車を月定額サービスにした場合のメリット・デメリット。

最近車を使わなくなったので、車検の度にいろいろ考えておりました。所有し続けることのメリット、デメリット、車を手放した場合の不便な点など、車の要不要を考える上で考えなければならないポイントは多い。トヨタさんが最近発表した来年度からの月定額(サブスクリプション)。こんなニュースを聞くと、また心が揺らいでしまいます。

車の維持にかかる費用を考えてみる

維持費の問題って大きなポイントですよね。私の場合を例にして考えてみます。

費用金額備考
車検(1年あたり)100,000円整備パック40,000円に加入。重量税・自賠込
自動車税39,500円
任意保険30,000円車両保険無し。
合計169,500円月割で14,000円程度

こんな感じなんですね〜(改めて計算してみると、意外とかかるものなのがわかります)

私の場合、既に車両代は支払い済みで、持ち家で車庫代も無いので、これ以外にはかかりません。ガソリン代を入れなかったのは、維持費では無いから。

ちなみに、2,000ccの普通乗用車です。車検がディーラーなのでお高めですが、ディーラーでしかチェックできないところがある車なので、仕方なく受け入れています。(本当は安い民間工場に出したいのだけれど)

月定額の場合はどうなるのか?

ニュースを見る限りは、トヨタの販売店にある試乗車などを利用したサービスになるということ。それから乗り替え放題で、車種の変更も可能だということ。これがわかっていることです。

リースと何が違うの?と思いますよね。これたぶんですけど、リースと違うのが、乗り換え放題ってところと、買取などはできない(たぶん)というところでは無いでしょうか。使用料を払うけど、所有することは無いという感じかと思います。

税金や保険、メンテナンスが含まれた会費制とのことなので、すべてコミコミってことですね。ユーザーとして必要なのは、使った分のガソリンを入れることくらいって訳ですね。

月額はどのくらいになるのか?

ここ結構重要ですね。ちなみに、既存サービスであるカーリースを見てみると、軽自動車でだいたい15,000円程度、ミニバンクラスになると45,000円程度と車種によってかなりバラツキがあります。リースじゃない分、かなりお得な定額制になるとは思いますが、スマホのように、乗り換えられる車種によってプランが変わったりするとか、月の使用回数によって金額が変わるようなプランになるとかも考えられますね。いずれもニュースではそこまで触れていないので、今後の発表で具体的になるでしょう。

似たようなサービス

月定額では無いですが、似たようなサービスはあります。例えばカーシェアリング、個人間カーシェア、カーリース、レンタカー。いろいろありますね。レンタカーも最近は格安プランなんてものもあるので、利用したことがある人も多いと思いますし、カーシェアなんかも良さそうですね。

個人で使うとなると、レンタカーかカーシェアかなと。私的には個人間のカーシェアは未だに抵抗があるし、自分所有の車を貸そうとは思わないですね。

カーシェアが特に良さそうで、例えば大手のタイムズのカーシェアなんかは、個人の場合、月額1,030円で、15分206円から。ちょっとだけ使うっていうようなことが多い人はこれで十分だと思います。

ただ、私のようにど田舎に住んでいてこのシェアステーションに行くのも一苦労なくらいの方だと、不便すぎて無理があります。都会限定のサービスじゃないかと思います。

定額料金の詳しいニュースに期待してます。

どのくらいの金額になるのか注目ってところですね。これ次第で私の次の候補にもなるかもしれないので、期待しています。

トヨタの月定額サービス内容を見て思ったこと

【追記2019/02/26】
先日ニュースが発表されました。雑記として書いた記事ですが、それでも書きっぱなしは良く無いと思うので、加筆します。

まず、TOYOTA系のKINTO ONEと言うサービスと、レクサス系KINTO SELECTという2種類でスタートするようですね。サービス内容は公式でも発表されているので、そちらをご覧頂いた方が正確だと思います。

やはりコミコミの料金ですね。点検(12検、6点)・車検、車両保険、税金など全てコミですから、サービス利用者が支払うのはガソリン代と車庫代(あれば)くらいなものではないでしょうか。キントワン(キントウンと呼ぶべきか?)の場合は3年間で1台。キントセレクトは3年間で6台まで乗り換えられるらしいです。

と、ここまでは良いとして・・・

気楽と言うには、ハードルがかなり高いような気がしますけど・・・

このサービスの趣旨は、公式でアナウンスされているように、「・・・お客様が、気楽にお付き合いしていただける新しい車の持ち方・・・」と言うところにあるようです。

この金額、気楽じゃなくて割高にしか感じないのは私だけ?

私の場合、車は買うことは買うけど、買い替えサイクルは長くなったし、もうじき50代を手前にして、カローラスポーツを毎月49,500円でどうぞ!と言われても、正直「興味あるか?」と言われれば、無い(良い車だとは思うけど、個人的に興味が無いのと、家族構成上、私のような子供が小さな世代には使いにくい車なので無理)。かと言って、アルファード約80,000円ってのも・・・。

若い世代にしたって、毎月49,500円を車にかけようと思うのかな?と。

どの世代をターゲットにしたサービスなのかが、このKINTO ONEを見た限りでは把握できませんでした。

レクサスの月額18万円にしても、レクサスブランドに興味がある方なら理解できるはずだけど、これを払えるくらいのステータスがあれば、他ブランドも余裕で考えられる人な訳で。そうなるとこの6種類のラインアップで他ブランドとの競争に勝てるのだろうか?と。サブスクリプションのお得感はどこで感じられるのかな?と

チャレンジの一貫かな。

自動車業界のガリバーなので、トヨタさんの発表するサービスはいつも注目されますね。ニュースで聞いた感じでは、トヨタさん内部でも、正直どんな展開になっていくのかが手探りな感じとお見受けしました。

だいぶ前の話ですが、確かネッツ系列のお店で、値引きなし!という販売方法を行なっていた時期があったと記憶しています。結局長続きはしなかったのだと思いますが、トヨタさんはどの時代でもいろんなチャレンジをする会社。

今回のサブスクリプションも、調整を行いながら育てていくサービスになっていくのかもしれませんね。

月支払い額のおトク感が出れば、きっとうまく行くサービスであるのは確かだと思います。T-UPの中古車を使って、安価な定額サービスを行うっていうのも面白いと思うのですけどね。

keyboard_arrow_up