには、Fire TV (Stick)が必要。

我が家ではスマートTVではありません(見た目はスマートですけど)ので、TVでプライムビデオを観るには、他社で言うセットトップボックスにあたる「Fire TV」という接続機器を別途購入しなければなりません。だいたい5,000円程度。これをTVのHDMIにぶっ挿してWifiに接続してあげるだけというカンタンな設定で観れるようになります

このFire TVがあると、TVで他のサービスの接続機器にもなりますので、案外使えます。

  • Youtube
  • Netflix
  • Hulu
  • アベマTV
  • DAZN
  • NicoNico
  • DTV
  • U Next

などなど。他の配信サービスにもFire TV Stick一台で接続可能になります。

我が家のような古いTVですと、HDMIの端子が2個程度しかないので、レコーダー、ゲーム機で埋まってしまっている場合には、HDMI切替機を使って増設してあげなければならないと思います。

月額400円程度で、プライム会員特典がもれなく使えるので、Amazonユーザーならば絶対におトクなサービスです。

プライム会員でこれを使っていない人もあまり居ないような気がします。Amazonのユーザーならば、配信サービスはプライムビデオで決まりだと思います。追加費用0円で動画配信サービスが観れるというのは、大きなメリットです。

会員以外の方が、新たにプライム会員になる場合でも、メリットは大きいと思いますよ。

  • Amazon Musicが使える
  • プライムお急ぎ便も無料
  • Amazonブックも使える
  • プライムビデオが観れて年間わずか3,980円の会費※1(年間ですよ・・・破格すぎる)※1 2019年4月、価格改定がありました。(後述)

ちなみに現在、海外だと例えばAmazon USAで現在(2018年11月現在)月会費が12ドル99ですから、約1,400円/月ということになります。日本のプライム会費がどれだけ安いかわかります。

ただ裏を返せば、いずれ日本のプライム会費も値上げという問題に直面しそうな感じではありますので、不安もありますけど。そうなった時に考えれば良いので、今のところはありがたくこのサービスの恩恵にあやかっておりました。迷ったらとりあえずAmazon!で損はしないと覚えておくと良いかと。

2019年4月、Amazon  Primeの会費が改定されました。

【追記:2019/4/13】
先日、会員向けにメール配信があり、ニュースでも取り上げられていましたが、アマゾンプライムの年会費が現在の3,900円から4,900円に1,000円引き上げられることが発表されました。月約408円ということに。プライムサービスの内容は同様なので、依然として破格の会費であることに変わりはありません。

脱線。Prime Music Unlimitedだと、ドリカムの全アルバムが揃ってる。

会費に追加で月額780円程度追加すると、プライムミュージックの「アンリミテッド」という機能がロック解除できます。そうすると、ドリカムの全アルバム、全曲が聴き放題に追加されるということになります。(最新アルバムだけはSpotify独占のようですけど・・・)。ということで、ファンは必見ですね。

keyboard_arrow_up